ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《超運命 アミダナスカ》考察―センスの塊。(追記あり)【デュエルマスターズ】

 センスが欲しい。ポフルです。

 

 このブログを書いてるときでも、「もう少しセンスのある言い回しとかできないかな」とか考えてはいるのですが、むずかしいんですよね。

 

 ということで今回は、双極編第1弾にて登場した、《超運命 アミダナスカ》を考察していきましょう。

 

 

 

カード情報

 


超運命 アミダナスカ

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト6 パワー7500

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、自分の山札から1枚目を見る。それが自分のシールドの数以下のコストを持つ光の呪文またはメタリカなら、コストを支払わずに使ってもよい。


 

 

考察

めちゃカッコいいしめちゃ良い名前。

これを考えてくれた坂口晄人さんに最大限の感謝を……。

 

光文明を毛嫌いする彼女ですら、この子には好意的な眼差しでした。

 

さて、スペックとしてはシールド追加と、シールドゾーンにカードが置かれた時に反応する踏み倒し効果ですね。踏み倒し対象がメタリカ又は呪文なので、デッキの中身をメタリカか呪文である程度固める必要は出てきますね。自身がシールド追加能力を持っているため、最低でも一回は踏み倒し能力を使う事ができます。

 

シールドゾーンへのカードの追加は、光文明の十八番。メタリカクリーチャーにもシールドを追加してくれるカードは多く、これからのメタリカの主力になり得るクリーチャーという印象です。

 

シールドが追加された時ではなく、シールドゾーンにカードが追加された時なので、裁きの紋章やドラゴン・W・ブレイカーにもしっかりと対応しています。DG軸でもそこそこ活躍できそうな能力になっていますね。

 

このアミダナスカの効果を能動的に起動できるメタリカの中でも、特に相性が良いのは以下の通りです。

  • 手札全てをシールドに置く《オヴ・シディア》
  • 相手のターンにシールドを2枚追加する《オヴ・シディアDG》
  • 攻撃時に2枚のカードをシールドに追加する《煌龍 サッヴァーク》
  • 出た時にシールドカードを2枚追加する《サッヴァーク ~正義ノ裁キ~》
  • 攻撃時にシールドを追加。NEOクリーチャーなので即座に効果を起動できる《気高き魂 不動》
  • 出た時にシールドを追加する《奇石 クローツ》
  • 出た時にシールドを追加するクリーチャーとしては最軽量《セツナノ裁徒》
  • 出た時にシールドを追加し、シールドカードが追加されればタップする《戦の傾き 護法》
  • 状況によってシールドを大量追加する《赤攻銀 アサラーム》

 

特に《気高き魂 不動》や《煌龍 サッヴァーク》はアミダナスカの効果で大量展開したクリーチャーを守るためにも扱えるため、積極的に併用していきたい所です。

《オヴ・シディア》に関しては、コストの重さと攻撃時というタイミングのおかげで扱いにくく感じやすいですが、《ノヴァルティ・アメイズ》と共に採用する事で後述の弱点を何とかできる可能性があるので、決してロマンとも言えない心強さがあります。

 

また、裁きの紋章には、

  • 2回アミダナスカの効果を起動しながら、踏み倒しの範囲を広げる《命翼ノ裁キ》
  • アミダナスカにアンタッチャブルと戦闘破壊耐性を与える《暴輪ノ裁キ》
  • アミダナスカに破壊耐性を与える《不滅ノ裁キ》
  • アミダナスカの効果起動のために増やしたシールドを有効活用する、終盤向けの《巡ル運命ノ裁キ》
  • 単純に強力だったり便利だったりの《断罪スル雷面ノ裁キ》《剣参ノ裁キ》《隻眼ノ裁キ》

がありますね。

《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》は無色呪文なので、残念ながらアミダナスカ踏み倒しの対象外です。踏み倒しのトリガーには使えますが。

ただし、アミダナスカの効果で呪文を唱える時は山札から唱えた扱いになるので、呪文を連鎖という事はできません。唯一《命翼ノ裁キ》のみが連鎖的に効果を発動できる事になりますね。

 

裁きの紋章以外にも、

  • メタリカ専用の踏み倒し呪文で、ラビリンスという条件がアミダナスカの条件とそれなりに一致する《ジャスティ・ルミナリエ》
  • 相手ターンにトリガーしても良しのシンプルなシールド追加《フェザン・ルーラー》
  • 緩い条件でコストを踏み倒す事ができる上にメタリカクリーチャーと相性の良い《シンクロ・シールド》
  • 自身のS・トリガークリーチャーを再利用する事にも扱える汎用性の高さがウリ《スーパー・エターナル・スパーク》
  • 手札を減らさずシールド追加をする《ルクショップ・チェサイズ》

 

 等、相性の良いカードはかなり多いです。

 

 

一見強力に見えるこの効果ですが、シールドの数に依存するというのはやや扱いにくい点です。

相手がループデッキやコントロールデッキのようなシールドに触らないデッキであれば扱いやすいのですが、それ以外のビートダウンデッキではうまく踏み倒しができない事も多いでしょう。序盤からシールドを維持できる構築にしたい所ですが、そうすると今度はアミダナスカの踏み倒しで使えるクリーチャーや呪文に派手なものがいなくなってしまいます。

 

一応、メタリカの小型クリーチャーはどれも優秀なものが揃っているので、大型を踏み倒す事を考えるよりかは展開の補助として扱いたい所でしょうか。

 

相性の良いカードを2ブロック構築前提で考えましたが、通常構築でも

  • 現在のシールドの枚数と同じ回数の踏み倒しを狙う事が可能な《ヴァリアブル・ポーカー》
  • 優秀なS・トリガー《スローリー・チェーン》

と言った面白いカードがそろっているので、色々と考えてみたい所ではありますね。

 

 

もう少しテキストを確認。

シンプルに見えてやや難しいテキストになっているので、ここで再確認。

 

「そのカードを使う

デュエル・マスターズにおける「使う」の定義としては以下の通りです。

  • クリーチャーを召喚する。
  • 呪文を唱える。
  • クロスギアをジェネレートする。
  • 城を要塞化する。
  • フィールドを展開する。

 

つまり、アミダナスカで踏み倒したクリーチャーは召喚扱いになるという事です。

何が言いたいのかと言うと《異端流しオニカマス》に引っかからず、《洗脳センノー》存在化でも踏み倒しができるという事です。

最近のカードは露骨にオニカマスを避けてますね。

 

無色メタリカは踏み倒せるのか。

「光の呪文」か「メタリカ」を踏み倒す効果なので、何も問題はありません。無色メタリカも踏み倒せます。

この辺りは、このカードと同じパック収録のコスト8以上サポートサイクルも参考にしていただければと。

 

 

追記:ツインパクトがめくれた時の挙動。

個人的にこのテキスト。

ツインパクトがめくれた際、呪文とクリーチャーの内どちらかが条件を満たせば、条件を満たしていない側も使用できるのではないか?と思い、2018/04/09一度事務所に確認してみました。

 

質問内容…….シールド5枚の時に《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》をめくった際、龍装の悟り天命を召喚することは可能ですか。

回答……暫定回答とさせていただきますが、不可能です。

 

 

 

との事です。

暫定ではありますが、しかしまぁ妥当ですかね。

今後正式な回答があれば追記します。

 

まとめ

メタリカのサポートとして、かなりユニークなクリーチャーですね。

その独自の踏み倒しシステムを使いこなす事ができれば、メタリカにとってはかなり嬉しい効果となってくれるでしょう。

 

以上。まだまだこの先記事書くのを続けて行くしかないですね。ポフルです。

これからも当ブログをよろしくお願いします。