ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《バクソウ戦車ラッシュ》《ゴアジゴティ》考察―打点補強……うん【デュエルマスターズ】

ビートダウンが死ぬほど苦手。ポフルです。

使われるのがではなく、使うのが。

 

……そのうち紹介すると思いますが、白単から白緑に変えた私のキズナデッキが完全にビートダウンからかけ離れていたりします。この辺り本当にビートダウンに向いてない頭してる気がしますね。

 

そんな奴がビートダウン推奨のキズナデッキを考察するのってどうんんだろうなって感じになっていますが、しかし一度キズナ強化月間と決めたからには投げ出すわけにもいかないでしょう。

 

今回は、そんなビートダウン向きのKP能力持ち。《バクソウ戦車 ラッシュ》《ゴアジゴティ》を考察します。

 

 

 

 

カード情報

 


バクソウ戦車ラッシュ

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー5000

■NEO進化:自分の火のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のK能力を使う)

 KP―このターン、自分のクリーチャー1体はシールドをさらに1つブレイクする。



ゴアジゴティ

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー5000+

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のK能力を使う)

 KP―このターン、自分のクリーチャー1体はパワーを+4000され、シールドをさらに1つブレイクする。


 

考察

比較的シンプルなブレイク数増加能力です。

シンプル故に、考察しにくいわけですが。

 

というか、

バクソウ戦車これ明らかにコスト設定ミスしてませんか??

 

文明の違いもあるので何とも言えませんが、それを抜きにすると明らかにゴアジゴティの下位互換という始末。しかもコストは1高い。解せぬ。いくら身体が丈夫な自然文明だからと言って、この差はどうなんだ……。

 

ブレイク数増加については、とりあえずKP能力を使い回しする機構さえそろえば、全体的に打点が低いNEOクリーチャー達にとってはうれしい……どころか、一度にすべてのシールドを吹き飛ばすくらいの打点が揃う感じです。

 

一応、コストの関係からゴアジゴティの方が優先されるでしょうが、色構成によってはバクソウ戦車を泣く泣く採用するという事もあり得るでしょう。

というか、方や《マイト・アンティリティ》で踏み倒しできるコスト帯でパンプアップ付き、方や単なる打点補強ってどうなのよ。

 

一番の問題点があるとすれば、そもそも数並べる事前提のデッキになりがちなキズナデッキに、この打点補強の必要性があるのかどうかですね。

一応、自身の打点を増やす事によって単体除去トリガーの脅威を減らす事はできます。そしてゴアジゴティに関してはパンプアップのおかげで大型ブロッカーに一方的に破壊されなくなるというメリットもついてきます。

とはいえ、大型ブロッカー相手なら《夜のジャッジ・チュリス》の出番だったり、そこまで限定的なカードに頼らずとも《鬼動兵デメタイ》でアンブロッカブルにしたり《音石トルコイ》や《貝獣マジュガイ》、《夜の青守銀 シャイン》で無力かすることも出来るので、総じて微妙な感じです。

 

……ビートダウンに向いてない私の意見なので、ビートダウン好きな方に考察していただければ、もう少し詳しく考察してくれたりするのかななんて。

 

まとめ

基本的に一直線に殴る事へのサポートしかできないので、応用性に欠けるようなカードです。

どうしても打点が足りないという際に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。じゃあなんでビートジョッキーは使えるんだろうと疑問に思ったポフルでした。