ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ガツン戦輪 ゲドライド》考察―悪くないと思いますが……【デュエル・マスターズ】

色々疲れたので、しばらくチンパンジーになりたい。ポフルです。

 

という事で今回は私がチンパンジーになれるよう、《ガツン戦輪 ゲドライド》の考察をしましょうか。

 

新章第4弾裁にて収録された、ビートジョッキーのスーパー・S・トリガーになりますね。

 

 

カード考察

 


ガツン戦車 ゲドライド

火文明 ビートジョッキー

コスト2 パワー1000

■スーパー・S・トリガー

 S-このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー5000以下のクリーチャーをすべて破壊する。


 

 

考察

初となる、スーパーボーナスのみのスーパー・S・トリガー獣になりますね。

その能力は5000の全体火力と、なかなか馬鹿にできないものです。

 

スーパーボーナスのみという事で防御面にはかなり不安が残りますが、手札に来てもコスト2という軽さから打点の形成に役に立つ事、不用意に攻撃してきた相手の計算を狂わせるという、S・トリガー獣における最低限の利点を確保できている事は評価点です。とにかくシンプルに扱いやすい軽量クリーチャーだと言えそうです。

 

火文明ビートジョッキ―という点もうれしく、《"罰怒"ブランド》の召喚コストを軽減するサポートとしても扱えますし、《ランド覇車 ガンブルマン》の進化元としてあらかじめ展開しておく事も考えられます。《一番隊 チュチュリス》の恩恵を受ける事ができる点もうれしい所です。

特にガンブルマンにとっては、フィールドのクリーチャーが0の状態からでも相手の不用意な攻撃によってこの子がトリガーし、返しのターンにそのまま進化という流れを作り出す事が可能になっています。

 

最近では、シールドを一度にブレイクする事によるワンショットキルを狙うジョーカーズへの対策カードとしての扱いも出来るでしょう。

《SMAPON》の方が確実な防御札として扱えますが、こちらは上記の軽量クリーチャーである事の利点を得つつ、SMAPONでは処理できない《チョコっとハウス》や《ガヨウ神》を処理する事ができますね。

ただ、上記のように軽量クリーチャーである事を活かせなければ、《ジョット・ガン・ジョラゴンjoe》の攻撃を防ぐ事ができる上に、最近増えた《ジョット・ガン・ジョラゴン》軸のジョーカーズにもある程度対応できる《SMAPON》の方が優秀です。

 

受けに特化した《SMAPON》、よくも悪くも受け攻め両方の《ガツン戦輪 ゲドライド》。前者はなんでもできるジョーカーズ、後者は攻め一辺倒のビートジョッキー。

……あれ、本来逆じゃね?ジョーカーズ火文明だけど、B・A・DとJ・O・Eの特徴とか踏まえれば逆じゃね?

どちらを扱うのか、デッキの中身や環境との相談になりそうですね。

 

欠点

SMAPONと比べた時以上の欠点として、スーパーボーナスという不安定な効果以外無いという尖った性能でしょう。こういうところがビートジョッキーなのか

 

この子でトリガー枠を増やすよりも《エナジー・チュリス》や《アッポー・チュリス》を採用してより前のめりな構築にした方が結果的に強いデッキに仕上がる事も考えられます。

 

尖った性能故に、思考停止で扱う事だけは避けたい所ですね。

 

まとめ

スーパーボーナスだけと言う尖った性能です。故に敬遠されがちなカードではあります。

ただし、軽量クリーチャー故に決して使えないカードというわけでもなく、環境によっては速攻デッキにおける新たな選択肢としての採用ができるようになるかもしれませんね。

 

 

以上。とりあえずビートジョッキー。ポフルでした。