ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ナ・ハナキ・リー》考察―自然文明の特性とはマッチしているマッハファイター【デュエルマスターズ】

昨日、間違えて2記事更新してしまった。ポフルです。

いや、特に不都合はないのですが。

 

ひとまず今日こそは1記事更新です。

ちょっとタイミングを逃していた《ナ・ハナキ・リー》の考察をしたいと思います。

 

 

 

カード情報

 


ナ・ハナキ・リー

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンにでたターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃した時、攻撃の後、このクリーチャーをマナゾーンに置く。


 

 

考察

6マナ12000のマッハファイターと、コストパフォーマンスはかなりの物ですが、攻撃後にマナゾーンに送られるデメリットを抱えています。マッハファイターの特性を考えると、T・ブレイカーという点はおまけ程度の物ですね。

 

マッハファイターの有用性は正直説明の必要も無さそうなので割愛。

 

同じくマッハファイターを持つコスト6のクリーチャーとして《トテントンタン》が、そして1コスト下には同じパワー12000の《龍装車 トメイテオ》が存在していますが、以下の点から差別化が可能です。

  • トテントンタンと比べてパワーが高い。(パワー12000以上のサポートが受けられる点は自然文明としてはかなりのメリット)
  • トメイテオと比べると、一応相手プレイヤーに攻撃できる点で優っている。

 

 

www.dmasters-pohu.com

www.dmasters-pohu.com

 

マナに送られる効果は一見デメリットに見えますが、次のターンにコスト8に届かせる事ができる点は無視できない利点でしょう。

特に、マナからこの子を引き出す事ができる《グレート・グラスパー》や《リ・ハナッキ・パンツァー》との相性は良好です。

後者は特に、進化元を必要とせずに殴りに行く事が可能な点で相性が良いですね。同じデッキに入っている事や、名前、イラストから確実にデザイナーズコンボでしょう。

 

《トテントンタン》と並んで有用なクリーチャーである事には間違いないのですが、問題点として《コレンココ・タンク》が同コスト帯に存在する点でしょう。

 


コレンココ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー12000

■ガードマン

■このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない。

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から、パワー12000以上のクリーチャーを好きな数、自分の手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。


 

 

6マナ溜まっている状態からさらにマナを伸ばしたいのであれば、出すだけで10コスト帯に到達させる事ができる《コレンココ・タンク》の方が基本的には有用です。

コレンココよりも優先させたい場合、「相手のクリーチャーに干渉しながらマナブーストができる」という点を意識したい所です。相手フィールド上のシステムクリーチャーを除去しながらマナブーストができる点は、《コレンココ・タンク》には無い利点です。

 

コスト8のまでカードにアクセスできればそれ以上マナを伸ばす必要が無いというデッキの場合は、相手のクリーチャーの除去を優先したいのか、それともクリーチャーの回収による安定性を優先したいのか。そのデッキや自分のプレイングによっては解答が変わってくる事でしょう。

……多分、この辺の話は《トテントンタン》を採用するか否かという点でも考えるべき点でしょうね。

 

少なくとも《ナ・ハナキ・リー》については、マナに戻るという特性をうまく利用する必要がありそうですね。

 

まとめ

マナからの展開を可能とする自然文明の特性、パワー12000という大きさ。そしてマッハファイターという、自然文明の新旧特性が上手く融合したなかなか味わい深いクリーチャーです。

スタートデッキに相応しいようなクリーチャーですが、採用には一工夫必要かもしれませんね。

 

以上。……デッキ作りって大変。ポフルでした。