ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《鉄拳の構え 幻惚/テッケニア・スパーク》考察―……惚れます??【デュエルマスターズ】

私はピカピカ光っているものも好きですが、彼女はそこまで好きではないようで。ポフルです。

 

今回のフェスパック。その内容以上に3パック交換のカード《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》が魅力的すぎてこのパックを手に入れている人がかなり多い印象です。

まだ2枚しか手に入れていませんが、私も色んなデッキで試してみて、(ものすごく頼りになるなぁ)と思いながら使っています。えぇ。

 

……とはいえ、中身のカードの強さもやはり気になる所。

他のカードについてはある程度考察が終わっているので、今回は残りのカード《鉄拳の構え 幻惚/テッケニア・スパーク》を考察しましょう。

 

……ちなみに、私が今回のフェスパックで最初に手に入れたカードです。

ウーン

 

 

 

カード情報

 


鉄拳の構え 幻惚

光文明 メタリカ

コスト7 パワー7000

■W・ブレイカー

■バトルゾーンにある自分のクリーチャーの数が相手より多ければ、このクリーチャーはバトルゾーンを離れない。


テッケニア・スパーク

光文明 コスト4 呪文

■相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。


 

 

 

クリーチャーとして

コスト7の7000でW・ブレイカー持ちです。そしてメタリカの戦術に合った条件下での除去耐性を持ちます。置換効果でもない完全な耐性ですね。封印以外。

 

相手を数で圧殺するタイプのメタリカに投入する事で、自身の耐性を無理なく発揮できるでしょう。この耐性は戦線維持のためだけでなく、攻撃曲げとの併用によって相手の攻撃を永遠と受け続ける柔らかい壁としての運用も期待できます。

 

……とはいえ他のクリーチャーを守る事ができるわけではないので、今までのメタリカにとって鬼門だった《テック団の波壊Go!》やプチョヘンザの事を考えると《気高き魂 不動》で良いという事になってしまいそうです。破壊に関しても、より早期に立てる事ができる《赤攻銀 マルハヴァン》の存在が出てきます。

この2体を並べる事の難易度も、マルハヴァンがコスト軽減を持っている事や、そもそもこの2体が《オヴ・シディア》の踏み倒しに対応している事もあって見た目よりも現実的だったりしますね。

 

メタリカ以外のデッキで使おうにも、やはり上記2枚が気になるところですし、コストが7という重さも気になります。ブロッカーを持っておらず、ドラゴンでない事もあり、メタリカのサポート以外での降臨サポートはほぼ無しと言っていいですね。メタリカの踏み倒しサポートも正直癖のあるものばかりですし。

 

《頂天聖 レオザワルド》との組み合わせはかなり強力です。

 


頂天聖 レオザワルド

光文明 エンジェル・コマンド・ドラゴン

コスト10 パワー13500

ドラグハート・クリーチャー

■ブロッカー

■T・ブレイカー

■このクリーチャがバトルゾーンを離れる時、自分のシールドが一つもなければ、離れるかわりに留まる。

■自分がゲームに負ける時または相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の、ドラグハートではないクリーチャーを1体破壊してもよい。

(龍解前は省略)


 

幻惚がその耐性を適用できている間にレオザワルドを立てる事ができ、シールドが0枚になれば、

相手がクリーチャーを大量展開するか、レオザワルドを置換効果で除去する、シャコ等の置換効果で勝利する等しない限り、自分がゲームに負ける事は無くなります。

あと封印

 

場合によっては仕切り直しになる案件らしいですし、色々と条件が多すぎて難しいコンボではありますが、《無法神類 G・イズモ》よりは楽です。

《三界 ブッティ》の方が難易度は優しめかつロックの完成度も高いですが、種族の違いやツインパクトである事を活かす事ができれば差別化は可能になるかもしれません。

 

このように、基本的には何かしらのコンボを考えて運用したいところですね。

 

呪文として

4コストで相手のクリーチャーを2体フリーズする呪文になります。

 

《落雷のステンド・グラス》の完全上位互換と言って良いでしょう。手札を公開する条件が無くなった事もそうですが、さりげなく新規スパーク呪文である事にも注目したいですね。

 

4コストで相手のクリーチャーを2体足止めできる事はそれなりに優秀です。

タップキルに緊急時の足止め等。2ブロック構築の際には一番隊等のシステムをタップキルによって無力かするために使われる事もあるかもしれません。その使い方の場合、1体のみのフリーズになった代わりにチャージャー持ちの《ストップ・チャージャー》とは一長一短と言ったところでしょうか。環境を見極めて使い分けたいところです。

 

スパークである事から、相手ターンに天門や《ドラゴンズ・サイン》で出した《龍聖霊 ウィズダムフェウス》で唱える事で、長期間相手クリーチャーを縛る事ができますね。なかなか面白いのではないでしょうか。

 


龍聖霊ウィズダムフェウス

光文明 エンジェル・コマンド/アポロニア・ドラゴン

コスト7 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見る。その中から呪文を1枚、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、名前に《スパーク》とある呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

 

全体的に中途半端感は否めません。相手クリーチャーの足止めなら《Dの牢閣メメント守神宮》のスイッチを相手ターンのはじめ発動する手段がありますし、フリーズできるクリーチャーも2体のみ。

優秀である事を否定する気はありませんが、他に使いたいD2フィールドがある場合や、スパークカテゴリである事を活かす等他に無いメリットを活かしたい所ですね。

 

ツインパクトカードとして

フリーズ能力を持つ呪文面でタップキルし、クリーチャー面で耐性付与……と、1枚で完結したカードです。

……ただし、現環境でこの2つの効果が効果的かどうかと聞かれると微妙な所ですかね。クリーチャー面はどうしても重く、条件とその条件を満たした時のリターンが単体で大きいとは思えません。呪文面は優秀ですが、除去が蔓延していてかつクリーチャーのインフレがすごい現状、タップキルという戦術のハードルが上がっており、最近のビートダウンがスピードアタッカーやその類似効果が主戦術になっている為、足止めとしての用途にも使いにくいです。

 

とはいえどちらの効果も決して弱いわけでは無い上に、クリーチャー面は他のカードとの組み合わせによる敗北回避コンボが存在している為、ふとしたきっかけで化けそうな予感はあります。

 

ブロッカーを持たない所やドラゴンでない所は気になりますが、《龍聖霊ヴィズダムフェウス》を扱うロージアミラダンテ……のようなデッキにおいての奥の手として忍ばせておくのも面白いかもしれません。惜しむべくはロージアが殿堂しているためにやや難しい所でしょうか。

 

……スターインザラブ型ウェディングゲートで使ってみようかしら。相手クリーチャーは全員処理できますし、自分のシールドは勝手に無くなりますし。

 

まとめ

全体的に、使いにくさがあるカードではあります。他のカードとの差別化も難しい所です。

ただし、ツインパクトである点やそれぞれの面に独自の利点が確かに存在している点も考えると、そこまで悪いカードというわけでもなさそうではありますね。

 

もしこの子に惚れたという方がいらっしゃる場合は、この子独自のメリットに目を向けてデッキを構築してあげて欲しいですね。

 

 

以上。使ってみるかなぁ……。ポフルでした。

 まぁレオザワルド持ってませんけれど!!