ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》考察 ―使いこなすにはもう一工夫【デュエルマスターズ】

 2ブロック。だめもとでビートジョッキーも良いのかもしれないですね。ポフルです。

 

卍やミクセル等、やや向かい風が吹き始めたビートジョッキーですが、新規カードとしてトンデモカードが登場していますね。

 

《勝利龍装 クラッシュ"覇道"》。名前からして嫌な予感のするこのカードを考察していきましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


勝利龍装 クラッシュ"覇道"

火文明 ドラゴンギルド/ビートジョッキー

コスト10 パワー9000+

■B・A・D 2

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーが破壊された時、タップしていたら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。

■バトル中、このクリーチャーのパワーを+5000する。


 

考察

 B・A・D 2持ちとはいえ、10コストと今までのビートジョッキーには無かった超大型クリーチャーです。

悪名高い《勝利宣言 鬼丸「覇」》の化石を身に纏ったドラゴンギルドなだけあって、その特徴であるエクストラターンをしっかり受け継いでいます。

 


勝利宣言 鬼丸「覇」

火文明 ヒューマノイド/レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン

コスト10 パワー9000+

■スピードアタッカー

■パワーアタッカー+5000

■このクリーチャーが攻撃する時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

■T・ブレイカー


 

とはいえ、その条件は自身がタップされている状態で破壊される事と、やや受け身。

B・A・D 2のデメリットとのシナジーは強力ですが、コストの高さが最大の問題になりそうです。

 

 

《"必駆"蛮触礼亞》との相性が良いと、フラゲ時情報解禁時には騒がれていましたね。

 


"必駆"蛮触礼亞

火文明 コスト5 呪文

■B・A・D・S 2(この呪文を、コストを2少なくして唱えてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる)

■ビートジョッキーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうしたら、相手のクリーチャーを1体選ぶ。その2体をバトルさせる。そのターンの終わりに、その出したビートジョッキーを破壊する。


 

事実、覇道を3ターン目に出しつつ相手の厄介なシステムクリーチャーを破壊し、攻撃をすればエクストラターン……と、心強い点が勢ぞろいしていますね。S・トリガーを踏まなければですが。

 

とはいえ、これを3ターン目でやるかどうかは悩みどころ。

3ターン目までマナチャージ以外の事をしないとしても、以下のような欠点が立ちふさがります。

  • 計3枚の手札消費。
  • S・トリガー対策方法が皆無。

手札消費が特に怖いところで、3ターン目までマナチャージ以外の事をしなかった場合、先行なら手札は残り1枚となってしまいます。

そして覇道は破壊されてしまうので、フィールドのクリーチャーが0の状態、手札は1枚の状態でエクストラターンを貰う事になりますが、フィールドにチュチュリスがいない状態で手札が2枚(マナチャージで1枚)のビートジョッキーにやれる事はほとんど無いです。

フィールドにチュチュリスを出している場合?その場合は手札が0でエクストラターンになるので基本マナチャージと攻撃のみになります。

 

相手のクリーチャーを焼きながらエクストラターンを得ることができ、相手よりも先に重いカードを発動できる利点もあるにはあるのですが、

それならエクストラターン抜きにしても《ランド覇車 ガンブルマン》を出すか、火文明スピードアタッカー化の《"罰怒"ブランド》をダチッコ経由で出せば十分じゃね?

と思うわけです。

 

得る事ができたエクストラターンの使い道としては、マナを溜めて《トツゲキ戦車 バクゲットー》を出して手札を増やすくらいしか無いのではないか……なんて思ってしまいますね。

……"龍装"チュリスからドギ剣チェンジしちゃいます?

 

一応、3ターンキルを狙ってきたジョーカーズやドギ剣に対してスパーク呪文で動きを止め、返しのターンに《"必駆"蛮触礼亞》とのコンボで相手のシールドを飛ばしてエクストラターン……という事をすれば使える手札も少しは増えるのですが、それ以外の相手に通用するのかと聞かれると……という感じです。

 

最速3ターンで考える場合はこの辺りの欠点が付きまといますが、最速に拘らないのであれば色々な事が考えられます。

 

そもそも普通に《"必駆"蛮触礼亞》を使うとしても5マナ。

デメリット無し(パワー6000のクリーチャーを破壊してしまうものの)でエクストラターンを得る事ができる《無双と竜騎の伝説》が多色で7コストである事を考えれば、手札消費が2枚と多いとはいえ5マナでエクストラターンが獲得できるというのは十分に脅威です。

 

www.dmasters-pohu.com


無双と竜騎の伝説

火/自然文明 コスト7 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■パワー6000のクリーチャーを全て破壊する。

■このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

■追加ターンにこの呪文を唱えることはできない。


 

5ターン目にもなれば、フィールドにクリーチャーを並べる事に成功していたり手札がそれなりに溜まっていたりする筈なので、エクストラターン獲得によるアドバンテージもかなり大きくなってくるでしょう。前のターンに《"乱振"舞神 G・W・D》や《バング"BNG"ボンゴ》、リスクは高いですが《ラウド"NYZ"ノイジー》等で手札補充は可能なので、割と現実的な所でしょうか。

最速の考えはおまけ程度として考えて、5ターン目に使う事を考えた方が何かしら活躍できそうな気がしますね。

 

《"必駆"蛮触礼亞》を使わずとも、《ダチッコ・チュリス》とB・A・Dの併用で7マナでの召喚が、チュチュリスも存在していれば6マナ以下での召喚も視野に入ります。さらにダチッコ+覇道で2体の召喚に成功している為、もう1マナ余っていれば《"罰怒"ブランド》の召喚も可能になります。そこまでの手札があるのかどうかという問題は付きまといますが、ターン終了時に《"罰怒"ブランド》のマスターB・A・Dの効果で覇道を破壊してやれば、ブランドという「火文明にスピードアタッカーを付与するシステムクリーチャー」を維持した状態でエクストラターンに入る事が可能です。

 

とはいえマナが大量に必要になるので、基本的にはロマンどまりですかね。

 

《ドラグシュート・チャージャー》で踏み倒した後、自身を破壊してエクストラターンというのも面白いです。

 

www.dmasters-pohu.com

 


ドラグシュート・チャージャー

火/自然文明 コスト7 呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードはタップして置く。

■自分の山札の上から5枚を表向きにし、その中からドラゴンを1体、バトルゾーンに出す。その後、自分の山札をシャッフルする。そのドラゴンに「スピードアタッカー」を与え、このターンの終わりに破壊する。

■チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)


 

 

《ドラグシュート・チャージャー》を入れている時点でそのデッキ内容は大型のドラゴンでひしめき合っている筈です。そのため、チャージャーである事でエクストラターン獲得時に使えるカードを増やしつつエクストラターンを得る事ができるという点はうれしい所です。

もしも手札に余裕があるのであれば、エクストラターンでコスト9まで狙う事ができるので、《偽りの王 ヴィルヘルム》を召喚してみたり、もう一度覇道を出してみたり。

 

 そもそもビッグマナ系のデッキであれば、8コストで相手のシールドを割りつつエクストラターン獲得というスペックになりますね。

《無双と竜騎の伝説》がライバルとして挙げられますが、この子自身がドラゴンであるために準赤単構築では必須級の《メンデルスゾーン》でマナブースト補助ができるという点で差別化はできています。

 

一応、B・A・Dを使わずに10コストの間接的な破壊耐性持ちファッティとして使えなくもないですが、10コストの火文明クリーチャーには出すだけでゲームエンド級のクリーチャーがひしめきあっているので、基本的には自壊前提で動かしたい所です。

 

なんとなく、最速よりも少し遅めのタイミングで使った方がリターンが大きいような気がします。

3ターン目にエクストラターンというのも脅威ではあるのですが、しっかりと工夫してデッキを構築してあげなければ活躍は難しいでしょう。そういう意味ではSRに相応しいスペックだと言えそうなカードですね。

 

まとめ

 かなり派手なカードですが、使いこなすには一工夫必要になりそうなカードですね。

 

これと《"必駆"蛮触礼亞》を入れた速攻デッキが2カ月間環境で活躍するようなら、私女装してCS出場してここにレポしてやるよ!!!

って思う位にはあれですね。《"必駆"蛮触礼亞》高騰の兆しに待ったをかけたかったりしています。

 

とはいえ性能そのものはかなり心強いものになっているので、当たった場合は色々使い方を考えてみるのも面白いと思いますね。

 

 

以上。……流行らないでね?ポフルでした。