ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

親友とのデュエマで、私のビートダウン向いてない説が濃厚になった話。【デュエルマスターズ】

デュエマ動画とかも気になると言えば気になるのですが、編集技術とか機材とかの事を考えるとなかなか踏み出せない。ポフルです。

気になる。

 

最近、遠くにいる親友とLINE通話を使ってデュエマをする機会が増えました。

 

で、そのデュエマが終わった際に、私のビートダウン向いてない説が濃厚になったのです。タイトル通り。

 

今回はそんなお話。

 

 

お互いの使用デッキ

私が扱ったのは「超越マイト」。

www.dmasters-pohu.com

このデッキから《逆転のオーロラ》と《予言者マリエル》を抜き、《マスティーカ・パンツァー》を入れる事によって、センノー対策をより意識し、星域やユニバースがシールド落ちしていた時にはビートダウンによるごり押しをしやすいように改造しています。


マスティーカ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

■T・ブレイカー

■キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーのKP能力を使う)

KP-相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。


 

 

対する親友は「エビートコントロール」。

本人曰く「バーナインに憧れた」とのことで、序盤はハンデスや軽量ブロッカーで足を引っ張り、《龍装艦 スペルエビート》を着地させた後は軽量ムートピアを並べながら、エビートと相性の良い《改造治療院》や、そのハンデスと合わせて疑似的な確定除去を狙う事ができる《シンクロ・スパイラル》でゲームをコントロール。

そして始終足を引っ張った後、疑似的なアンブロッカブルと呪文限定のアンタッチャブル、そしてバトル時のパンプアップで場持ちがよく、ブレイクのタイミングから増えた手札をハンデスで処理する事が容易でトリガーを踏んだ時のリカバリーもしやすい《万年の甲 ガメッシュ》でじわじわと勝利に近づくという、なかなか玄人好みなデッキです。


龍装艦 スペルエビート

水文明 ドラゴンギルド/ムートピア

コスト5 パワー5000

■ブロッカー

■このクリーチャーまたは自分の他のムートピアがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から一枚目を墓地に置く。その後、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。


改造治療院

闇文明 コスト3 呪文

■S・トリガー

■相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。

■クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。



シンクロ・スパイラル

水文明 コスト3 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の水のクリーチャーを2体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。



万年の甲 ガメッシュ

水文明 ムートピア

コスト7 パワー7000+

■自分のターン中にこのクリーチャーがタップした時、ターンの残りを飛ばす。(次のプレイヤーのターンをすぐに始める)

■このクリーチャーは、アンタップした時、相手のシールドを2枚ブレイクする。

■このクリーチャーが攻撃された時、そのターン、これのパワーを+10000する。

■相手が呪文の効果によってバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。


 

実際の対戦にて

序盤、順調に《ロロカゲティ》を出してマナブーストを行おうとするこちらに対し、相手も《シンクロ・スパイラル》を用いて《ロロカゲティ》を執拗にバウンス。

こちらが上手くマナブーストできない状況にしながらしっかり《龍装艦 スペルエビート》を着地させ、《一番隊 ザエッサ》のコスト軽減を使ってムートピアを展開しつつ、《改造治療院》と《シンクロ・スパイラル》をうまく扱ってこちらの盤面と手札を減らしていきます。特に《ロロカゲティ》をバウンスし、何が何でも《マイト・アンティリティ》でのコンボ始動を防いでやろうという意思を感じましたね。

こちらの出した《マイト・アンティリティ》もしっかり処理しつつ、もう1体の《龍装艦 スペルエビート》と《渦中の隠者 メルカジーク》も着地させてゲームの流れは完全に親友側と言ったところでした。

 


渦中の隠者 メルカジーク

水文明 ムートピア

コスト8 パワー8000

■W・ブレイカー

■自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■自分のターンに一度、呪文を一枚、自分の墓地から唱えてもよい。唱えた後、墓地に置くかわりに山札の一番下に置く。

■自分が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。


 

 

こちらは《夜のコッツナ》《夜の青守銀 シャイン》《超越の使い 蒼転》と並んでいたものの、この状況でキズナコンプを狙う理由は薄く、殴るにしてもスペルエビートのブロッカー能力が邪魔……と、少し足止め状態でした。

とはいえこちらはクリーチャーの扱いに長けた自然文明。《トレジャー・マップ》をトップから引き、《マスティーカ・パンツァー》を加えてそのまま召喚。2体いるエビートを処理しても焼け石に水と考え、《渦中の隠者メルカジーク》をマナ送りにしました。

とはいえ、そのマスティーカは《デーモンハンド》で処理。またしても膠着状態が続くかと思われた時に、《万年の甲 ガメッシュ》がバトルゾーンに。処理したいところでしたが、手札がボロボロの状態では目当てのカードも扱えずそのまま。マスティーカがしっかり除去されていた事も痛かったですね。

 

そしてガメッシュのブレイク。普段なら《青守銀 シャイン》のブロッカー能力でなんとかなるものの、事実上のアンブロッカブルの前には無力、トリガーも無し。ガメッシュが2回目のタップ状態に……となった時、《トレジャー・マップ》からの《マイト・アンティリティ》。

それまでの間にしっかりマナに《夜のコッツナ》や蒼転等を溜めていた私。反撃開始とばかりに《マイト・アンティリティ》の効果で一気にキズナ持ちを並べます。

そして蒼転、ロロカゲティ、夜のコッツナ、マイトでループ達成。マナを無限にチャージします……とここで事件。

 

今回のデュエマ中、《トレジャーマップ》を2回発動しているので、デッキの下から8枚は確認済みなのです。

そのうち1枚が、フィニッシュ用のキーカード《母なる星域》。

 

で、マナブーストしていって残りデッキ枚数が3枚くらい。

あかん。《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》シールド落ちや。

 

マナにユニバースが見えず、勝ち筋が基本ビートダウンしかなくなった私。

とはいえ、撃たれていた呪文の中には《超越の使い 蒼転》で回避できる《デーモン・ハンド》の他、今まで執拗に《超越の使い 蒼転》を寝かせていた《オクトーパの相対性魔力講義》。

これは蒼転でも防げないわけですよ。

 


オクトーパの相対性魔力講義

水文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもされない。

■カードを1枚引く。


 

場に出ているクリーチャーの大多数が、召喚酔いによって攻撃できない状況。《夜の青守銀 シャイン》で相手のブロッカーはタップしていたとはいえ、ここは安全にクリーチャーを処理。

 

相手のターンはじめににブレイクされたシールドの中にはユニバース。ハンデスされたならうまく《ムシムタマ》でマナに置き直し、星域唱えて降臨というプランを取っていたのですが、親友は目立った行動はできずにターンエンド。

そのまま私のターンにユニバースで勝利を取ったのでした。

 

……で、ここからが本題。

終盤に《マイト・アンティリティ》が出てきた事が勝因だったとか、マスティーカでメルカジーク処理された事とか、そもそも《シンクロ・スパイラル》《改造治療院》《龍装艦 スペルエビート》が怖すぎるという話をした後、親友の冷静な一言。

 

「《夜のコッツナ》と《マイト・アンティリティ》と《超越の使い 蒼転》で無限攻撃できたやん」

 

……。

  1. 蒼転で攻撃時、キズナコンプで最低限マイトを発動。
  2. マイト効果でシャインを出し、シャインのキズナでマイトのKPを使い、別の蒼転を出す。
  3. 出したばかりの蒼転で攻撃時、夜のコッツナとマイトを発動。
  4. 夜のコッツナで攻撃がすでに終わった蒼転をマナへ。
  5. マイトの効果で先ほどマナに送ったシャインと蒼転をバトルゾーンに。
  6. 3~5を繰り返し。

 

……。

私 こ の 無 限 攻 撃 コ ン ボ を こ の 時 の 会 話 で 初 め て 気 が 付 い た 。

 

おいデッキ製作者。

おいデュエマ研究者。

おいメタリカのお兄さん。

 

……。もうね、なんかね。

私もう色んな意味でビートダウン向いてないわ。

 

 ……以上。2ブロック構築キズナで出ようと思ってましたが、なんかこう色々どうしようって感じのポフルでした。