ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《無法地帯 マクラーゲン/無法警報PSY》考察―ムートピア待望のあれこれと龍装「艦」【デュエルマスターズ】

 

 

という事です。ポフルです。

豊崎さんのアルバム全部聴き直そう。うん。

 

デッキの公開についてはCSの次の日になりそうです。出る事ができればですが。

 

という事で今回はムートピアの新規《無法地帯 マクラーゲン/無法警報PSY》の考察を行いましょう。

 コロコロニュースにて公開されましたね。

 

 

 

 

カード情報

 


無法地帯 マクラーゲン

水文明 ムートピア

コスト8 パワー11000

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■呪文の効果やクリーチャーの能力によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。


無法警報PSY

水文明 コスト3 呪文

■カードを1枚引く。その後、自分の手札を1枚裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のシールドゾーンから墓地に置く。


 

 

考察

そう!!ムートピアで欲しかったのはこういうカードですよ!!!

なんて、見た瞬間に叫んでしまったことはここだけの秘密です。

 

クリーチャーとして

コストこそ8と重いものの、パワー11000のアンタッチャブル持ちブロッカーでw・ブレイカーと、場持ちと防御能力はなかなかのものです。

 

盤面を制圧しきった詰めの段階で召喚できれば、除去されづらい上に相手が無理矢理打点を揃えようとしてもブロッカー能力が邪魔をし、アンタッチャブルで除去も遠し辛い……。と、ややコントロールにおいてはうれしいスペックです。

ビートダウンにとっても、アンタッチャブルのおかげで一部トリガーをすり抜ける事ができるので、なかなか頼もしいフィニッシャーとなってくれるでしょう。

 

とはいえ全体的に淡泊である事は否めません。その辺りに関しては後述しますね。

 

呪文として

おそらく水文明使い全員、特にムートピア使いが待ち望んでいた軽量シールド交換カードですね。欲を言えば《アクア・スーパーエメラル》のようなムートピアのクリーチャーであれば《I am》デッキにぴったりはまったのですが、贅沢言ってはいけないですかね。

 

エメラル系統のシールド交換と比べると、キャントリップ後にシールドを1枚追加し、シールドを1枚墓地に置く……という挙動で少々特殊ですね。

 

墓地を利用するデッキにとっては、コンボパーツのシールド落ちを対処する事ができる事が利点として挙げられます。また、キャントリップがあるので仮に手札にS・トリガーが無くてもとりあえず唱える事で手札交換という選択も可能です。キャントリップでS・トリガーを引いてくる事もあり得ます。

 

《蓄積された魔力》系統や《貝獣 ジミーシ》等、ムートピアには墓地肥やしとの相性が良いカードもそれなりに存在しているので、エメラル等のシールド交換よりもこちらの方が有用な場面も多いでしょう。

 

ただし、エメラル達と違って、S・トリガーを墓地に送ってしまった場合に同名カードをもう一度使ってリカバリーという事はほぼ不可能です。

ツインパクトカードとして

ムートピアのツインパクトと言うだけで魅力的という話は《貝獣 ゴマキ/突撃ゴッチン・ヘッド》の記事で書いた通りのです。

そしてこの子は個人的に想定していたものとは違うとはいえ、ムートピアにしっかりマッチしたカードだと言えますね。

 

呪文面の効果を主に使っていく事になるわけですが、ムートピアのS・トリガーには優秀なものが多いです。

  • 相手クリーチャー1体を半永久的に拘束できる上に手出しでさらに使いやすい《崇高なる智略オクトーパ》
  • 手札さえあれば疑似的なクロック《拘束の毒 ジェリフィ》
  • 中型ブロッカーとしても扱えてかつスーパーボーナスが強力と安定性の高い《奇跡の旋風 トゲガニル》
  • キャントリップ付き《アクア・サーファー》のかつスーパーボーナスまで持っている《唸る鉄腕ギリガザミ》

 

そもそも水と言えば定番の《終末の時計 ザ・クロック》が存在しているわけでして、それらをシールドに仕込む事ができるというだけで心強いです。その他混色デッキであれば《テック団の波壊Go!》の存在もありますね。

 

この能力を《龍装艦 スペルエビート》で使い回す事ができると考えるとかなり強力な事がわかりますね。ビートダウン相手であればなかなか恐ろしい事になります。

 


龍装艦 スペルエビート

水文明 ドラゴンギルド/ムートピア

コスト5 パワー5000

■ブロッカー

■このクリーチャーまたは自分の他のムートピアがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から一枚目を墓地に置く。その後、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。


 

(因みに、今まで「龍装者」だと思っていたのですが、改めて確認したら「龍装艦」でした。ビックリついでにこっそり修正しました)

 

www.dmasters-pohu.com

墓地肥やしについても、スペルエビートで回収したい呪文が落ちれば儲けものです。

 

そして、シールドの中身の質を上げた状態で、クリーチャー面を出す事ができれば、ビートダウンにとってはひとたまりもありませんね。この子というブロッカーをすり抜けながらトリガーだらけのシールドに突っ込むのはかなり勇気のいる行動です。

そしてツインパクトである事から《貝獣 アンモ》の効果で手札に加える事も忘れてはいけません。2→3と綺麗につながる点もポイントが高いですね。

 

コントロール前提で書きましたが、ビートダウンでもなかなかのポテンシャルです。

クリーチャー面はその重さから敬遠されがちですが、前述の通り《貝獣 アンモ》で拾う事ができる点や、水文明、と言うよりムートピアにトリガーをケアする方法が少ない点を、この子のシールド交換で間接的にサポートできます。ジェリフィあたりの複数体のクリーチャーを止めるトリガーを仕込んでおけば、

相手のシールドを0にしてトリガーを踏む→相手が突っ込んでくる→こちらもトリガー→適当なクリーチャーでとどめ

という展開を可能にしてくれます。……相手にトリガーを処理する方法が無い事前提ではありますが。

 

全体的に、ムートピアにとってはなかなかうれしいカードではないでしょうか。

 

ところで、赤又は黒、青のツインパクトカードが出るたびに「墓地ソースガー」なんて言ってしまう私ですが、このカードも例外では無いですね。

3コストでシールドを強化しつつ、フルクリーチャーの構成ならばクリーチャーを自身も含めて2枚増やす事ができるというなかなかうれしいカードになりますね。

  1. 2ターン目にアツトやノロン↑で2枚肥やし
  2. 3ターン目にこの子で2枚肥やし
  3. 4ターン目にホネンビーで2枚肥やしして6枚になるのでクロスファイア

となりますね。ここにイワシンが加わればもう少し早くなる可能性もあります。クロック等のトリガーを埋めつつこの動きができる点が、従来の墓地ソースの動きとの差別化につながるでしょう。

 

そして2ブロック構築では念願の低コストシールド交換カードです。

強力なトリガーが揃っている2ブロック環境では、トリガービート、トリガーコントロール、そして水文明主体のデッキにとってうれしいカードになりそうですね。

 

クリーチャー面についてはやや淡泊な印象こそありますが、呪文面が終盤に腐りがちな分、クリーチャー面が終盤向きのスペックな事が嬉しい所です。

まとめ

全体的に良くまとまったカードになっていますね。

序盤にはシールド交換、終盤にはデカいクリーチャーとして扱えるという事は、ゲーム全体で腐りにくい便利なカードとして扱えるという事です。

 

ムートピアである事から、《龍装艦スペルエビート》がその扱いやすさを助長してくれています。ムートピアを使っている、または興味のある方なら確保しておいてもいいかもしれませんね。

 

 

以上。……ひとまず当日まではしっかり睡眠とろう。ポフルでした。