ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《貝の理解者 カチカッチン/サンキュー・ホタッテ》考察―ムートピアのツインパ…クト…【デュエルマスターズ】

そういえば、明日の朝は豊崎さんがおはスタに生出演ですって。ポフルです。

 

……撮る!!!!撮って生放送見て後20回くらい見る!!!!

 

……さて、そんな感じで、全国大会にて公開されたカード《貝の理解者 カチカッチン/サンキュー・ホタッテ》を考察しましょう。


デュエル・ マスターズ全国大会2017日本一決定戦の軌跡!

 

 

 

カード情報

 


貝の理解者 カチカッチン

水文明 ムートピア

コスト6 パワー6000

■W・ブレイカー


サンキュー・ホタッテ

水文明 コスト4 呪文

■カードを3枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。


 

考察

ムートピア待望のツインパクトカードですね。

呪文の扱いに長けたムートピアだからこそ、ツインパクトカードには注目したいところです。

 

クリーチャーとして

6コスト6000のW・ブレイカーと、かなり淡泊です。

 

……ええマジで淡泊ですね。

 

……うん。

 

呪文について

シンプルにカードを3枚引いて1枚捨てると、プラチナ・ワルスラの手札交換効果をそのまま内蔵した呪文になりますね。

 

……だったらワルスラで良くね?ってなりそうですが、ツインパクトカードである事を考えてたり、攻撃する必要が無い事を利点としてとらえてみたりすると何かしら見つかるかもしれませんね。

 

ツインパクトカードとして

個人的には割と危惧していたタイプのカードです。

このカード1枚から手札を増やしつつ墓地を肥やす事ができるという事で、墓地ソースにとってはなかなか面白い一枚になるのではないのでしょうか。

……とはいえ、4コストでやる事では無いというのは確かですね。4コストもあれば《白骨の守護者 ホネンビー》や《夢幻騎士 ダースレイン》が着地するコスト帯です。前者はフィールドのクリーチャー数を増やし、後者はクリーチャー数は増えないものの即座に2打点を形成できるカードとして扱う事が可能です。《エマージェンシー・タイフーン》と同じ効果でコストが3ならまだ何かしら考える事ができたかもしれないですが……。

 

一応、序盤は墓地肥やし要員として、終盤は《暴走龍5000GT》が出ている状態でも場の状態に左右されずに出せる2打点持ちクリーチャーとしてと柔軟な動きはできるので、見た目程救いが無いわけでもなさそうです。枠がカッツカツの墓地ソースに入るのかは分かりませんけれど。

 

とにかくクリーチャー面のあまりに淡泊なスペックが目立ってしまっています。使ってみれば案外役に立つのかもしれませんが、発売前の状態であまり下手な事言いたくないというのが私の本音です。

墓地ソースが手元にある場合、騙されたと思ってなんとなく使ってみてください。恐らくそのデッキでだめであればしばらく注目される事は無いでしょう。

 

……正直な所《龍装艦 スペルエビート》の事を考えれば、クリーチャー面のコストが低いムートピアが何種類か出れば十分化けると思うのですが、そこは今後に期待なのでしょうかね。

 

まとめ

ムートピア待望と言ったツインパクトカードですが、現状特筆すべき点は無い……気がします。

流石にムートピアのツインパクトカードがこれだけという事はあり得ないと思いますので、今後のムートピアの動きに注目したいですね。

 

以上。……本当にももちゃんがムートピア使うなら私ムートピア頑張る。ポフルでした。

今のうちにエビート集めておこうかしらん。