ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《空間の守護者ジル・ハイク》考察―サイクル中で一番ヤバさを感じる【デュエルマスターズ】

実は裏で細々とシャングリラデッキを使い、「破壊による救済を始めましょう」なんてやっている救済おじさんことポフルです。

 

新規ガーディアン!!

昔からデュエマをやっている方にとっては心躍るワードの筈です。

ガーディアン自体は新章第一弾の時にラ・ウラ・テラという新規が出てきていましたが、それでもやはり、ガーディアン好きとしてはうれしいものですよ。

 

 

というわけで、まさかのコスト8サポートサイクルの光文明担当となった《空間の守護者ジル・ハイク》の実力を確認していきましょう。

 

言葉的な意味でもパラメーター的な意味でも、《時空の守護者ジル・ワーカ》が元ネタなのは間違いなさそうです。

 

 

カード情報

 

空間の守護者ジル・ハイク

光文明 ガーディアン

コスト3 パワー2500

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手のクリーチャーをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。

 

 

考察

正直、光のこのサイクルは全タップかブロッカーの踏み倒しが関の山だと思っていたんです。

全フリーズは想定外過ぎた。

 

一応コスト3でタップさせる能力もありますが、こちらは基本的に「あって困る事も無い」くらいの感覚で良いでしょう。

 

このサイクルの中でも種族の優秀さは《仁王の超人》と並んで大きいと言えそうです。

  • エピソード2にて登場したコスト軽減持ちコスト8クリーチャーサイクルに、ジル・ハイクと同種族の《優位の守護者 サメンビー》が存在する。
  • 超大型であるゼニスが3種類存在する。
  • 《閃光の守護者 ホーリー》と同種族。
  • 墓地のクリーチャーによってコスト軽減されるドクロンビーが存在する。
  • 《真実の名ワクワク・チャップルン》専用のアタック・チャンス呪文《守護秘伝ウィング・スパーク》がコスト8。
  • 同じく《「無情」の極 シャングリラ》専用アタック・チャンス呪文《無情秘伝LOVE&HATE》がコスト9

 

特にサメンビーやホーリーとの相性は良いですね。

 


優位の守護者 サメンビー

光文明 ガーディアン/エイリアン

コスト8 パワー6000 

■ブロッカー

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■自分のマナゾーンにあるクリーチャー1体につき、このクリーチャーを召喚するコストは1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。



閃光の守護者ホーリー

光文明 ガーディアン

コスト9 パワー3500

■S・トリガー

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

サメンビーは「毎ターンクリーチャーをマナに置くことができれば」という前提こそつきますが、4ターン目に4マナで出せるコスト8のクリーチャーなので、ジル・ハイクから綺麗につながります。

そしてホーリーは効果こそハイクと被りますが、相手ターンでトリガーした時の破壊力が跳ね上がります。フリーズなので、そのターンの攻撃+次のターンの攻撃まで止める事が可能です。

(2018/04/04追記)……と思いましたが、相手ターンのトリガーではだめですね!!!

……ほら、《守護聖天タース・ケルケルヨ》で射出しましょう。それで解決……召喚のみやん。

ホーリーの事は忘れてくださいね?♡

 

 

ビッグマナ系の構築にしてあれば、《「無情」の極 シャングリラ》とその専用サポート《無情秘伝 LOVE&HATE》の存在もうれしい所です。

 

 


「無情」の極 シャングリラ

無色 ガーディアン/ゼニス

コスト11 パワー17000

■超無限進化Ω―ガーディアンを1体以上、自分の墓地、マナゾーンまたはバトルゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。

■メテオバーン―このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び、墓地に置いても良い。そうした場合、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそのクリーチャーを自身の山札に加えてシャッフルする。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがタップされている時、相手のクリーチャーは攻撃できない。

■エターナルΩ



無情秘伝 LOVE&HATE

無色 コスト9 呪文 

■アタック・チャンスー《無情の極シャングリラ》(自分の《「無情」の極シャングリラ》が攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい)

■クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

■バトルゾーンに自分のゼニスがあれば、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそのクリーチャーを自身の山札に加えてシャッフルする。


 

相手クリーチャーの攻撃を止めるという使い方はシャングリラと被りますが、メテオバーンによる除去をシールドに攻撃することなく発動する事ができ、相手のクリーチャーを計2体除去でき、さらにシャングリラの効果でスピードアタッカー等の召喚酔いしないタイプのクリーチャーも止める事ができますね。

除去されてもフリーズしている相手クリーチャーは攻撃できず、エターナルΩによって次のターンも出てくる、そして相手クリーチャーをまたフリーズさせに来る……と、面白いシナジーを構築していますね。

 

この子を主体に新しいタイプのガーディアンデッキを開発したくなる。そんな魅力を持った嬉しいクリーチャーですね。

 

ガーディアンから視線をそらしてみる

因みにガーディアンという点を外して考える場合、

  • 《四極キジトロン》や《二極シヴァイーヌ》
  • 《D2J ジェルヴィス》
  • 《DG~ヒトノ造リシモノ~》による大型メタリカのトリガー化

あたりが候補でしょうか。

 

当然相手のコスト8以上のカード使用にも対応してくれるので、かなり心強いです。

卍デ・スザーク卍に対して使えば、「タップキルするつもりが逆にタップキルされていた」という状況を作り出す事も可能です。その辺りは《仁王の超人》の方が向いている気がしますが。

スパイナー等のS・トリガークリーチャーをトリガーされた時でも、フリーズ能力によって逆転の芽をある程度潰してくれることも利点でしょう。

 

 

総じて、このサイクルらしい優秀なクリーチャーだと言えそうですね。

 

まとめ

ガーディアン好きにはうれしい8コストサポートサイクルです。

 

ガーディアンでなくとも色々な使い道が存在しているので、何か面白い使い方を模索していきたい所ですね。

 

 

以上。……救済おじさんは感情を無駄なものと認識しているので喜んではいけない……ポフルでした。