ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《リーリィ・ペロル》考察―サイクル中一番不遇な匂いがする【デュエルマスターズ】

せっかくなので、コスト8以上サイクルの考察でも。ポフルです。

 

昨日が《空間の守護者ジル・ハイク》だったので、今回は火文明担当の《リーリィ・ペロル》を考察……これマジか。

扱い方考えるの難しすぎて投げ出したくなりますよほんと……。

 

 

 

カード考察

 


リーリィ・ペロル

火文明 ファイアー・バード

コスト3 パワー2000+

■このクリーチャーが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

■自分のターン中に、コスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、そのターン、このクリーチャーのパワーを+6000し、W・ブレイカーを与える。


 

考察

なんというか、題名通り。

この子が活躍する未来が見えない……。

 

攻撃時の強制バトル効果、そして自ターンのコスト8以上のクリーチャーの召喚及び呪文に反応して自身のパンプアップと打点補強を行うという、火文明らしいと言えばらしいスペックになっています。

 

火文明は他の文明と比べてコスト軽減を持つクリーチャーが多めです。

それこそファイアー・バードには《コッコ・ルピア》というドラゴン専用のコスト軽減カードがあったり、ビートジョッキーにはB・A・Dというコスト軽減能力があったり。

そのために能力を控えめにしたのかもしれませんが、6000のパンプアップとW・ブレイカー付与。それも自身のみってのは淡泊すぎやしませぬか……?

毎ターン割り振り火力とか全体火力するようなカードだったら、さすがに一部デッキのみ絶対焼き尽くすマンになっていたので良くも悪くもこれで良かったのですかね。

 

コスト8以上のカードに反応する能力と自身の強制バトルとはある程度シナジーを形成しており、仮に3ターン目にこの子を召喚した後、次のターンにコスト8のカードを使う事ができれば、攻撃時に8000以下のクリーチャーを燃やしながらシールドを2枚狙いに行く事が可能です。

《"乱振"舞神 G・W・D》が実質5000火力だという点を考えれば、なかなかのもの……ですが、ペロルにはスピードアタッカーもドロー能力も無し。あちらが優秀過ぎたと言えばそれまでですが。

 


"乱振"舞神 G・W・D

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー5000

■B・A・D2

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

■このクリーチャーは可能なら毎ターン相手プレイヤーを攻撃する。

■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。


 

コスト3でW・ブレイカーになれる点も、最近のインフレを見れば「だからどうした」程度。

進化クリーチャーとはいえ《ランド覇車 ガンブルマン》が存在していたり、革命チェンジで実質的にT・ブレイカーの《"龍装"チュリス》の事を考えると、何かしらもう一声欲しい所です。

 

そして通常時のパワーは2000。通常時に強制バトルで刺さる相手というのはかなり少ないでしょう。

 

どうしても扱うのであれば、ファイアー・バードである事を活かす事は絶対条件かと思います。この子がいる状態で《超竜Bクリムゾン》を召喚できれば、S・トリガー限定の焼却能力とパワー8000での強制バトルというなかなか馬鹿にできないクリーチャーが誕生します。

 


超竜Bクリムゾン

火文明 アーマード・ドラゴン

コスト8 パワー9000

■デッキ進化―自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードがクリーチャーであれば、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。そのカードがクリーチャー以外であれば、このクリーチャーを自分の手札に戻す。

■自分のファイアー・バードがシールドをブレイクする時、そのシールドを見る。そのシールドに「S・トリガー」が付いていれば、相手の手札に加えるかわりに墓地に置く。「S・トリガー」が付いていない場合、相手はそれを手札に加える。

■W・ブレイカー


 

W・ブレイカーと強制バトルを同時に行うファイアー・バードはこの子のみ。(軽く検索かけただけなのでもしかしたら間違っているかもしれませんが)さらにコスト3でW・ブレイカーを付与できるクリーチャーは、ファイアー・バードデッキでは条件がやや厳しい《ニジイロ・マスカラッチ》のみ。

 

能力を安定して起動さえできればそれなりに心強い能力ではあるので、何かしら考えて使いたい所です。

 

因みに、この子も例によって相手のS・トリガーに反応しますが、相手の高コストS・トリガーの抑止力になるかどうかはお察し。

うーん。

 

 

蛇足ですが、私の近所に《太陽王ソウル・フェニックス》が大量に売られていたんです。

 


太陽王ソウル・フェニックス

火/自然文明 フェニックス

コスト4 パワー13000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■進化V—自分のファイアー・バード1体とアース・ドラゴン1体を重ねた上に置く。

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、一番上のカードだけがバトルゾーンから離れる。(下の2枚は別々のクリーチャーとなる)


 

彼女がデス・フェニックスを使いこなしているのを見て、私もなにかフェニックスを扱いたいと思い、ソウル・フェニックスでも使おうかと思っていたので、ソウル・フェニックスに採用できそうなアース・ドラゴンでリーリィ・ペロルと相性が良さそうな子を探してみたのです。

  • 《緑神龍アーク・デラセルナ》……ソウル・フェニックスにおけるハンデス対策として及第点。ただしペロルと相性が良いわけでは無い。
  • 《剛撃無双カンクロウ》……条件がかなり相手依存とはいえ、リベンジ・チャンスによる踏み倒しは召喚扱い。しかし発動タイミングが各ターンの終わり。おしり。

 

世知辛い世の中じゃ……。素直にニジイロ使います。

 

まとめ

おそらく今回のコスト8以上サポートの中で一番不遇な子です。

扱うのであれば、そこは茨……いえ、灼熱地獄の世界。

知恵と知識、そしてこの子への愛をフル活用しての活用が求められるでしょう。

 

以上。いつか彼女とフェニックス対戦したい。ポフルでした。