ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ビックラボックス》考察―びっくらこいた【デュエルマスターズ】

 最近ビックリする事がレアケース。ポフルです。

 

感動の無い毎日ってわけでもないのですが、なんかこう、驚くくらいに良い事が起きて欲しい感はありますね。

 

 

さて、そんな私。今回は《ビックラボックス》を考察しましょう。

 

 

 


ビックラボックス

無色 ジョーカーズ

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがコスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の手札に加える。


 

考察

ジョーカーズを踏み倒しするクリーチャーですね。

その条件はコスト6以下と、小型が多いジョーカーズなら成功確率は高めです。

 

踏み倒したいクリーチャーは以下の通りです。

  • 更にジョーカーズクリーチャーを連鎖する《ビックラボックス》(同名)や《最終兵ッキ―》
  • ビックラボックス自身がジョーカーズなので、大量ドローを狙う事ができる《ヘルコプ太》
  • 強力なメタカード《あたりポンの助》《消王ケシカス》《洗脳センノー》
  • 強力なフィニッシャー《超特Qダンガンオー》
  • フィールド0から即座にNEO進化可能な《超ド級 テンクウオー》《デック・ザ・デッキー》
  • 除去能力持ち《ハクションマスク》《ドツキ万次郎》

 

特に、ジョーカーズのフィニッシャーとして高い採用率を誇る《超特Qダンガンオー》を出す事ができるという点はかなり優秀だと言えますね。その他、《あたりポンの助》やケシカス、《ヘルコプ太》あたりもねらい目でしょう。

 

仮に失敗したとしても捲ったカードはそのまま手札に加わるので、単なるキャントリップとして最低限の仕事はしてくれます。《ジョジョジョ・マキシマム》《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》《ジョット・ガン・ジョラゴン》《ガンバトラーG7》等G・ゼロやコスト軽減を持つクリーチャーを捲った場合、条件を満たしていれば流れるように出す事ができます。

 

そもそも、クリーチャーを横に並べる事を条件とした能力が多いジョーカーズにとっては、例えこの子の効果で狙ったクリーチャーを捲れなかったとしても、後続のジョーカーズの手助けになってくれる事も多いです。

どのジョーカーズを踏み倒したとしても、もしくは踏み倒せずとも確実に仕事をこなしてくれる、《ヘルコプ太》と並ぶ優良な中型クリーチャーだと言えるでしょう。

 

《ヘルコプ太》とどちらを優先するかは環境次第です。併用も良さそうですが、その場合はデッキの中身がやや重くなってしまう事に注意が必要です。

ビックラボックスは相手の踏み倒しメタの影響を受けてしまう事が欠点です。反面、《ヘルコプ太》はビックラボックスよりも1ターン遅れがちになります。

堅実なヘルコプ太、不安定なものの速度で優るビックラボックスと言ったところですね。

 

まとめ

その名前に似合わず、ジョーカーズの戦い方に合ったなかなか実用的な1枚です。

従来のジョーカーズから新機軸のジョーカーズまでしっかり活躍できそうですね。

 

 

以上。……自分からも色々探しましょ。ポフルでした。