ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装車 トメイテオ》考察―ドラゴンギルドって偉大【デュエルマスターズ】

つい先ほど、DGで非公認大会行ってボッコボコにされたポフルです。

4ターン目裏切りの魔浪月下はひどい。

 

……ひとまず気を取り直して今回は《龍装車 トメイテオ》を考察しましょう。

 

 ……トマト……豊崎愛生……いや、なんでもないです。

 

 

カード情報

 


龍装車 トメイテオ

自然文明 ドラゴンギルド/グランセクト

コスト5 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップmたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。


 

考察

いつか出るとは思っていましたが、まさかこんなに早く出るとは思ってもみなかった。コスト5のドラゴンギルドでマッハファイター持ちクリーチャーですね。

 

出たターンに即座に攻撃できる自然のコスト5ドラゴンという事で、やはり着目すべきは《百族の長 プチョヘンザ》《蒼き団長 ドギラゴン剣》との相性になるでしょう。後者は《"龍装"チュリス》の存在がある事を考えると相対的に微妙にも思えますが、アンタップしているクリーチャーを殴る事ができる点で差別化はできています。

トメイテオは、クリーチャーには殴れますが相手プレイヤーに殴る事はできないので、速攻系での革命チェンジ元としてはやや微妙な立ち位置です。コスト軽減も持ち合わせていない事もあり、基本的には中速~コントロールデッキでの運用が主になるでしょう。

 

革命チェンジ先のクリーチャーで候補になり得るクリーチャーは以下の通りです。

  • ドギラゴン剣……相手プレイヤーに攻撃できないため、チェンジしたターンでの決着をつけにくいものの、相手クリーチャーを殴りながら後続のクリーチャーを出す事によって盤面制圧ができる点は評価点。
  • プチョヘンザ……不意打ち気味の全体除去が可能。攻撃をしないコントロール相手に対してシールドを割る事なく全体除去を放つ事ができる点は控えめに言って最高。
  • 《三つ星鉄人ミシュラ》……後続の多色クリーチャーのサーチ。パワーは1000下がるものの基本的には誤差の範囲か。むしろ相手のシールドを割る事なく後続の革命チェンジ先を手札に加える事ができる点が嬉しい点。
  • 《族長の魂友 ワチャゴナ》……D2フィールドを扱うなら。特に《革命のD ビッグバン・フェスライブ》との相性は良い。相手の厄介なD2フィールドを除去しつつD2を規制できるので、ハンデス系統の《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》に対して強気に立ち回る事が可能。

 

この辺りのクリーチャーに革命チェンジできる点はかなり嬉しい所です。

 

ただし、この子よりも器用に動くことができてかつ実質コスト5で出す事ができるクリーチャーに《勝利のガイアール・カイザー》が存在しています。

 

基本的なスペックは、超次元呪文の効果に+して相手プレイヤーもアンタップしているクリーチャーにも殴る事ができ、さらにコマンドを持っているガイアールの方が優位な点が多いでしょう。さらに超次元呪文特有のメリットである他のサイキッククリーチャーとの使い分けができる点も大きいです。

トメイテオは、パワー5000よりも高いクリーチャーを単体で処理できる点や革命チェンジのシステムによって手札が減らない点、さらに言えば、トメイテオの召喚に限っては踏み倒しメタと呪文メタを一切受け付けない点で差別化ができていますね。

踏み倒しメタが蔓延る現状ではこちらの方が優位かもしれませんね。

 

 

因みに、一応侵略も出来ますが、対応しているもので有用なものは以下の通りでやや扱いにくい印象です。

 

  • 《超幻影 ワラシベイベー》
  • 《超獣軍隊 ダディパイン》
  • 《革命類侵略目 パラスキング》

 

一番使いやすいものとしてはパラスキングですが、革命チェンジでトメイテオを戻す事によってマッハファイターの使い回しを狙う事ができる点を考えると、基本的には革命チェンジ先のクリーチャーの方が扱いやすそうです。ダディパインは、他にもっとふさわしいクリーチャーがいる気がします。ワラシベイベーが《幻影 ミスキュー》と共に何かしらのループに使われそうでしょうか。

 

また、革命チェンジ等だけでなく、パワー12000という事でグランセクトのサポートにもしっかり対応しています。

 

単体性能として

S・トリガーが無くなった代わりに手打ちしやすくなった《ゼノゼミツ》と言った使用感です。上記の通り、既存のグランセクトデッキでも扱いやすいパワーなので、マナを溜める以外の選択肢が少なかったグランセクトにとっては朗報と言えそうです。

 (単体性能と言いつつあれですけれど、それこそ既存のグランセクトにプチョヘンザ入れればなかなか面白いデッキになりそうじゃないですか。今度やろ

 

ただし、相手プレイヤーを殴れない事には注意です。他のマッハファイターに勝る点はそのサポートの多さで、単体性能だけだと他のカードに劣りがちな点は考慮する必要がありそうですね。

 

 

まとめ

5コストマッハファイターでドラゴンギルド。さらにパワー12000とサポートの多さが魅力のクリーチャーですね。

自身の能力もマッハファイターと強力なので、そういったサポートカードとともにぜひとも使ってみたいところです。

 

以上……あ、今日2記事更新です。ポフルでした。

更新は17:00予定です。