ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》考察―やっぱりツインパクトって強いわ【デュエルマスターズ】

あまりに手持ちの雑ジョーカーズが強すぎて、だんだんジョーカーズが嫌いになってきた。ポフルです。困った。

 

わかりやすい強さというのはものすごく魅力ですし、使われる事に関して別にどうって事思わないんですが、あまりに単調過ぎて自分が使ってて面白くなくなってきてしまったのですよね。……うーん嫌いになりたくないけどなあ。

 

さて、今回はそんなジョーカーズより、店頭ポスターにて情報公開となりました《ガンバG/ガガン・ガン・ガガン》の考察をしましょう。

 

 

 

カード情報


ガンバG

無色 ジョーカーズ

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーはバトルゾーンに出たターンに相手を攻撃できる。


ガガン・ガン・ガガン

無色 ジョーカーズ コスト2 呪文

■ジョーカーズを1枚、自分の墓地からマナゾーンに置く。


 

考察

前回考察した《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》と同じくスタートデッキに収録されていますね。

スタートデッキ新規というだけあって、やはりシンプルな効果になっていますね。

 

クリーチャーとして

6マナパワー6000のW・ブレイカーで、出たターンに相手を攻撃できるという、ジョーカーズによくある能力ですね。

 

相手ターン限定のスピードアタッカーという事で、不意打ち気味に相手を狙う事ができる分なかなか心強い効果です……が、1コスト下に条件付きかつ必ずアタックしなければならないとはいえ、パワー8000の《チョートッQ》が存在していますし、同コストには全体的にスペックが高い《超特Q ダンガンオー》も存在しているので、やや向かい風ですね。

 

呪文として

墓地のジョーカーズをマナゾーンに置くという、ジョーカーズ専用の2マナブーストですね。

《パーリ騎士》が呪文になったものにはなりますが、置けるカードはジョーカーズのみとやや弱体化しています。どんなデッキでも扱える無色カードな分、縛り無しにしてしまうと悪用……というか、ほぼすべてのデッキの必須カード化されてしまうと考えたのでしょうか。

 

ジョーカーズには1ターン目から《ジョジョジョ・ジョーカーズ》を使ってカードを墓地に置けるので、そのまま流れるように2ターン目マナブーストができるようになりますね。火文明ジョーカーズならば《メラメラ・ジョーカーズ》も視野に入ります。

ジョーカーズなら他文明以上自然文明未満の使いやすさを持ったブーストカードだと言えそうですね。

 

ツインパクトとして

基本的にはマナブースト効果を扱いたいところです。

とはいえ現状のジョーカーズでは《チョコっとハウス》《パーリ騎士》と言ったクリーチャーのマナブースト要員の方が《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》や《ジョジョジョ・マキシマム》の条件を満たしやすい事や、《ジョジョジョ・マキシマム》や《超特Q ダンガンオー》のブレイク数増加に貢献できる分強力だと言えるでしょうか。

 

こちらを採用するメリットとしては、今まで2ターン目《ヤッタレマン》に依存していた所をこの子にその負担を分ける事ができる事でしょうか。

 

特に3ターン目《ランド覇車 ガンブルマン》が鬼門だった限定構築や、この先も同じような未来が見える2ブロック構築において、2ターン目ヤッタレマンをせずとも動くことができるようになった事はなかなかの利点でしょう。

2ターン目にマナブースト、3ターン目に《ヤッタレマン》→《パーリ騎士》と繋げる事ができる点はうれしいところですね。殴ってきた《ランド覇車 ガンブルマン》をボトム送りにできる《ドツキ万次郎》にアクセスできる点も優秀だと言えますね。

そしてこのカード自体がクリーチャーでもある事から《ジョジョジョ・ジョーカーズ》でサーチできると言う事も忘れてはいけません。このカードの登場によって、ジョーカーズの序盤の安定性がさらに上がったと言えそうですね。

 

クリーチャー側の効果も、序盤の動きを安定させながら詰めの場面でのミスドローの確率を減らす事に繋がるという点は利点です。

少なくとも出したターンに2打点は形成できる分、見た目よりも使いやすいカードとなりそうですね。

 

まとめ

今までのジョーカーズの動きを強化するようなカードというわけではありませんでしたが、その分今までのジョーカーズとは別の動きができる可能性を示してくれたカードですね。

 

今までガンブルマンの脅威におびえていたブロック構築において、《ドツキ万次郎》と共に風穴を開けるきっかけのカードになってくれるのでしょうか。なってほしいですね。

 

 

以上。今年の全国大会も楽しみ。ポフルでした。