ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装医 ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド》考察―ほんとにツインパクトが強すぎる【デュエルマスターズ】

ツインパクトのカードが出てくるにつれて私の懸念が大きくなってきており、以前少しぼやいた事があったのですが、皆様案外好意的な意見が多く、割と安心しているポフルです。

 

さて。今回はそんな強力カードが多いツインパクトより《龍装医 ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド》を考察しましょう。

 コロコロチャンネルにて公開されました。


【デュエマ】ツインパクトの使い方教えます!双極カードはこう使え!ツインパクトVSジョラゴン!!【最速フライデー】

 

 

カード情報

 


龍装医 ルギヌス

闇文明 ドラゴンギルド/マフィ・ギャング

コスト8 パワー11000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、コスト7以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


地獄のゴッド・ハンド

闇文明 コスト5 呪文

■相手のクリーチャーを1体選び、破壊する。


 

考察

やべぇなこれって感じの1枚ですね。

冷静に考察しましょうか。

 

クリーチャーとして

コスト8と大きいですが、出た時と攻撃する時に《インフェルノ・サイン》を放つという強力極まりない能力を持った大型クリーチャーですね。

 

カード名的には《魔龍バベルギヌス》を彷彿とさせますね。そちらとの相性は最高で、この子の効果でバベルギヌスを蘇生させる事によって、コストの制限をなくすことが可能です。

さらに、攻撃時に呼び出した場合、バベルギヌス効果で攻撃中のルギヌスを破壊、そしてルギヌスを蘇生し直す事によって、相手のシールドに触る事無くコスト7以下のクリーチャーを蘇生させる事が可能ですね。

 

マフィ・ギャングならばおなじみのサポートになりつつある《阿修羅サソリムカデ》、そしてコスト8ということで《戒王の封》等サポートもかなり豊富です。

 


阿修羅サソリムカデ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト8 パワー11000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■スレイヤー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚を墓地に置く。その後、マフィ・ギャングを2体まで、自分の墓地からバトルゾーンに出す。そのターンの終わりに、自分のクリーチャーを2体破壊する。



戒王の封

闇文明 コスト6 呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)

■闇のコスト8以下の進化でないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

S-相手のクリーチャーを2体まで破壊する。


 

同じくクリーチャーを蘇生可能なクリーチャーとしては《グスタフ・アルブサール》が存在していますが、キズナプラスであるが故のデメリットも存在しているので、差別化は可能になっていますね。

 

何よりも後述のツインパクトカードである事による利点は他の類似カードに無い利点です。

 

呪文として

《チェイン・スラッシュ》そのものですね。

 

《チェイン・スラッシュ》の採用率から分かるように、除去カードというのは基本的にS・トリガーがついてこそ。

強力であることは間違い無いのですが、こちらの効果を一番に考えて採用するということはほぼ無いでしょう。あとで詳しく書きますが、ツインパクトである事を意識する必要がありますね。

 

 

ツインパクトとして

このカード。ツインパクトカード特有の強さを語るのにうってつけのカードですね。

 

蘇生と確定除去を使い分ける事ができるというだけで充分な強さです。相手の場に踏み倒しへのメタカードがあるなら確定除去。そうでないなら蘇生と、強力な効果使い分ける事ができるという事の利点はかなり大きいです。

 

そしてこのカードの真価は、「このカード単体でこのカードを蘇生させるための下準備が可能」という点でしょう。

5マナで呪文効果を扱い相手の場を荒らし、そのまま墓地に送る事で、次の6マナで《戒王の封》に綺麗に繋げることが可能になります。

 

3ターン目《ボーンおどり・チャージャー》で墓地に蘇生先を送り、4ターン目に呪文効果。そして5ターン目に戒王……と、マナカーブはかなり綺麗です。

そしてその呪文の効果も確定除去という強力なもの。

 

ツインパクトカードの汎用性によって、扱いやすさと強力さを両立した、闇文明使いにとっては嬉しいカードになりますね。

 

欠点を探す方が難しいカードですが、無理矢理探すとすれば、なら打点が少ない事と、ただコスト7以下のクリーチャーを蘇生させたいだけなら《ルソー・モンテス/法と契約の秤》が登場するという点でしょうね。

 

 


ルソー・モンテス

闇文明 マフィ・ギャング

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


法と契約の秤

闇文明 コスト5 呪文

コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。


 

クリーチャーという点で十分に差別化はできているので、特に気にする必要は無さそうですけれどね。

 

まとめ

ツインパクトカードとしてのメリットを存分に活かされている、とにかく汎用性の高いカードになります。

サポートも豊富なので、初心者から上級者まで容易に扱えそうでかつ強力なカードだと言えそうですね。

 

以上。……うん。マジでムートピアのツインパクトの公開まだかな。ポフルでした。