ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《炎槍と水剣の裁》とその類似カード、今の環境そこそこ良いんでないかい?疑惑の話【デュエルマスターズ】

最近、生活リズムとかが色々崩れ始めているので、ここらでちょっと気を抜いて記事書きたいと思います。ポフルです。

 

今回、クラウンオーケストラを久しぶりに触っていた時に考えた事です。

《炎槍と水剣の裁》とその類似カードって、割と良いんじゃない?って話です。

 

カード情報

 


炎槍と水剣の裁

水/火文明 コスト6 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■パワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、破壊したクリーチャー1体につき1枚カードを引いてもよい。 


 


演奏と真剣のLIVE

水/火文明 コスト6 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、こうして破壊したクリーチャー1体につき1枚、カードを引いてもよい。


 


炎乱と水幻の裁

水/火文明 コスト8 呪文

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■S・トリガー

■相手のパワー3000以下のクリーチャーをすべて破壊する。その後、そうして破壊したクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。


 

 

考察

それぞれを簡単に説明すると、「お互いのパワー3000以下破壊し、破壊した数分のドローができる」「相手のパワー3000以下をすべて破壊し、破壊した分のドローができる」「後者にS・トリガーがついた代わりに2コスト増えた」

というカードになりますね。

 

いきなりどうしてこのカードを挙げたのかと言えば、もうお分かりだと思いますがジョーカーズの存在です。

 

小型クリーチャーをドンドン並べて一気に攻めるというコンセプトのデッキで、その展開速度のすさまじさもあって今や数ある強豪デッキ相手にも負けない力を持ったデッキです。

これまで見向きもされていなかった《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》や《キラードン》がジョーカーズ対策として見直された事も考えれば、その影響力やすさまじいと言える所です。

 

……で、何故その対策に炎槍水剣関連を挙げたのかと言えば、ジョーカーズがパワー3000以下のクリーチャーを大量に並べるデッキだからですね。

 

踏み倒しを扱う《洗脳センノー》を焼けない点が惜しい所ですが、それでも《ジョジョジョ・マキシマム》で何もできずに負けるという最悪の展開を先延ばしにする事は可能です。

さらに破壊した枚数分のドローも出来るので、センノーの対策カードを引き込めたり、再展開された時対策の2枚目を引き込む事も可能です。

 

今までは、「大型踏み倒し!攻める!!終了!!!」というデッキが多かったのですが、このジョーカーズといい、最近流行りのドギラゴン剣系統のデッキにおける《異端流しオニカマス》や《熱湯グレンニャ―》、《月光電人オボロカゲロウ》のような小型クリーチャーといい、この火力の対象になるカードはそれなりと言った所です。ハンデスや魔道具でも、1~2体程度の破壊は視野に入るかもしれません。OTKジョーカーズに対しても、準備段階で撃つ事ができれば……と思いますけれど、重さ的に微妙でしょうか。(ジョット・ガン・ジョラゴン採用型……普通のジョーカーズも基本的にワンショットキル狙うタイプなんだから「OTKジョーカーズ」という名付け方で区別するのはどうかと思いますけれど)

 

ただし、コストの高さと、場合によっては全く刺さらないデッキも出てくるという点は気を付けるべきでしょう。

 

コストの高さはマナブーストを行うデッキでなんとか補えれば。刺さらないデッキに対しては、《炎槍と水剣の裁》を採用して自身のクリーチャーを破壊する事に意味を見出すかですね。

カナシミドミノやキラードンが同じコスト6だという事を考えると、工夫次第ではジョーカーズに間に合うのかもしれません。色的には、ハンデス系統に入れるよりも他の形で活用したい所でしょうか。従来のハンデスに赤タッチするよりかはキラードンとかの方が良いのかもですし。

 

刺さらない相手とは具体的にはミラダンテⅫ系統(シリンダ採用型を除く)。ループ系も刺さらない事が多いでしょうか。

 

ただ、赤が入っているという事は《温泉 湯あたり地獄》と対策カードとしての立ち位置が被るという点が気になる所でしょうか。

 

湯あたりは軽い事とセンノーまで焼くことができる事からどんなデッキでも使いやすいですね。マナブーストは必須。多色である事を活かしたりすればいいのでは?

 

以上の事から、「どんなデッキにも入るね!!!」というカードでは決してないのですが、案外馬鹿にできない性能は持っていると思います。さすがは元プレ殿と言えるスペックを引き出せるように、どのデッキに合っているのかは考えたい所ですね。

 

 

……ちなみに、冒頭に書いた通りというか、クラウンオーケストラに投入したところ、序盤のマナブーストがうまくいかずにテスト用ジョーカーズにボコボコにされました。

……もう少し、序盤のブースト要員を増やした方が良いのかもしれませんね……。

 

以上。というわけでクラウンオーケストラまた色々触りながらゆっくりしてます。ポフルでした。