ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《バング"BNG"ドンゴ》考察―キズナにしては珍しく思考停止で入れて良いかもしれないカード【デュエルマスターズ】

ちょっと今日は1記事更新にします。ポフルです。

不定期とは言いましたが、こうやって冒頭に書いておけば良いですね。きっと。

 

さて、残り少なくなってきたキズナ関連能力持ちクリーチャーの考察。

今回は《バング"BNG"ボンゴ》です。

 

(実はこの記事、カード情報だけ書いたものを間違えて公開してしまった事があります。すぐに消しましたが。

 もし見たという方はラッキーです。……というか申し訳ありませんでした)

 

 

 

カード情報

 


バング"BNG"ドンゴ

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー4000

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーのKP能力を使う)

KP-自分の手札を捨て、その後、カードを3枚引く。


 

考察

《ボワー汽艦 ゴリンゴリ》の効果がそのままKP能力になったクリーチャーですね。キズナ能力なので、攻撃した後に自身が生き残っている必要があるあちらよりも能力の発動は容易です。

 


ボワー汽艦 ゴリンゴリ

火文明 ビートジョッキー

コスト5 パワー4000

■スピードアタッカー

■このクリーチャーの攻撃の終わりに、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを3枚引く。


 

 

あちらは自身がスピードアタッカーを持っているためにダメ押しの打点にもなる事ができる為、より速攻デッキに向いたスペックでした。

こちらはスピードアタッカーが無くなった代わりに手札入れ替えを容易に行う事ができるようになったので、速攻デッキでも泥仕合化を防ぐ為に採用したり、水の入らない中速の手札補充手段としても採用できたりしますね。どちらかと言えば手札補充がメインで、打点は二の次、むしろ補充した手札で打点を補うような形の使い方がメインかもしれません。

 

ゴリンゴリ以上に意識したいのはむしろ、《トツゲキ戦車 バクゲットー》でしょう。

 


トツゲキ戦車 バクゲットー

火文明 ビートジョッキ―

コスト3 パワー1000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。


 

"BNG"よりもコストが低くS・トリガー持ちと、全体的にビートダウン系統に対して強く出る事ができ、そのコストの低さのおかげで《"罰怒"ブランド》との相性が良かったりと、かなり器用なクリーチャーです。

 

手札補充の枚数で差別化はできていますが、その分コストの重さで負けてしまっています。ビートダウンにとって重さで負けているという点はやや痛いですね。

その辺りを意識せずに思考停止で速攻デッキ、主にビートジョッキーに入れてもそれなりの活躍はできますが、やはりKP能力である事を活かしたいところです。

 

《ラッシュ"ATK"ワイルド》との相性はなかなかです。

既にラッシュが出ている状態でこの子の効果キズナでラッシュの効果を起動してラッシュの攻撃数を2回に、さらにラッシュ攻撃時に他の子に2回攻撃を与えつつ自身は手札補充。ラッシュ2回目の攻撃でさらにもう1体のクリーチャーを2回攻撃可能にしつつ、補充後の手札がいまいちと感じた場合はもう一度交換して整える……と圧倒的攻撃力と持久力を両立させてくれますね。

限定構築戦ではこの子とラッシュの2体をビートジョッキーに投入したデッキが出てきていたりと、実績もあるコンボだったりするので、キズナデッキ以外でも普通のビートダウンデッキでも使いやすいカードかもしれませんね。

 

まとめ

その汎用性の高さから、キズナデッキ以外での使い道も見つかってくるでしょう。

その場合バクゲットーの存在は気になるところですが、補充枚数の多さあたりで差別化はできているので、変なコンボを考えずとも活躍できる優良クリーチャーだと言えますね。

 

 

以上、さて、後1体……!ポフルでした。