ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」》考察―既存の考えに縛られなければなかなか【デュエルマスターズ】

あまりにもくせ毛がひどいので、将来はアフロになるのではないかと思っているポフルです。

 

今回は火文明ジョーカーズのツインパクトカードである《カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」》を考察しましょう。

 

……なんというか、デュエマのパロディネタは色々広すぎる気がしますね。

 

 

 

カード情報

 


カツラデランス

火文明 ジョーカーズ

コスト7 パワー7000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の一番下のカードを墓地に置く。それがコスト6以下のジョーカーズクリーチャーならバトルゾーンに出す。


「アフロ行きま~す!!」

火文明 コスト2 呪文

■自分の手札を1枚捨て、その後カードを2枚引く。


 

考察

火文明ジョーカーズのツインパクトカードですね。コアなファンが多いイメージのある火文明ジョーカーズにもツインパクトカードが来た事はうれしいところでしょう。

 

クリーチャーとして

コスト7パワー7000のW・ブレイカー。そして山札の一番下がコスト6以下のジョーカーズなら踏み倒す事ができる能力を持ちますね。《ビックラボックス》の火文明版かつ上位種と捉える事も出来るでしょうか。

 

 


ビックラボックス

無色 ジョーカーズ

コスト5 パワー4000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがコスト6以下のジョーカーズ・クリーチャーなら、バトルゾーンに出す。それ以外なら、自分の手札に加える。


 

ビックラボックスの場合、どのクリーチャーを踏み倒しても、また踏み倒せずともお得感がありましたが、こちらはコスト7とやや重め。さらに一番下のカードは手札に加わるわけではありません。単体でのスペックはコスト7にしては低めなので、やはり確実にクリーチャーを踏み倒せるようにしておきたいですね。

 

山札の一番下というのは、ジョーカーズにとって操作しやすいものになっています。この辺りは《ラジコンBOY》でも触れた覚えがあります。

 

特にこの子は火文明という事で「J・O・E」能力と合わせて使う事を前提として考えられいるのでしょう。

 

無色ジョーカーズで踏み倒す候補については《ビックラボックス》の記事を参考にしていただくものとして、火文明ジョーカーズで踏み倒しができるものをざっとまとめてみましょう。

  • J・O・E持ちでカツラにスピードアタッカーを付与できる《ペーパイロット》
  • J・O・E持ちで連鎖的に展開するか自身のスペックを上げる《ハロウェーイ》
  • J・O・E持ちでブレイク数+1とパワーアタッカーの付与《サンタクロスケ》
  • J・O・E持ちで攻撃時にブロッカーを破壊するスピードアタッカー《チキン・タッ太》
  • J・O・E持ちかつ出た時の火力持ち《カメライフ》
  • J・O・E持ちスピードアタッカー《ボチボチ旦那》

 

……J・O・E持ちを並べた所でもうやる気を失いました私。

数はあるのに質が微妙過ぎる。

《ビギニング・ザ・メラビート》のマスターメラビートは召喚時のみの対応なので論外。

 何よりJ・O・E持ちで相性の良いクリーチャーが少なすぎます。

 

そもそもこの子自身がJ・O・Eを持たないので、既存の火文明ジョーカーズでは扱いにくいかもしれません。

 

とはいえ、コスト7という重さが幸いして《ヤッタレ総長》のコスト軽減に対応している事と、自然文明程では無いにせよマナブーストがしやすいジョーカーズなので重さはそこまで気にならない事、《ジョジョジョ・ジョーカーズ》である程度好きなクリーチャーを用意できる事等この子にしかない利点は確かに存在しているので、もしも相性の良いJ・O・E持ちジョーカーズが出てこればもしかしたら活躍できるかもしれません。

いっそ《ジョット・ガン・ジョラゴン》で捨てる前提の扱いで考えてもいいかもしれませんね。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 


ジョット・ガン・ジョラゴン

無色 マスター・ドラゴン/ジョーカーズ

コスト7 パワー11000

■このクリーチャーを召喚する時、ジョーカーズを好きな数バトルゾーンから自分の手札に戻し、その数だけ、召喚コストを1少なくしてもよい。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引き、その後、手札を1枚捨てる。

■ジョラゴン・ビッグ1:ジョーカーズを自分の手札から捨てた時、その「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を1つ使ってもよい。


 

 

呪文として

《勇愛の天秤》の手札交換効果そのものです。

あって困る効果でもないですが、1コスト下に《メラメラ・ジョーカーズ》がある点や勇愛の天秤の方が融通が利くことを考えると、クリーチャー面をうまく扱えるデッキか、後述するツインパクトの利点を利用できるデッキに採用してやれば、ついでで序盤の安定性を上げる事ができるという事になるでしょう。

 

もしくは上に挙げたジョラゴンのジョラゴンビッグ1の能力起動に使ってもいいかもしれませんね。

 

ツインパクトカードとして

基本的にはクリーチャー面の効果をメインに考えていきたいカードですね。呪文面の効果は基本的に事故回避のためと言った所でしょうか。

火文明ジョーカーズでこのカードを扱う場合、デッキ全体の安定性を上げつつデッキ内のパワーも同時に引き上げるという事が可能になります。

 

《ジョット・ガン・ジョラゴン》採用型であれば、呪文面はジョラゴン・ビッグ1の誘発用、クリーチャー面は射出する弾としての活躍も期待できます。

 

ついでに、2コストで墓地にクリーチャーを2体無理なく溜める事ができるカードでもあるので、墓地ソース……最近こればっかり言ってんな。

 

どちらかと言えば、既存のデッキよりも新規軸のデッキを考えた方が有効活用できそうなクリーチャーですね。

 

まとめ

今までの火文明ジョーカーズとの兼ね合いは、良いような悪いようなと言った形ですが、全体的に見ればそこまで悪いものでもなさそうです。

 

今までのデッキで扱うよりも、何か新しいタイプのデッキで扱いたいところですね。

 

以上。でも友達のお兄さんには「将来禿やすい頭皮してる」と言われていたりするポフルでした。

……あれ、これまえにも書いたような。