ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》考察―公式の英断に乾杯【デュエルマスターズ】

今回のフェスパックになかなかの衝撃。ポフルです。

 

今回のフェスパックの情報が解禁されましたね。今回はフェスパックの袋を3つ集めると貰える

《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》を考察……というか、

まさかこのカードを交換枠に持ってくるとは。

 

公式ページの他、コロコロコミック3月号でも情報自体は解禁されていましたね。

 

 

デュエマフェスパック|デュエル・マスターズより。

 

 

 

カード情報

 


奇石ミクセル

光文明 メタリカ

コスト2 パワー2000

■相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりもコストが大きいクリーチャーを相手がバトルゾーンに出した時、相手はそれを自身の山札の一番下に置く。


ジャミング・チャフ

光文明 コスト5 呪文

■次の自分のターンのはじめまで、相手は呪文を唱える事ができない。

■カードを1枚引く。


 

 

考察

 強いという事がわかりやすい短いテキストですね。

 

クリーチャーとして

《制御の翼 オリオティス》のブロッカーをなくしてパワーを500下げた代わりに攻撃ができるようになったものです。

 


制御の翼 オリオティス

光文明 ジャスティス・ウィング

コスト2 パワー2500

■ブロッカー

このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■相手が、自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストの大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそのクリーチャーを自身の山札の一番下に置く。


 

オリオティスと違って《勇愛の天秤》で焼かれるようになり、新規カードである《黒光り》にも溶かされてしまうというデメリットこそありますが、いざという時の打点になり得る点や後述のツインパクトであることから相互互換と捉えて構わないでしょう。

むしろ最近では乱振やらメガマグマやらで火力の範囲が広がっているので、今更パワー差500も気にならなくなってきています。いや悪い意味でですけれどもね?

 

その能力の強さはオリオティスが証明してくれている為、説明不要といったところでしょうね。ドギ剣の他、レッドゾーンやジョーカーズ相手でも一時的な拘束力は見せてくれます。

呪文として

コストが1増えた《ファイナル・ストップ》ですね。

 


ファイナル・ストップ

光文明 コスト4 呪文

■次の相手のターンの終わりまで、相手は呪文を唱える事ができない。

■カードを1枚引く。


 

 

あちらの欠点だった「終盤以外では単なるキャントリップ呪文になりがち」という欠点をツインパクトである点が見事に克服しています。その代わりにコストが1高くなっていますが、この呪文を唱える頃には気にならなくなってそうですね。

一応、効果の効力が次の相手のターンの終わりまでか次の自分のターンのはじめかの違いこそありますが、基本的には誤差ですね。基本的には。

 

強さはクリーチャー側と同じく今更説明するまでもないでしょう。

フィニッシュのダメ押しにはかなり心強いですね。

ツインパクトとして

強いカード+強いカード=強い

に決まってますよね。いやもうほんとうに頭悪い考えなのは百も承知ですけれど。

 

クリーチャー側は、踏み倒し相手に対する序盤のメタカードとして、呪文側は呪文主体相手に対する中盤の妨害札としてや終盤のフィニッシュ時の補助としてと、メタカードでありながら序盤から終盤まで腐ることがありません。

そして、ミクセルはオリオティスの相互互換と言って良い性能、ジャミングはファイナル・ストップよりも1コスト大きいだけで、ミラダンテのタダ撃ちにしっかり対応……と、既存のカードと個別の効果で比べてもそこまでの差が無い事も重要な点ですね。

 

2つのモードを選ぶツインパクトカードならではの利点がここまで光るカードもきっと珍しいでしょうね。

 

今までオリオティスを採用していたデッキにとって、オリオティスの数を減らすことなく呪文メタまで採用することができると言う点は絶大な利点になりますね。

サザン・ルネサンスはこれで《時の法皇 ミラダンテⅫ》によるトリガークリーチャー封じと《ジャミング・チャフ》による呪文のトリガー封じができるようになるため、今後の環境の動きが気になるところです。

 

まとめ

総じて、現状のインフレに対抗するのにふさわしい優秀なメタカードと言えるでしょう。

《異端流しオニカマス》のような場持ちには期待できませんが、その分汎用性の面で大きく上回りますね。

 

なんにせよ、

これをフェスパック3つと交換できるようにした公式の英断は評価すべきでしょう。

 

この記事を見ている子どもたちは大人がフェスパックの袋を欲しがっていたとしても、絶対あげちゃダメですよ!!!

逆に大人の方で子どもにあげると言われた場合はこの子の有用性をしっかり教えた上でいるかどうか聴いてみましょう。

 

あ、ちゃんと双極編第1弾に収録されているので、もし手に入れられない方でも心配はなさそう……かなぁ。

 

 

以上。フェス絶対行こう。ポフルでした。