ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《記憶の紡ぎ 重音》軸キズナデッキの考案―過去の産物をもう一度しっかりと【デュエルマスターズ】

メタリカのお兄さんから何か違う呼ばれ方をしたい……と思っていたら、最近何にも言われないポフルです。

……あれ、なんか寂しい(めんどくさいタイプ)

 

さて、キズナ関連クリーチャーの考察が終わったのでそろそろデッキを組む際の話でもしなきゃなぁなんて思うわけです。

その中で、私が一番好きなキズナ関連クリーチャー。《記憶の紡ぎ 重音》。

 

www.dmasters-pohu.com


記憶の紡ぎ 重音

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト4 パワー4000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

 KP-カードを1枚引く。その後、コスト5以下の呪文を1枚、自分の手札から唱えてもよい。


 

キズナデッキ、とりわけ水を採用しないデッキでは置きドローのような活躍が期待できるこの子ですが、コスト5以下の呪文を唱える効果に意識を向けて構築すると、例えば超次元呪文を唱えて強力なサイキッククリーチャーを早出ししたり、《ドラゴンズ・サイン》や《ジャスティ・ルミナリエ》で強力クリーチャーを早出ししたりと言ったコンボが期待できます。

 

このデッキ、重音の情報公開時には「3ターン目にミラダンテや!!!」なんていう意見が多数見受けられたのですが、やはりというか安定性の低さから話題に挙がらなくなった意見でもあります。

……でも諦めるのってもったいないやん!!

ってことで、そんなデッキを作る為の主力カードや重要カード等を探っていこうという記事です。

 

 

 

 

必要なカード

光文明のキズナ関連クリーチャーは打点が低いので、唱えた呪文によって出てくるクリーチャーがメインの打点になりますね。もしくは重音がドラゴンである事を活かして革命チェンジする事も考えられるでしょう。

 

《記憶の紡ぎ 重音》のキズナプラスの起動を簡単にする為に光単色、もしくは強力な呪文を多く保持する闇をタッチか混色、または手札交換及び革命チェンジ先との相性の良い水をタッチか混色するのが良いでしょう。

白単、準白単、白黒、白青のいずれかになりそうです。

ただし、水や闇を採用する場合《偉大なる魔術師 コギリーザ》軸にしてしまおうと、私の中の変態が叫ぶので、ここでは白単、準白単のみの考察を行います。

変態に身を任せるのはまた今度。

 

必須カード

《記憶の紡ぎ 重音》 コンセプトカード。
《一番隊クリスタ》 白単なら確実に入れておきたい。進化元にも展開補助にも。
《ジャスティ・ルミナリエ》

コンセプトカードその2。

出したい大型クリーチャーによって選択。

ルミナリエかサインの内1種類に、超次元を入れるか入れないか。

もしくは超次元一本に絞るか。

《ドラゴンズ・サイン》
コスト5以下超次元呪文

 

大型クリーチャー

 唱える呪文によって採用する大型クリーチャーは変わってきます。

 

《オヴ・シディア》

 《ジャスティ・ルミナリエ》を使うなら。

《太陽の使い 琉瑠》
《大迷宮亀 ワンダー・タートル》
《煌龍 サッヴァーク》

 《ドラゴンズ・サイン》を使うなら。

他にも有用なコスト7以下の光ドラゴンは存在するのでその中から自由に。

《時空の雷龍 チャクラ》

超次元呪文を使うなら。

サイキックに関してはここに挙げたもの以外でも自由に。

というかここに挙げたものを確実に全部入れる必要も無し。

《時空のガガ・シリウス》
《時空の幸運ファイブスター》
《時空の不滅ギャラクシー》
《激天下!シャチホコ・カイザー》
《アクア・アタック <BAGOOON・パンツァー>》

 

その他カード

できればキズナ関連の能力持ちメタリカを優先した方が、他デッキとの差別化につながりつつ《一番隊 クリスタ》を扱いやすくなります。

 

クリーチャー
《音攻銀 バッラード》

重音と合わせれば、比較的自由にデッキ内の呪文を唱える事が可能に。

《奇石 トルコイ》

《大迷宮亀ワンダータートル》や《時空の幸運ファイブスター》との相性が光る。

《青守銀 シャイン》 S・トリガー。重音と合わせて相手ターンでの呪文が可能に。また、トリガーが厚い相手に向けて重音に攻撃させる必要も無くなる。
《夜の青守銀 シャイン》
《超越の使い 蒼転》

出した大型クリーチャーに耐性を与える。

工夫して使えばマグナム等の踏み倒しメタへの対策にも。

《龍装者 バーナイン》 通常メタリカにおいては必須なものの、このデッキでは出している暇が無い場合も。
《絶対の畏れ 防鎧》  踏み倒し対策とハンデス対策として。どちらもこのデッキでは怖い。
《奇石 マクーロ》 パーツ集め兼進化元として。

《予言者クルト》

《希望の親衛隊 ラプソディ》

《ジャスティ・ルミナリエ》を使う場合のラビリンス達成のために。
《時の秘術師ミラクルスター》

重音で呪文を唱えた後にチェンジすれば、呪文を即座に回収可能。

《ドラゴンズ・サイン》にも対応。

《天革の騎皇士 ミラクルスター》

重音で攻撃する事によるトリガーの危険性をカバー。

高いパワーも魅力的。

《時の法皇ミラダンテⅫ》

重音からはチェンジできないものの、重音から出したロージアあたりからチェンジできる。

強力なファイナル革命と呪文タダ撃ちはデッキコンセプトにも合う。

《黙示護聖 ファルピエロ》 《激天下!シャチホコ・カイザー》を扱うなら。

 

呪文

あまり入れ過ぎると重音の進化元に困るものの、少なすぎれば重音の能力が有効活用できないため、バランスが大事になりますね。

《ヘブンズ・フォース》 重音の早出し。安定性を捨てて速度を早めたいならクルト等と共に。

《ファイナル・ストップ》

《ミラクルストップ》

終盤のトリガー対策に。

前者の方がキャントリップがある分とエンジェル・コマンド・ドラゴンが少ない分合っているか。

《剣参ノ裁キ》 《煌龍 サッヴァーク》を扱うなら《奇石マクーロ》よりも優先するのも良い。
《隻眼ノ裁キ》 一度発動できれば厄介なトリガー。サッヴァークの補助にも
《暴輪ノ裁キ》 打つ暇さえあれば《煌龍 サッヴァーク》の補助、大型への耐性、タップキル補助、殴り返し防止等様々な役割が期待できる。

《スーパー・スパーク》

《オラクルDJ》

お馴染みスパーク呪文。

類似カードと比べると重音でタダ撃ちできる事が魅力。

《クイック・スパーク》  《スーパー・スパーク》で十分ではあるものの、《異端流し オニカマス》や《洗脳センノー》を重く見るなら。
 《ダイヤモンド・ソード》  重音から唱えて一斉攻撃。《一番隊クリスタ》による大量展開と合わせたい。
《スーパー・エターナル・スパーク》 数少ない除去札。コスト指定こそあるものの、カード指定除去という点と自身のクリーチャーにも使える点が光る。
《パニック・ルーム》

クリーチャー除去としては上記よりも優秀か。

ラビリンスの条件を阻害しないという利点も。

《魂と記憶の盾》  殿堂入り。構築によっては上2種の方が優先される場合も。

 

 

戦い方

できる限り早く、重音による呪文のコスト踏み倒しを目指します。キズナプラスやキズナコンプによる爆発力を意識するのは中盤以降。

 

 2ターン目に《一番隊クリスタ》の召喚、3ターン目に重音に進化して殴るのが一番早いのですが、手札がかつかつすぎるので、3ターン目にサーチカードを挟むくらいの余裕はあってもいいかもしれません。3ターン目《奇石マクーロ》で唱えたい呪文か踏み倒したいメタリカを手札に加えておくのが良いでしょう。2ターン目に光のクリーチャー、3ターン目に《音攻銀 バッラード》を出しておけば、4ターン目重音使用時に使える呪文の幅が広がりますね。

 

おそらく一番使いやすいのは5コスト超次元を扱うタイプですね。手札に踏み倒し用呪文と踏み倒しカードを同時に持っておく必要が無い為、コンボパーツが少なく済みます。次点で《ドラゴンズ・サイン》になるでしょう。

《ジャスティ・ルミナリエ》を扱う場合は、ラビリンスを達成しなければならない分茨の道ですが、自軍を殴り返しに強くする《太陽の使い 琉瑠》を扱える事や、除去トリガー全般への対策ができる《大迷宮亀 ワンダー・タートル》、劣勢をひっくり返す《オヴ・シディア》あたりを採用できる点で優秀です。

 

大型クリーチャーの踏み倒し、キズナプラスの発動条件、革命チェンジ等、メタリカにしてはかなり攻撃的なデッキです。踏み倒し先が耐性持ちだったりシステムクリーチャーだったりで、赤単等の速効性こそ無いものの、上手く構築する事ができれば早期にごり押しにも似た制圧力を見せてくれることでしょう。

 

必要パーツや相性の良いカードにS・トリガー持ちが多く、力任せに殴る相手はお客様です。

対策されるとやや厳しい戦いにはなりますが、最終的に殴る事を勝ち筋とするデッキの場合はその分の時間稼ぎはしやすいでしょう。

 

弱点を挙げるなら、安定性の少なさ。

早期から何枚ものカードを要求される上に、速さを求めれば求める程サーチカードを挟む余地が無いです。

また、手札補充の方法も限られてくるので、《煌龍サッヴァーク》、《太陽の使い 琉瑠》、《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》あたりを早期に出す事ができなければ中盤以降で苦労しそうですね。

 

因みに私はこの白単デッキを組もうと思って四苦八苦しましたが、前回紹介した白緑キズナデッキに移行してしまった所あたり色々お察しください状態。

基本的にビートダウン苦手プレイヤーなので、ビートダウンが得意な方に組んでもらえればまた違った視点から色々なデッキが考案されるのでしょうか。

 

まだ革命チェンジまではしっかりと試せていないので、その辺りと併用した時の使用感も試してみたいです。

 

まとめ

まだまだ研究段階ではありますが、もし白単でキズナデッキを組みたいという方がいた時の助けになればと思います。

個人的には《ジャスティ・ルミナリエ》を一番うまく使えるデッキタイプがこのデッキだと考えているので、できればそれをうまく扱いたいですね。

 

 

以上。これから先の活躍で、何かしらの通り名とかつけられたいポフルでした。

……それを実現するにはまず行動ですね!!!