ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》考察―スターターをプロモーション扱い……!?【デュエルマスターズ】

適当に組んだジョーカーズに勝てない気がしますポフルです。

 

……いや、新しいグランセクトなら!!ってことで《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


轟破天九十九語

自然文明 コスト10 呪文

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからマナゾーンに出す。それらのクリーチャーがバトルゾーンに出る事によっておこる効果はすべて無視する(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない) 


 

考察

まさかのスターターデッキの看板カード《キングダム・オウ禍武斗》のツインパクトカードになりますね。そしてマスターカードです。

 

一応、スターターデッキがプロモーションカードのような扱いだったカードとして《"罰怒"ブランド Ltd.》が挙げられますが、そちらと違い、ツインパクトのクリーチャー側の効果が元となった《キングダム・オウ禍武斗》と全く同じという点が新しいですね。

 

おそらく、オウ禍武斗の扉のマークは、「まだ契約前のクリーチャー」という扱いだったのでしょうね。

 

 

クリーチャーとして

肝心の能力については前述の通り通常の禍武斗と同じなので、そこは過去の記事を参考にしてほしいです。

 

www.dmasters-pohu.com

 

呪文として

お互いのマナゾーンのクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す能力を持ちますね。

《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》のマナゾーン版のような豪快な踏み倒し能力です。

 

クリーチャーを大量展開するという能力から何かしらのループに使われそうかもしれませんが、出た時の能力を使う事ができない事や、クリーチャーが全て出てきてしまう事からこのカードからループに持っていく事はかなり難しいでしょう。

 

それよりも、ご丁寧に「マッハファイターは無視されない」と書いてあるので、コロコロチャンネルでの動きのようにマッハファイターを使って疑似ランデスするのが主な使い方になるでしょう。

 

その他、出た時効果は使えないとはいえ、今まで色々大変だった《竜魔神王バルカディア・NEX》をこれ1枚で出してみたり、究極進化クリーチャーを出してみたりと、ロマン性はかなりの物です。

 

しっかり、踏み倒し対策のカード達の対策ができてしまっている事もうれしい所です。

……《獣軍隊ヤドック》のような置換効果に関してはどうなるかわかりませんが。

そしてしっかり《洗脳センノー》には無力だったりもしますね。

 

ツインパクトカードとして

どちらもフィニッシャーとして強力な効果を持ち合わせています。

クリーチャー面はごり押しに向いた能力、呪文面は制圧に向いた能力と言ったところでしょうか。

 

踏み倒し対策をしている相手に対して、及びマッハファイター軍団で倒せないクリーチャーが出てくるような相手に対しては、クリーチャー面で強引に突破し、そうでない相手は呪文でより安全なフィニッシュを狙う。そうでなくても、そもそもこのカードの呪文面とクリーチャー面のシナジーが強く、この呪文で《キングダム・オウ禍武斗》を出し、相手のクリーチャーを減らしながらシールドをすべて破壊するという事も出来ます。

 

総じて、ツインパクトのメリットをしっかりと持ったカードだと言えそうですね。

 

まとめ

新カード、ツインパクト初のマスターカードに恥じぬ性能を持っている事は間違いないですね。

他に相性の良いマッハファイターやその他クリーチャーが見つかればしっかりと活躍してくれるでしょう。

既に見つかってますが。

 

……というか、これで自然のマスターが見つかって、残りは水……。

……ももちゃん、ムートピアのマスター説……?ムートピア組みたくなるじゃん……。

 

以上。今年はグランセクトのお兄さんを目指したいポフルでした。