ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ガンバトラーG7》考察―ジョーカーズの戦術とはマッチしている。【デュエルマスターズ】

この記事を書く前に、PCがwifiに繋がらずに困ってました。ポフルです。

いや、ほんと焦りました。もう。

 

ひとまず復旧したので良かったのですが、今後こういうことは起こってほしくないですね。切実に。

 

 

では今回は、新スターターデッキに収録の看板カード《ガンバトラーG7》を考察します。

 

 

カード情報

 


ガンバトラーG7

無色 ジョーカーズ

コスト7 パワー7000+

■バトルゾーンに自分のジョーカーズが4体以上あれば、このクリーチャーを召喚するコストは5少なくなる。

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、自分のクリーチャー1体のパワーを+7000する。

■自分のジョーカーズは、バトルゾーンに出たターンの間、相手プレイヤーを攻撃できる。


 

 

考察

自分のジョーカーズを4体展開していれば自身のコストを2にするという、大型クリーチャーには嬉しい能力ですね。展開力の高いジョーカーズにとっては楽な条件です。

 

効果は、出たターン中自身のクリーチャー1体のパンプアップ効果。そして自身のジョーカーズに《チョートッQ》のような出たターン中相手プレイヤーに攻撃できる能力を付与する効果ですね。

 

前者はパンプアップの値的に馬鹿にできるものでも無いのですが、そのターン中のみ、1体のみとやや地味。全体的にパワーが低いジョーカーズにとってありがたい事は間違いないのですが、基本的には後者の能力を目当てにして扱いたい所ですね。

全体のパンプアップだった場合火力に強くなれる事もあってなかなか面白い所だったのですが。

 

一応、《三冠王者 ドツキング》と合わせれば疑似的な全体パンプアップにはなります。

 

後者の能力は、ジョーカーズの得意分野かつこの子のコスト軽減条件であるクリーチャーを横に並べる戦術と非常にマッチした能力ですね。

このクリーチャーを維持できれば、自身の小型ジョーカーズすべてが相手プレイヤーの顔面を狙ってくるというすさまじい状況が出来上がります。《ゼロの裏技 ニヤリー・ゲット》と組み合わせて手札を大量に補充しつつ、《ヤッタレマン》や《パーリ騎士》等で大量展開の布石が整っていれば、相手としてもたまったものでは無いですね。

 

そもそも、ジョーカーズが4体並んでいる状況でこの子を出した時点で打点は6点揃います。自身も例外なく相手を殴りに行けるので、なかなかの殺意を持ったクリーチャーだと言えそうです。ジョーカーズ版キリューとでも言えるでしょうか。さすがにあちらほどの応用性はありませんが。

 

この子を扱うなら、展開と同時に手札補充ができるクリーチャーは多めに入れておきたいですね。

《ヘルコプ太》はもちろん。《ツタンカーネン》や《東大センセー》も面白そうです。

特に《東大センセー》に関しては、相手に見せるカードを「現在のマナで召喚できるジョーカーズ」にしてやれば、相手を精神的に参らせる事ができそうです。「あのカードを加えさせれば打点が増える。だがそれを墓地に送れば相手に2枚のアドバンテージ……どうする?」みたいな感じで。さすがにロマンか

 

その他、J・O・E持ちなのに出たターンに攻撃できないクリーチャーを攻撃できるようにすると言ったコンボも考えられますね。

条件付きとはいえ2コストと軽い事が利点で、《スポーツ大尉》をどうしても使いたい場合には必須かもしれません。どうしても使いたいなら

 

パンプアップはブロッカーや攻撃曲げ対策として見た場合には、攻撃時に除去を放つ《ジョリー・ザ・ジョニー》や《ゴールデン・ザ・ジョニー》、出た時に変則的な割り振り火力の《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》等で除去した方がてっとり早い事が多いです。打点についても《ジョジョジョ・マキシマム》で無理矢理揃える事ができます。

そう考えると今までのジョーカーズのフィニッシャーと比べて微妙な感じはありますが、《ガンバトラーG7》自身も《ジョジョジョ・マキシマム》には対応していますし、相手のブロッカーが怖いなら、そもそもこの子をコスト軽減で出した後、もう1体ジョーカーズを並べれば《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》の出番です。《ガンバトラーG7》の素のコストが7という点がまた相性の良さを際立たせていますね。

 

今までのジョーカーズに入る余地は十分にあると考えられますが、最大の欠点は「オーバーキルになりかねない」という点でしょうかね。

 

まとめ

全体的にみて、横に並べて勝つというジョーカーズの戦術にぴったりはまった能力である事と、スターターデッキ収録という事で財布にそこそこ優しい点から、初心者向けスターターデッキの看板としては優良カードだと言えそうですね。

 

今までジョーカーズを使ってきた人からしてみても、淡泊に見えてなかなかの突破力を持ったクリーチャーかと考えられます。ダンガンオーをこの子に変えてみる等、入れてみるとなかなかの活躍を見せてくれるかもしれませんね。

 

以上。雑に作ったジョーカーズに入れるのも悪くない……?ポフルでした。