ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《イカリノ裁徒》考察―意外に使えそう……?【デュエルマスターズ】

アミダナスカメタリカがすごく気になっているポフルです。金銭的に余裕が出たら使ってみよう。

 

さて、メタリカ……のなかでもサッヴァーク側のメタリカであるサバキスト。

そのサバキストの新規も双極編にて収録されています。

 

《イカリノ裁徒》。考察していきましょう。

 

2018/04/12 修正してあります。コメントくださった方(非公開でも構いませんとの事でしたので非公開にしていますが……)ありがとうございます。

 

 

 

カード情報

 

イカリノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト3 パワー3500

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。そのクリーチャーは次のターンのはじめにアンタップしない。

 

考察

シールドゾーンにカードが置かれるたびに、相手のクリーチャー1体をフリーズするシステムクリーチャーです。

 

サバキストらしく、シールドゾーンに自身を追加する裁きの紋章との相性が良いです。というか《超運命 アミダナスカ》といい、最近のメタリカはシールドゾーンに関する効果が多いですね。

 

このクリーチャーに関して特筆したい点として、システムクリーチャーにしてはコスト3にしてパワーが3500という、やけに高いコストパフォーマンスを持つクリーチャーになっている点ですね。

《絶対の畏れ 防鎧》もそうですが、最近のシステムクリーチャーは総じてパワーが高めの傾向がありますね。それだけ早期の除去やゲームスピードの速さがすさまじいという事でしょうか。

 

このカードと相性の良いシールド追加カードおよび裁きの紋章に、コスト4が多い点も中々嬉しい所です。

具体的には以下の3枚が該当しますね。

  • 防御において優秀な《奇石クローツ》
  • S・トリガー持ちの紋章《隻眼ノ裁キ》
  • シールド追加の《命翼ノ裁キ》

 

また、4コストとなれば、《戦慄のプレリュード》から《サッヴァークDG》が着地するタイミングです。

ターン終わりの紋章で相手クリーチャーを確実に1体フリーズしてくれますね。基本的には《断罪スル雷面ノ裁キ》で十分ですが、相手が大量展開するデッキだった場合にはこの子で1体余分に行動不可能にできる点が嬉しい所です。

 

また、《暴輪ノ裁キ》でアンタッチャブルと無敵状態を付与して、自身をゴリゴリにして殴っていく事も考えられますし、ミラーマッチでは相手の雷面やサッヴァークの降臨を躊躇わせる役割を持つ事も可能です。相手がサッヴァークを降臨させれば疑似タップイン。しかもフリーズと凶悪極まりないですね。

 

その他、紋章と相性が良い《DG~ヒトノ造リシモノ~》や《巡ル運命ノ裁キ》とも併用してみたい所です。

 

その淡泊な見た目に反して、なかなか味のあるクリーチャーだと言えそうですね。

 

欠点

欠点としては、後半になると《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》によって用済みになってしまう点でしょうか。

序盤だけなら《奇石アムベル》という定番のフリーズクリーチャーがいるので、この子は中盤の動きを気にする場合のクリーチャーになりそうですね。

 

まとめ

 《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》で相手のクリーチャーを支配していた私としては、この《イカリノ裁徒》の存在はものすごく気になる所だったりしています。

 

現環境ではGWD等のシステムクリーチャーへの対策が多くなっているためにやや飾辺りが強いですが、それでも何かしら使える所を見つけてあげたい所です。

 

 

以上。久々にタップキルメインのデッキを作りたいポフルでした。

……それ卍で良くね?