ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《暴君 アーザラン/コザラン攪乱大混乱》考察―嬉しい能力がいっぱい【デュエルマスターズ】

ムートピアって、別に世間で言われているほど悪くないと個人的には思っているポフルです。

オニカマスとかが飛びぬけて強い点が、相対的にムートピアを弱く見せているのでは……?

 

さて、今回はそんなムートピアのツインパクトカード《暴君 アーザラン/コザラン攪乱大混乱》の考察をしましょう。

 

 

 

カード情報

 


暴君 アーザラン

水文明 ムートピア

コスト4 パワー3000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。その後、自分の手札を1枚捨てる。


コザラン攪乱大混乱

水文明 コスト1 呪文

■相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックも出来ない。


 

考察

 ムートピアのツインパクトカードです。

その巨体に似合わぬ汎用性がウリのカードですね。

 

クリーチャーとして

出た時に《エマージェンシー・タイフーン》を放つクリーチャーですね。

出した時の手札消費を即座に回復する上に手札を安定させる事も出来る、便利なクリーチャーです。

 

それでいてパワーも3000と、コストを考えれば及第点の数値。ツインパクトである事を考えるとなかなか優秀な部類のクリーチャーになりますね。

コスト4と、このタイプのカードにしては少し重さが気になる所ですが、《一番隊 ザエッサ》から繋がる所はうれしい所です。

 

呪文として

シンプルにクリーチャーを1体行動不可能にする能力です。

クリーチャー面と選択できる事を考えれば、ここまで地味な能力でもなかなかうれしい所。コスト1というのもうれしい点で、展開時の余ったマナを使って相手クリーチャー1体を停止できます。

 

ツインパクトとして

とにかくどちらの効果も地味&地味。とはいえこの効果を使い分ける事ができるというのは明確な利点です。

 

特に《龍装艦 スペルエビート》との相性は抜群ですね。

 


龍装艦 スペルエビート

水文明 ドラゴンギルド/ムートピア

コスト5 パワー5000

■ブロッカー

■このクリーチャーまたは自分の他のムートピアがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から一枚目を墓地に置く。その後、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。


 

クリーチャー面を使えばエビートの呪文回収を起動できるので、アーザランの効果で呪文を落として即座に回収という事も可能です。

出せば手札が1枚増えるという状況は、《龍装者 バーナイン》存在化で《緑知銀 フェイウォン》を出すかのような使用感ですね。全体的にあちらよりも重いですが、手札に加えるカードの質では勝ります。水文明らしいですね。

 

そして《龍装艦 スペルエビート》の効果でこの子を回収できるので、回収した後に上のような恩恵を狙うのか、それとも相手のクリーチャーを1体停止させるのかを選ぶ事ができます。

コスト1というのは前述の通り嬉しい点ですね。

 

クリーチャーとしても呪文としても、とにかく扱いやすさが目立つクリーチャーだと言えますね。

そのポテンシャルを最大限に活かしたいのであれば、コントロール気味のムートピアで扱うべきでしょうか。

 

まとめ

とにかく地味に見えるこの子ですが、ツインパクトカードの良い所が詰まったカードだと言えそうです。

全場面で腐り辛いその効果は、特にムートピアで活躍させてあげたいところですね。

 

 

以上。ムートピア良いよね……ポフルでした。