ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》考察―自然文明のリセットカード【デュエルマスターズ】

なんかこう、某YouTuberの「ブンブンハロー」みたいな定型の挨拶考えた方が良いのかしら……ってこれ前にも言いましたっけ。ポフルです。

 

さて、公式のツイッターやらコロコロチャンネルやらコロコロニュースやらで情報が解禁祭りでアワアワしている私ですが、今回は関係者ツイッターで公開された《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》について考察しましょう。

 

 

カード情報

 


ハイパー・ギガタック

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー9000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンに置く。


ギガタック・ハイパー・トラップ

自然文明 コスト8 呪文

■各プレイヤーは、バトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。


 

考察

グランセクトのツインパクトカードですね。どちらもコストはやや高めですが、自然文明にとってはどうって事なさそうですね。

 

クリーチャーとして

グランセクトにしては珍しくパワー12000以下なので、今までのパワー関係サポートを受けられない事は残念ですが、W・ブレイカー、マナからの召喚可能、マナブーストとメリット効果がこれだけついて9000と自然文明らしいコストパフォーマンスに優れたクリーチャーですね。

マナから召喚可能な点は、マナブーストの過程でマナに置かれやすい自然のクリーチャーにとっては心強いものになりますね。マナから召喚した後にマナが自身分減るというデメリットは、自身のマナブースト能力が補ってくれていますね。

序盤に置いた《霞み妖精ジャスミン》がいい仕事をしてくれるでしょう。

 

なかなか良いスペックではあるのですが、マナブースト要員として見ると《コレンココ・タンク》や《剛撃古龍テラネスク》に劣ります。マナゾーンと墓地をやりくりするようなコンボデッキでは活躍の機会があるかもしれませんが、それ以外では詰めの場面での打点補強以外の使い道が見当たりません。

基本的には後述の呪文の効果を目当てに採用し、クリーチャー面は《ディメンジョン・ゲート》でサーチができる等、自然文明特有のクリーチャーサポートの多さを利用したいですね。

……というか、簡単にサーチできるリセットって……。

 

呪文として

各プレイヤーのカードをすべてマナゾーンに置く効果を持ちます。「《百族の長プチョヘンザ》でおk」なんて言われそうですが、《卍デ・スザーク卍》存在下等の、出したクリーチャーが即座に攻撃できないような場面ではこちらの方が有用です。

 

単純なリセット効果の他にも、マナに置くカードは多色でない限りタップインしないので、《蛇手の親分ゴエモンキー》の影響下ではマナに置いたクリーチャーを即座に召喚する等狂った事ができそうです。

ついでのようにカード除去までしてくれるので、厄介なD2フィールドもドラグハート・フォートレスもなんでもござれです。他のリセットカードとの差別化になりそうな利点ですね。

逆に自分のフィールドやドラグハートも除去されてしまうので、使いどころは考える必要がありそうですね。

 

SRツインパクトカードの効果らしい単純ですさまじい効果ではあるのですが、欠点としては相手のマナを増やしてしまう点と、自分にも影響が出る点でしょう。

このカードを使わなければ負けるというなら仕方のない事ですが、基本的にはこのカードを発動後に、増えたマナを有効活用してある程度フィールドを回復させる必要はありますね。そういう意味でも最初に挙げた猿との相性は良いです。少なくともループ民は何かしら考えているのではとか勘繰ってしまう悪い癖。このカードのクリーチャー面である《ハイパー・ギガタック》のような、特別な事をせずともマナから召喚できるカードとも併用していきたいところです。

このカードのリセット効果の影響を受けない置きドロ―《ハッスル・キャッスル》との相性も良さそうですね。

 

もしくは、《気高き魂 不動》との併用で一方的な除去を狙ってみるのもいいかもしれませんね。ブロック構築ではよく見られる場面になるのでしょうか。

 


気高き魂 不動

光文明 メタリカ

コスト6 パワー6500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地以外のゾーンに置かれるとき、かわりにバトルゾーンにとどまる。


 

 

《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》との相性は良いような悪いような。

 

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


轟破天九十九語

自然文明 コスト10 呪文

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからマナゾーンに出す。それらのクリーチャーがバトルゾーンに出る事によっておこる効果はすべて無視する(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない) 


 

www.dmasters-pohu.com

こちらの減ったクリーチャーを一気に補充できますが、マナ送りにした相手のクリーチャーも復活します。

そこはマッハファイターの的にするのがいいかもしれませんが……。

 

なんにせよ、マナ送りである都合上何も考えずに打つのはなかなかリスキーなカードだと言えますね。

 

ツインパクトとして

上である程度書いてしまいましたが、「《ディメンジョン・ゲート》でのサーチに対応するリセット呪文」というだけで、なかなかの実力が窺えるカードですね。

 

クリーチャー側と呪文側が単体でシナジーしている事も高評価です。

この呪文でリセットした後、マナからもう1枚のギガタックを召喚し、墓地にあるこのカードをマナに置いてあげれば2体目のギガタックが準備完了という状況になります。

また、ギガタックで墓地のギガタックを墓地に置き、他のマナ回収カードでリセット効果をもう一度……なんてことも可能です。そんなに連発したい場面が何度もくるのかどうかはさておき。

 

まとめ

ツインパクトである事の利点が大きい、SRらしい豪快な呪文と言えそうです。その分クリーチャー面が淡泊ではあるのですが、呪文側としっかりシナジーしている事はうれしいところですね。

 

思考停止で撃ってしまうとごくまれに自分の首を絞める結果にもなるので、その辺りは注意したいところですね。

 

以上。なんかで使えそうなんだけどなぁこのカード。ポフルでした。