ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》考察―これ4枚集めなきゃいけない奴だ【デュエルマスターズ】

別にガチデッキが嫌いというわけでは無いのだけれど、ガチかどうかよりも独自の動きができるかどうかの方が気になるポフルです。

だからゲイル・ヴェスパーというデッキタイプ自体は割と好き。

 

そんな私のめんどくさい事情はさておき、店頭ポスターにて新スタートデッキのカード情報が公開されたようですね。

 

今回はそんな新カード2枚の内、《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》を考察します。

 

 

 

 カード情報

 


イチゴッチ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー12000

■T・ブレイカー


レッツ・ゴイチゴ

自然文明 コスト2 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

 

考察

どちらの効果もシンプルですね。

 

クリーチャーとして

デメリット無しのT・ブレイカー。とはいえ、他のグランセクトには同コストでメリット効果持ちのT・ブレイカーが存在しています。《バードリアント》や《マスティーカ・パンツァー》あたりがそうですね。

その他、この子よりも軽くてデメリットも軽いor利用しやすいクリーチャーというクリーチャーは何体も存在しているので、準バニラと言えるこの子の利用法は限られているでしょう。

 

クリーチャー面だけしか見ないならの話ですけれど。

 

呪文として

S・トリガーが無くなった《フェアリー・ライフ》ですね。

この効果の有用性は《フェアリー・ライフ》やその他類似カードが証明済みです。

 

とはいえこの呪文面だけなら《フェアリー・ライフ》の方がS・トリガー分使いやすいという話です。

 

今まで通りというか、このカードはツインパクトとしてのメリットが非常に目立つカードになっていますね。

 

ツインパクトカードとして

ここからがこのカードの本領発揮。

「パワー12000以上のクリーチャーかつ2マナブースト呪文」というメリットはかなり大きいです。

考えられるメリットを箇条書きにしますね。

  • 《霞み妖精ジャスミン》と同じく《トレジャー・マップ》でサーチ可能。
  • 中盤以降腐り勝ちなブーストカード特有の弱点を、クリーチャー面がカバーしている。
  • デッキ内のパワー12000以上のクリーチャー比率を下げることなく2コストブーストカードを増やす事ができる。

 

グランセクトデッキにとっては3番目のメリットが大きいのですが、その他のデッキでもビッグマナでマナブーストが必要ない時にとりあえず3打点立てておく、ジャスミンと一緒に採用して墳墓避けなどなど。様々な利点が考えられるカードになっています。

どちらの効果も決して「出せば勝ちw」みたいな効果やスペックでは無いのですが、目立った欠点も無いために今後の自然文明における基本的なカードの1枚として活躍できそうなスペックをを持ち合わせていますね。

 

普通のビッグマナ系の初動兼終盤の打点補強として扱うのも良いですが、そのスペックを最大限に活かしてくれるのはグランセクト関連のデッキですね。

《天風のゲイル・ヴェスパー》デッキでも、《ボント・プラントボ》を採用しているのなら《タルタホル》よりも優先されるでしょう。

 


天風のゲイル・ヴェスパー

自然文明 グランセクト

コスト10 パワー12000

■W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー(このクリーチャーを召喚するコストは、バトルゾーンにあるパワー12000以上のクリーチャー1体につき2少なくなる。ただしコストは0以下にならない)

■T・ブレイカー

■自分の手札にあるクリーチャーすべてに「W・シンパシー:パワー12000以上のクリーチャー」を与える。



タルタホル

自然文明 グランセクト

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札にあるパワー12000以上のクリーチャーを1体、見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


ボント・プラントボ

自然文明 コスト3 呪文

■自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それがパワー12000以上のクリーチャーなら、自分の山札の上からさらに1枚、マナゾーンに置く。


 

その他のグランセクトデッキは基本的にNEO進化クリーチャーを扱うので、進化元になれる《タルタホル》よりも優先できるかは微妙な所ですが、《ルツパーフェ・パンツァー》との入れ替えは十分にあり得ますね。

 


ルツパーフェ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー12000

■T・ブレイカー

■このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出した時、マナゾーンに置く。手札以外のゾーンから出した時、相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。


 

 

  • 終盤に進化元になる事ができるが、《ボント・プラントボ》との相性はいまいちな《タルタホル》。
  • マナやデッキからの展開をするなら終盤の布石としては一級品かつ《ボント・プラントボ》との相性も良いが、1コスト高い分ブースト要員としてはやや劣る《ルツパーフェ・パンツァー》。
  • 終盤の展開時には除去効果が無い分ルツパーフェに一歩遅れるものの、墳墓避けしやすくコストも1少ない《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》。

 

どのカードを優先するのか、デッキビルダーの腕がなりますね。

 

まとめ

グランセクトデッキでのマナブースト要員も粒揃いになってきましたね。

どの子を優先するかは、デッキ構築と自分の考え方次第と言ったところです。個人的に現状私のマスティンデッキに入れるなら……、悩みますねこれ。すぐに結論は出せないですけれど、ルツパーフェ抜きますかね……。

 

なんにせよ、今後グランセクトデッキを組みたいと思うなら集めておいて損はないカードだと言えるでしょう。

ビッグマナ系のデッキを使う方も、ツインパクトカードという性質上今までのブーストカードができなかった事ができるようになるかもしれません。

 

以上。公式の言う通り、今期は自然文明がアツいかもしれないと、グランセクト好きとしては超楽しみ。ポフルでした。