ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゼロノ・スタッガー》考察 ―マッハファイターは止まらない【デュエルマスターズ】

後先考えずに辛いもの食べたらお腹がバーニング。ポフルです。

ぐぉぉぉぉぉ……。

 

バーニングとかいう位なら今回火文明のカードだと思ってのですが、新情報がまださばき切れていません。よって今回は自然文明です。

 

以前コロコロチャンネルにて登場していた《ゼロノスタッガー》の考察です。

 


【デュエマ】自然文明がすごすぎる!マッハファイターを使ったデュエルを最速公開!!【最速フライデー】

 

 

カード情報

 


ゼロノ・スタッガー

自然文明 グランセクト

コスト7 パワー8000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■W・ブレイカー

■相手のクリーチャーが攻撃する時、可能ならこのクリーチャーを攻撃する。


 

考察

コスト7のマッハファイター持ちですね。

そして攻撃先を自身に限定させる、自然文明らしい能力を持ち合わせています。

 

基本的に、自身への攻撃を抑制したいのであれば、よりパワーが高く軽減能力を持つ《ボントボルト》の方が優位な点が多い……かもしれません。

 


ボントボルト

自然文明 グランセクト

コスト12 パワー12000

■このクリーチャーをの召喚コストを、バトルゾーンにあるクリーチャー1体につき1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■自分のターン中に、このクリーチャーがバトルに勝った時、次のターン、自分は攻撃されない。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

とはいえ、ボントボルトをコスト7以下で召喚するには、自身の場と相手の場のクリーチャーが計5体以上となかなかシビア。序盤を場にクリーチャーが残らないタイプのマナブーストスペルに依存するようなデッキであれば、ゼロノ・スタッガーの方が有用かもしれませんね。

 

ゼロノ・スタッガーがボントボルトに勝っている点として他に挙げられる点は他にも、

  • 自分のクリーチャーも守る事ができる点
  • 効果の適用のためにクリーチャーとのバトルに勝つ必要が無い点

の2つが挙げられますね。

 

前者は特に優秀な点で、自分の他のクリーチャー達が殴り返される事も防いでくれます。

《トテントンタン》のような優秀なものの殴り返されやすいシステムクリーチャーを守る事が出きる点は心強い点になりますね。

後者についてですが、現状マッハファイター持ちのクリーチャー達のほとんどが「バトルに勝った時」という発動条件を持っています。これは出たターンの間は良いのですが、その後のターンは相手が攻撃するためにクリーチャーをタップしてくれないと、単体で効果を発動させる事ができないという欠点になっています。それをわかっていながら攻撃してくるという相手もそんなにいるとは思えません。

ゼロノ・スタッガーはバトルを介する必要は無く、普通にシールドをブレイクしただけでも効果を発動できるという強みがあります。相手の場に依存することなく自身のポテンシャルを引き出す事ができる点はかなり優秀だと言えますね。

 

と、ここまでボントボルトとの差別化を考えてきましたが、そのボントボルトとの相性はなかなかのものだったりします。

 

ゼロノ・スタッガーは、相手の場に自身のパワーを超える攻撃可能なクリーチャーが存在する場合には無力となりますが、ボントボルトは攻撃そのものを封じてくれるので、相手のクリーチャーのパワーが999999だろうと関係ありません。

逆にボントボルトで防げない自軍への攻撃は、ゼロノ・スタッガーで多少軽減してくれます。

《破天九十九語》でこの2体を同時に出してあげれば……書こうと思ったんですがオーバーキルなのでちょっとやめておきます。

www.dmasters-pohu.com

 

 

注意点としては、コスト7と自然文明にとっては気にならなさそうな重さではあるものの、そこまでのコストを支払って使いたい効果なのかという点ですね。

自然文明にしてはそこまで高くないパワーと、除去に弱いという明確な欠点。その辺りは意識する必要があるでしょう。

他に優秀なマッハファイターが出た時、この子の立ち位置がどうなっていくのか、考える必要はありそうです。

 

まとめ

マッハファイターの優秀さもあって、なかなか良いクリーチャーではあります。

が、色々欠点も多く、《ボントボルト》で十分ではないかとも思われがちなクリーチャーかと思います。

とはいえ、自身の軽さ、クリーチャーも守れる点等利点はあるので、自身のデッキやその時の環境と相談して使うかどうかを決める必要はあるでしょう。

 

 

以上。辛いもの好き。ポフルでした。