ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《シャダンQ》考察―見た目以上に強力【デュエルマスターズ】

 

www.dmasters-pohu.com

この記事で「ジョーカーズが環境最強になる事は無いだろう」みたいな事言いましたが、見事に覆されましたね。反省。ポフルです。

いや、まさか《ガンバトラーG7》で超速攻と安全なワンショットの両立ができるだなんて思ってませんでした。

www.dmasters-pohu.com

まぁ間違った事書いたわけでは無さそうなので良いという事にしておきましょう。うん。ただ私の予想以上の活躍をしていたということです。

 

……というわけで、今回はガンバトラーと共に収録されていた《シャダンQ》の考察をしていきましょう。

 

 

 

カード情報

 


シャダンQ

無色 ジョーカーズ

コスト6 パワー3000

■G・ゼロ:バトルゾーンに自分のコスト5以上のジョーカーズがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■自分がクリーチャーに攻撃された時、このクリーチャーをタップしてその攻撃を中止してもよい。


 

 

考察

G・ゼロ能力を持った分素のコストが重くなった《バッテン親父》ですね。

 

《バッテン親父》の採用率を見る限り、この子の有用性はそこまで高くないように見えますが、注目すべきはG・ゼロ能力ですね。

あちらは中途半端な重さから敬遠されていましたが、こちらはクリーチャーの展開のついでに防御札を出す事ができるという点が利点になります。

 

ただそれだけであれば正直そこまで強くはないという評価に落ち着いたのですが、特筆すべき点は大量展開する事で強化されるクリーチャーや呪文を多く抱えるジョーカーズであるという点でしょう。

 

メジャー所のカードとして《ジョジョジョ・マキシマム》のG・ゼロの条件、《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》のコスト軽減条件、《ヘルコプ太》の大量ドローの増加、《超特Q ダンガンオー》のブレイク数増加が挙げられます。

その他、冒頭で出した《ガンバトラーG7》のコスト軽減や《メラビート・ザ・ジョニー》の破壊効果の数合わせ、未発売カードですが《ジョット・ガン・ジョラゴン》のコスト軽減等、G・ゼロを持っているというだけで様々なカードのサポートとして活躍できる可能性を秘めていますね。

 

G・ゼロの条件はコスト5以上のジョーカーズですが、《ヤッタレマン》や《パーリ騎士》によって大型クリーチャーを扱いやすいジョーカーズにとっては楽な条件になりますね。序盤~中盤に必須レベルの《ヘルコプ太》がコスト5というのも相性が良いですね。

 

仮にこれがG・ゼロ以外に能力を持たないクリーチャーだったとしても一部クリーチャーのサポートとして採用されるカードだったのかもしれませんが、ここにバッテン親父の能力まで付いているという事は更なる利点です。相手を仕留めきれなかったとしても、アンタップ状態で残っていれば返しの相手のターンに厄介な妨害札として働いてくれます。

パワー3000と《SMAPON》に引っかからない点もうれしい所です。《ハムカツ団の爆砕Go!》には引っかかりますが、そちらは《ジョジョジョ・マキシマム》で封殺できます。

 

総じて、ジョーカーズにおいては淡泊な性能に似合わないユーティリティなカードとして扱えるカードと言えるでしょう。

 

まとめ

ジョーカーズの戦術に合った非常に頼もしいクリーチャーです。

今回のスタートデッキに収録されたジョーカーズは全体的に強力なものが多いですね。ジョーカーズ使いの方は今回のデッキを買い損ねないようにしたいところです。

 

 

以上。ジョーカーズ対策が難しくてデッキ作りに苦労したポフルでした。