ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マタドール・マルクーゼ》考察―闇の軽量踏み倒しメタ【デュエルマスターズ】

そういえば、最近彼女とデュエマしてない……いや、性懲りもなく九極VS殿堂対応ミルクボーイと戦って《オリオティス・ジャッジ》に色々台無しにされましたわHAHAHA。ポフルです。

悲しい

 

さて、おそらく今回の更新日は私初のCSです。まぁこの記事書いている時点でキャンセル待ちなので出れるかわかったもんではないのですが。

 

本来なら使用デッキの公開と行きたいのですが、ちょっとデッキが特殊故に構築が未だに定まってない事もあり……という建前で、大会中に相手にデッキがばれるリスクを最大限に減らす為に、今回はいつも通りの更新です。

今回は《マタドール・マルクーゼ》の考察です。

闇文明最軽量踏み倒しメタカードですね。コロコロニュースにて公開されています。

 

 

 

 

カード情報

 


マタドール・マルクーゼ

闇文明 マフィ・ギャング

コスト2 パワー1000

■相手のターン中に、相手が召喚以外の方法でクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。


 

 

考察

ものすごくシンプルな踏み倒しメタですね。センノーやオニカマスのように召喚以外の方法でバトルゾーンに出したクリーチャーを破壊する能力です。

 

相手のクリーチャーの出た時効果は使われてしまう上に、耐性は無いわパワーは低いわでオニカマスに劣りがちです。最近の闇が入るデッキには大抵水が入ってきているので「オニカマスで良し」とされてしまうのはやや辛い所です。

それでも、水文明の採用スペースを確保し辛い《爆霊魔 タイガニトロ》を採用するデッキであればそちらよりも優先して採用できるでしょう。種族がサポートの多いマフィギャングである事もうれしい所です。

 

オニカマスを扱う際のデメリットとして、

「カード消費は0なので、とりあえず踏み倒して出た時効果を発動し、アドバンテージを得ておく」というプレイングを防ぐ事ができない点が挙げられます。

マルクーゼは少なくとも踏み倒し先のカードは破壊によって消費させる事ができるので、相手出た時の効果でアドバンテージを得るというプレイはできるものの相手がややリスクを被る事になります。

 

一応、その他様々な踏み倒しメタとの差別点としては以下の通りです。異文明との差別化は必要なかったかもしれませんが、一応しておきましょう。

 

《百発人形 マグナム》との差別点

そちらよりも軽いコストと、自分の踏み倒しに影響しない事がポイント。また、踏み倒し先を確実に破壊できる点も評価点です。マグナムは元々踏み倒しメタ兼コンボカードなので、その時点で住み分けはできていますね。

 

《ウソと盗みのエンターテイナー》との差別点

同じく軽いコストという点が魅力です。そして単色である事もデッキによってはメリットですね。

トリガー封じとしても扱えるエンターテイナーの方が汎用性の面では上ですが、軽さはそれに勝るメリットともとらえられるでしょう。

 

《異端流しオニカマス》との差別点

ここから先は異文明ですが念のため。

相手の踏み倒し先を破壊する効果なので、オニカマスよりもレッドゾーンやドギ剣等に対して再利用を防ぐ働きが期待できます。

特にレッドゾーン相手にはなかなか良い動きができ、《轟く侵略 レッドゾーン》に対してはこちらの消費が基本的にこの子1体なのですが、レッドゾーン側は侵略元と合わせて2枚消費を求められる点が嬉しい所です。パワーの低さを逆手にとって、パワー2000のクリーチャーを隣に立たせておけば、相手にとってレッドゾーンへの侵略以外の方法で対処せざるを得なくなりますね。禁断解放で封印されたとしても、そのころにはドキンダムを葬らんと闇の除去カードが猛威を振るう状況である事がほとんどです。

ただし、《禁断の轟速 レッドゾーンX》には無力なので注意です。そして除去カードへの耐性は一切持っていないので、汎用性の面ではオニカマスに劣る所でしょう。

 

《デスマッチ・ビートル》

オニカマスでも説明した通り、デスマッチが対処できないレッドゾーンへのある程度のけん制になる点が高評価です。また、デスマッチでは相打ちに持っていかれるドギラゴン剣を一方的に破壊できる点も差別点としてあげられます。

ただし、火力への耐性は一切無い上に、G・ゼロ等の召喚による踏み倒しは防ぐ事ができない点が気になりますね。

 

《洗脳センノー》

異文明とはいえ、この子は無色。この子との差別化が一番重要なのではないかと今気づきましたね私。

踏み倒し能力そのものを直接封じるセンノーと、間接的に封じるマルクーゼではセンノーの方が強いと思えるのは仕方のない事です。

しかし、1コストの違いは大きな違いになり得ます。

ドギラゴン剣やレッドゾーン等のカードで早い段階で攻める相手で、こちらのデッキの速度も速い場合は、例え一時的でも相手のペースを1ターン崩して次の自分のターンにつなげる事ができるマルクーゼ、長期戦を視野に入れるデッキならば、そのパワーの高さと「とりあえず踏み倒しでアドバンテージ」というプレイも防ぐ事ができるセンノーと言った形での差別化は可能でしょう。

 

《奇石 ミクセル》《制御の翼 オリオティス》

防鎧はまた違ったタイプなので除外します。

最大の特徴は召喚にも対応するという事と、デッキボトムという再利用が最高に難しい場所への除去という点です。

また、自分のターンでの踏み倒しにも対応しています。

 

とはいえ相手がきちんとマナを伸ばしてくる相手には、マルクーゼ以上に一時しのぎの面が強い子なので、異文明である事を考えればそこまで意識する必要は無さそうです。

 

まとめ

非常にシンプルな踏み倒しメタ故に、+αで能力を持っている他文明のメタカードに見劣りするかもしれませんが、破壊という点を踏まえて考えれば他のメタカードに負けない点を探す事も十分に可能です。

むしろ素直に「闇文明(マフィ・ギャング)にも2コストの踏み倒しメタが来た!」と喜んで良い気はしますね。

 

以上。このCS終わったら彼女とちょこっとデュエマしよう。リベンジ。ポフルでした。