ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ワ・タンポーポ・タンク》考察―淡泊に見えてなかなか【デュエルマスターズ】

なんか、キズナデッキの解説が終わってホッとしているポフルです。

何だろう。達成感?いやキズナ月間終わってから感じてほしい。

 

というわけで、新カードの考察は《ワ・タンポーポ・タンク》です。

 

 

カード情報

 


ワ・タンポーポ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー2000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。


 

考察

新能力マッハファイター持ちの軽量クリーチャーですね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

マッハファイター自体は、《キングダム・オウ禍武斗》の時に紹介しましたね。

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


 

クリーチャー限定のスピードアタッカーなのですが、この子の場合は自身のパワーが気になるところです。

最大2000までのクリーチャーにしか対応できないという事で、やや力不足感は否めませんね。

 

とはいえ、今まで対処に困っていた《異端流し オニカマス》を簡単に除去しながら、後半の効果でマナブーストに貢献できると考えると、途端に強いカードに見えてくるマジックですね。

ついでのように一番隊サイクルも対象になってくれるので、この先通常構築及び2ブロック構築において増えてくると思われるジョーカーズに対して有効に働いてくれるでしょう。

 

また、自然を扱うビッグマナデッキの天敵である《DG ~裁キノ刻~》の対策にもなりますね。

 

単体で見た時はやや力不足ですが、パワー2000のクリーチャーで厄介なシステムクリーチャーが環境にいるという時には採用率が高くなるかもしれません。

逆にこの子を見かけるようになった場合、パワー2000のシステムクリーチャーの採用と扱いに関してはやや慎重になってもいいかもしれませんね。

 

また、コスト3の自然クリーチャーで、出たターンに殴る事ができるという事で、もしかしたら緑単ループのお供になるのかもしれませんね。

相手クリーチャーがいる事前提とはいえ、緑単色の非進化で出したターンにサンマッドに侵略するという動きは他にない利点になり得そうです。

 

まとめ

淡泊で使われなさそうかと思いきや、その絶妙なパワーで様々な自然のデッキにお呼ばれする事もあるでしょう。

 

以上。なんというか、意外と書くこと少ないなと思ってしまったポフルでした。