ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マスティーカ・パンツァー》考察―派手な効果では無い=弱いではない。決して【デュエルマスターズ】

後はこの1枚でキズナコンプ!ポフルです。

 

というわけで、一番最後は《マスティーカ・パンツァー》を考察したいと思います。

 

……まぁ、《バードリアント》の時に考察し終えてるようなものですけれど。

 

カード情報

 


マスティーカ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

■T・ブレイカー

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーのKP能力を使う)

KP-相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。


 

考察

KP能力でナチュラル・トラップを放ちます。

 

弱いわけでは無いです。決して弱いというわけでは無いのです。ただし、1コスト上に《グレート・グラスパー》という定番がいる事が痛いです。

 

 


グレート・グラスパー

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー14000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、それよりパワーが小さいクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。


 

 

あちらは単体で除去と展開を同時にこなしてしまうので、自然文明というマナブーストの得意な文明にとっては1コストという誤差の範囲のコストを無視してあちらを使えば良いという話になってしまいますね。

 

そうなるとやはりというか、KP能力とキズナ能力を有効活用できなければいけませんね。自然文明のKP能力持ちとしては唯一の除去能力持ちです。闇や火等除去の得意な文明を使わないのであれば採用理由にもなるでしょう。……この間のデッキに刺すのもアリか

 

シンプルな能力とキズナ関連能力の中では一番扱いやすいキズナという事も踏まえれば、他の除去能力持ちキズナクリーチャーよりも扱いやすそうですね。

 

特に相性が良いクリーチャーは《バードリアント》でしょう。

 


バードリアント

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然文明のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■T・ブレイカー

■キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)

 KP―自分の山札の上から2枚を見る。その中から自然のパワー12000以上の進化でないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを自分の手札に加える。


 

この子のデッキについては過去に公開しています。

 

www.dmasters-pohu.com

 

バードリアントのKP効果によってこの子を捲った場合、この子のキズナ能力でバードリアントの能力をもう一度発動し、さらにキズナを引けば……と言う動きができるようになり、この子が出ている時にバードリアントで殴りかかれば、ついでのように相手クリーチャーの除去ができます。

 

バードリアントの爆発力を高めるにはコッツナ達と共に必須カードで、そのコッツナがS・トリガーとして出た際にこの子のKP能力を選択する事で除去による妨害もできるようになります。

妨害能力を持たない《夜のコッツナ》にとっては特に嬉しい点ですね。

 

 

まとめ

マナ送りを行うキズナ能力と、シンプル故に弱いのではなく、シンプル故に強い。そんなクリーチャーです。

ただし、シンプル故に単体で何かしらのコンボを行う事は難しいです。他クリーチャーとのつながりを大事にしたいですね。

 

以上。これにてキズナコンプ!ポフルでした。