ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《貝鬼動アワービ》考察―もっと早く考察すべきだったのでは【デュエルマスターズ】

そろそろキズナ関連カードの考察も終わりが近い。ポフルです。

 

今回は、……もっと早く考察すべきだったかなと思わなくもない《貝鬼動アワービ》について考察します。

 

 

 

 

カード考察

 


貝鬼動 アワービ

水文明 ムートピア

コスト3 パワー3000

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のK能力を使う)

 KP―カードを2枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。


 

 

考察

KP効果によって《エマージェンシー・タイフーン》を放つ、キズナプラス持ちクリーチャーです。

他のキズナプラス持ちと同じく他に色々なライバルがいるのでKP効果である事を活かすべきでしょう。

 

基本的には《甲殻鬼動隊 セビーチェン》等のように、殴りながら手札を回復して次の展開への布石にするという使い方が主です。手札が1枚増える事からセビーチェンの打点補強のサポートにも使えない事は無いでしょう。

 


甲殻鬼動隊 セビーチェン

水文明 ムートピア

コスト4 パワー4000+

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーの上にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■自分の手札が6枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+2000し、「W・ブレイカー」を与える。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

KP……カードを2枚引くか、相手のクリーチャーを1体選んで持ち主の手札に戻す。


 

《音攻銀 バッラード》や《凶鬼23号 アラクレ》《ばーどりあん》あたりのコスト3キズナプラスと比べるとデッキを掘る枚数は少なめですが、クリーチャーも呪文も手札に持ってこれる事と、腐っている手札の処理に使える事から安定性を高めるには一番適任のクリーチャーと言えますね。

  

www.dmasters-pohu.com

 

能力自体はそれなりに優秀ですが、やはりこの効果だけを目当てにキズナプラスを発動させるのはコストパフォーマンス的に微妙な所です。

他のクリーチャーのKP能力と同時に起動させたいですね。

 

他の手札補充能力持ちにも言える事ですが、終盤になると発動する旨みが無くなりがちです。

ですがこの子は《珠を放つ者 シャケックラ》や《貝獣 ヒヨク》の効果を発動するためのトリガーになってくれる点が優秀で、終盤でも腐り辛いです。

 


珠を放つ者 シャケックラ

水文明 ムートピア

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■クリーチャーを手札から捨てた時、NEOクリーチャー1体の下に置いてもよい。

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚捨てる。


 

 

場に出た後ならばシャケックラの能力の方が優秀ではありますが、シャケックラとアワービの効果を同時に発動することで計3枚の進化元を補充できる他、ライブラリアウトが怖いためにドローする量を抑えたい時に敢えてこちらを発動する等、完全に下位互換とも言い切れない実力は秘めています。

 

また、デッキが少なくなった終盤に《永遠の少女 ワカメチャ》を起動させてライブラリアウト対策という動きも考えられます。終盤に他の強力KP能力をコスト3で起動させたいものの、デッキが足りなくて発動できないという状況の回避になりますね。

 

 

水主体、かつシャケックラ等のカードを有効活用したい場合には、他のコスト3キズナプラスクリーチャーよりも格段に使いやすいでしょう。

そうでなくとも、キズナデッキにおいて大量のコンボパーツを必要とする場合等、役に立つ所は多そうです。

 

まとめ

軽量キズナプラスクリーチャーの例に漏れず淡泊な性能ですが、他カードとの組み合わせが光る一枚です。

水のキズナデッキを作るなら試しておきたいですね。

 

以上。後3枚だっけ……?ポフルでした。