ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《仁王の超人》考察―今の時代8コスト以上の召喚なんて簡単という話と他のサイクルカード予想【デュエルマスターズ】

ジョーカーズが倒せない。ポフルです。

 

今回CSに出れるかもしれないのでちょっと本格的にデッキの構築をしているのですが、手持ちのテスト用ジョーカーズとの戦った時の勝率が低すぎて低すぎて。

 

……このままジョーカーズで出た方が良いのでは?とか思ってしまいますが、あくまでテスト用。そのため《洗脳センノー》がプロキシなのです。今から買うのもなぁって感じです。

 

……そんな感じで少し気分は沈んでいますが、今回はコロコロニュースとツイッターで情報が公開されました《仁王の超人》の考察をしましょう。

 

 

 

カード情報

 


仁王の超人

自然文明 ジャイアント

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手のクリーチャーを1体選び、マナゾーンに置く。


 

考察

出た時にマナブーストを行う効果と、コスト8以上のクリーチャーの召喚、コスト8以上の呪文の使用時に《ナチュラル・トラップ》を放つ効果です。

 

同じタイプ能力を持っていた《追憶人形ラビリピト》の能力と比べると、あちらが7コストの《ロスト・ソウル》を放つのに対し、こちらは6コストの《ナチュラル・トラップ》、厳密には5コストの《ブラッサム・トラップ》《シンクロ・マニューバ》と同じ効果……と効果だけ見ると地味な感じは否めませんね。(他のシンクロサイクルの事も考えると、実質4コスト分の効果な気もしてきますね)

とはいえ、他の文明よりも大型クリーチャーを並べやすい自然文明の効果としてはこれが妥当な所なのでしょうか。

 

 

だからと言って弱いのかと聞かれるとそうでもなさそうです。

そもそも種族がジャイアントという事で《剛撃戦攻ドルゲーザ》や《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》との相性は抜群ですね。《西南の超人》の存在も大きいです。

 

  1. 2ターン目アナリスでマナブースト。
  2. 3ターン目西南召喚。
  3. 4ターン目仁王召喚マナブースト、残った3マナでドルゲーザ。

このように綺麗につながる所もうれしい点ですね。全てがトレジャーマップに対応しているために成功確率も比較的高めです。

 

今までのドルゲーザデッキの除去要員は《罠の超人》が代表でしたが、それ以外にも除去カードを無理なく挟む事ができるようになった点はうれしい所でしょう。

 

 

おまけのようなマナ加速効果も単純にこの子の後半の効果の補助として扱えます。未だにこのコスト8以上カードサポートのサイクルが全文明に出てくるのかどうかは不明ですが、全文明の中でも一番扱いやすいクリーチャーにはなりそうです。

 

ついでに一応《天風のゲイル・ヴェスパー》で、この子の効果を何度も使う事は可能ですが、それが可能な頃にはゲームを終わらせるルートが出来上がっているかと。

敢えてこの子を使う必要は無さそうです。

 

他文明のサイクルについて少し考えておく。

仮にこれが全文明に配られるサイクルカードだとして、

  • 光……出た時シールド追加or呪文回収+コスト8以上使用時にスパーク効果or光クリーチャー展開
  • 水……出た時キャントリップor手札交換+コスト8以上使用時に墓地の呪文使用or複数バウンス
  • 火……出た時ブロッカー破壊+コスト8以上使用時に割り振り火力orデッキトップからの踏み倒し

あたりが出てくるのかなとか少し妄想してしまいますね。

 

光文明には九極侵略という相性の良いデッキがあったり、《音感の精霊龍 エメラルーダ》による高コストS・トリガークリーチャーの暴発狙いができます。火文明にはB・A・DやJ・O・Eといううってつけのコスト軽減効果があります。

この2文明については利用しやすいでしょう。メジャーになるかはともかくとして。

 

水文明には、そこまで詳しくは無いですが、《イッツ・ショータイム》による爆発力や、《蓄積する者 アルコウス》という最新のコスト軽減カードの存在から決して悪くはない……と言うより、発動する効果によっては一番凶悪な能力になりそうな予感すらありますね。仮にアースイーターだった場合はドルゲとの相性も良くなりますし。

 

これ以上はちゃんと判明してから考える事にしましょう。

 

まとめ

元々自然文明の特徴にあったサイクルでしたが、自然文明に足りなくなりがちな除去能力を補ってくれる頼もしいクリーチャーになりそうです。

何よりジャイアントであり、ジャイアントのデッキの中では最もメジャーなドルゲーザとの相性も良かったりと、今後が楽しみなクリーチャーですね。

 

以上。……ジョーカーズのサイクルもあるのかしらん?とちょっと疑問なポフルでした。