ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《忠験医 グスタスク》考察―さすがにお払い箱か……?【デュエルマスターズ】

最近、マッサージ器がアツい。ポフルです。

パソコンと睨めっこする日が増えた分、身体が固くなってしまいがちで。

 

 さて、キズナ関連能力持ちクリーチャーの考察もコンプが近づいてきました。これコンプしたら私自身にもキズナコンプの能力が……。

 

というわけで今回は《忠験医 グスタスク》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


忠験医 グスタスク

闇文明 マフィ・ギャング

コスト5 パワー5000

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-相手は自身のアンタップしているクリーチャーを1体選び、破壊する。


 

考察

アンタップしているクリーチャーを破壊してくれるKP能力持ちです。

 

相手が選ぶタイプなので、厄介なオニカマス等のアンタッチャブルも破壊できる利点がありますね。

……が、1コスト上に《アラン・クレマン》が出てきてしまった事が向かい風ですね。

 

あちらはコストと比べた時のパワー、使い捨てでなくかつ爆発力の高いキズナコンプ、W・ブレイカーという打点の多さと、全体的にこの子よりも強化されている印象です。

 

グスタスク自身が、アラン・クレマンが対応していない《マイト・アンティリティ》の踏み倒しに対応しているわけでは無いという事。そして《狂気と凶器の墓場》にアランクレマンが対応していないわけでは無いという事等、差別化はかなり難しいです。

 

この子の使い方としては恐らく、他の除去KP能力持ちと合わせて相手の選択肢を減らしていった上で、アンタッチャブル持ちを狙い撃ちすると言った使い方が主になるでしょうか。

キズナコンプで一気に除去能力を起動させ、他のKP能力で相手のアンタッチャブル持ち以外を除去しつくしてやれば、相手もアンタッチャブルを破壊せざるを得ません。

この辺りは、《アラン・クレマン》との相性が良い所ですね。

 

……アンタッチャブルアンタッチャブル言ってますけれど、そんな都合よくアンタッチャブルいるとは思えませんが。

 

とにかく、《アラン・クレマン》の登場によって微妙な立ち位置になりつつあるクリーチャーであり、《アラン・クレマン》との相性が良いという面もあるという事は間違いないですね。

 

まとめ

悪い効果では無いのですが、キズナプラスの使いにくさと《アラン・クレマン》の存在によって微妙な立ち位置に立たされたクリーチャーになりますね。

 

使うのであれば、除去満載のデッキにおけるダメ押し的な使い方が良いのかもしれませんね。

 

以上。キズナコンプ目指して。ポフルでした。