ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《コネチカット・ヤンキー》考察―キズナとしては重いのですがしかし【デュエルマスターズ】

もうすぐコロコロコミック発売日……という事で、新情報の追加とキズナデッキの構築を考える事……と、キズナ強化月間一番の山が来そうです。ポフルです。

 

しかし焦って考察したところで考察の質が若干落ちるだけ。慌てず冷静に、今回は《コネチカット・ヤンキー》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


コネチカット・ヤンキー

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP―コスト3以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

考察

ヤンキーという割に、なかなか優しい蘇生効果を持ちます。

割とヤンキーって身内に対しては「ダチ」等と言って彼らなりに愛情を持って接してるっぽいですし、そういう意味では納得の効果ですかね。

 

蘇生させたいだけなら《凶鬼03号 ガシャゴズラ》の存在や《ハインリヒ・ダーマルク》の存在が大きいので、例に漏れず他カードとの併用による差別化は必須になるでしょう。


凶鬼03号 ガシャゴズラ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト3以下の進化でないクリーチャーを3体まで、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

■自分のクリーチャーすべてにスレイヤーを与える。



ハインリヒ・ダーマルク

闇文明 マフィ・ギャング

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、または攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を墓地に置いてもよい。そうしたら、闇のコスト4以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

 

また、2コスト上であり、キズナとキズナプラスの違いこそあるものの、強力無比なKP能力を持つ《グスタフ・アルブサール》との差別化も考えた方が良いでしょう。

 

ガシャゴズラ及びハインリヒとの差別化

KP能力を使う際、コスト3のキズナ持ちを蘇生させれば、連鎖的に自分の墓地のコスト3キズナ持ちをすべて蘇生させる事も可能です。該当するのは《青守銀 シャイン》《夜の青守銀 シャイン》《夜のジャッジ・チュリス》ですね。

 

また、コスト3以下のキズナプラス持ちをNEO進化させて蘇生してあげれば、さらなる展開も可能です。その中でも《凶鬼23号 アラクレ》はヤンキーで蘇生できるコスト帯かつ、キズナプラスでヤンキーの為の墓地肥やしを行う事ができます。そのままキズナプラス効果でヤンキーの能力を一緒に発動してあげれば、流れるようにクリーチャーの蘇生が可能です。

 

この辺りを意識すれば、ガシャゴズラやハインリヒに負けない量のクリーチャーを展開する事ができますね。

 

アルブサールとの差別化

むしろ課題はここでしょう。

上記のコンボはアルブサールでキズナプラスを発動した際にも同じことが言えるので、さらに一工夫考えなければなりませんね。

 

とはいえ、何も考えずともコストの違いは大きく、ただ単にヤンキーの方が場に出てくる速度が速い他、《狂気と凶器の墓場》に対応している事が特に大きいですね。

 


狂気と凶器の墓場

闇文明 コスト5 呪文

■自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その後、コスト6以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

アルブは《戒王の封》にこそ対応していますが、ヤンキーも戒王に対応している他、《狂気と凶器の墓場》が《記憶の紡ぎ 重音》のKP能力で唱える事ができたり、闇のキズナコンプである《アラン・クレマン》も墓場に対応していたり。

 

そもそも墓場は発動時に墓地肥やしができるので、他の蘇生カードよりも腐り辛いという利点があったりと、かなり小回りの利く構築ができそうです。

 

《凶鬼23号 アラクレ》や水文明の《貝鬼動 アワービ》による墓地肥やしを活かしたビートダウンを行いたいのであれば、コンボ向きのアルブサールよりも少し軽くてサポートカードの多いヤンキーの方が向いていますね。

 

 

サポートカードの多さと、蘇生対象に相性の良いクリーチャーが揃っている事が強みです。このKP能力を主にしたキズナビートダウンを組むのも面白いかもしれませんね。

 

まとめ

上手く差別化が必要なクリーチャーこそ多いですが、強力な効果である事には変わりないです。

相性の良いキズナ関連のクリーチャーが多く、デッキの核にしても良いクリーチャーだと言えそうです。

 

以上。色々キズナデッキは思いついているのですが、記事にしようと思うと《第七神帝サハスラーラ》の時以上の文字数になりそうな事が悩みのタネ。ポフルでした。