ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ダンシング・フィーバー》考察―なかなか堅実で強力です【デュエルマスターズ】

踊ることは実は好き。ポフルです。

どまつり以来ほとんど身体を動かして無いので、どれだけ踊れるかは分からないですが。

 

今回の考察は《ダンシング・フィーバー》ですね。すでにフェスパックは配布され始めているので、手に入れた方も多いでしょう。

 

 

 

カード情報

 


ダンシング・フィーバー

自然文明 コスト6 呪文

■自分の山札の上から6枚を見る。その中から3枚まで、タップして自分のマナゾーンに置き、その後、残りを好きな順番で自分の山札の一番下に置く。


 

 

考察

6コストで3マナ加速ができる呪文ですね。 

 

ただ使うだけであれば、除去効果と選択、場合によってはその両方ができる上にマナに置くカードがタップインしない《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》、条件は厳しいですがデッキによってはこのカードよりも1ターン早く打つ事ができる《獅子王の遺跡》、クリーチャーである《コレンココ・タンク》や《剛撃古龍テラネスク》等ライバルは多数存在しています。墳墓避けの為にそれらと一緒に採用する事も悪くはなさそうです。

 

ただ3マナ加速ができるだけではなく、6枚を見た上でマナに置くカードを3枚選ぶので、マナに特定のカードを置いておきたいデッキやコンボのために特定のカードを山札から引き出したくないデッキで、かつ大量のマナが必要になるようなデッキではかなり嬉しい能力です。そういったデッキでは重宝する事となるでしょう。

具体的には、踏み倒すハンターをマナに置く事ができる「刃鬼」、ヒラメキ・プログラム等を使ってコンボを始動させるデッキ等ですね。マナに行ってほしくないカードや、逆にマナに行ってほしいカードをある程度自由に操作しつつ3ブーストできるので、テキストの見た目に反してなかなか器用なマナブーストができるカードだと言えそうですね。

 

反面、6枚も見てそのすべてが手札に行かない事を考えると、その中に切り札や引き込みたかったカードが入っていた場合には大惨事です。

このカードを優先して採用する場合は、ある程度マナ回収やマナからの展開がしやすいようなデッキ構築を心がけたいところですね。

 

マナブースト以外にも、ある程度狙ったカードをマナに置くことができる点から「スペース・チャージ」との相性も良いですね。

 


屍術師インフェルノ・カイザー

闇/火/自然文明 レインボー・コマンド・ドラゴン/エイリアン

コスト7 パワー5000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■スペースチャージ:多色

 SC-コスト5以下の、進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。このターン、そのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。このターンの終わりに、それを山札の一番下に置く。


 

 

スペースチャージとの相性の良いカードには他にも《カラフル・ナスオ》や《オットコマエ・ピーマン》あたりが存在していますが、こちらはデッキの上から6枚を見る事ができる点から他のサポートカード無しでもある程度狙ってスペースチャージを発動できる強みがあるので、一概に劣化とも言えませんね。

 


カラフル・ナスオ

自然文明 ワイルド・ベジーズ

コスト4 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から4枚をタップしてマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンのカードを4枚、墓地に置く。



オットコマエ・ピーマン

自然文明 ワイルド・ベジーズ

コスト2 パワー1000

W・ソウル

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から4枚を、タップして自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、自分のマナゾーンから4枚、好きな順序で自分の山札の一番下に置く。


 

その他、マナゾーンを利用するシステムやコンボ全般との相性は良いので、6コストという重さが気にならないデッキなら使ってみるのも良いでしょうね。

 

まとめ

一見、3枚ブーストというわかりやすい強さを持ったカードに見えて、使ってみると色々小回りの利きそうなカードになっていますね。

反面、マナ回収の方法やコンボ方法等、明確な目的を持っていなければ難しいカードにもなり得るので、扱う場合はそれなりに使用方法を考えておきたいところですね。

 

 

以上。夏が楽しみ。ポフルでした。