ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

Re.《ドープ"DBL"ボーダー》考察 ―最近やや流行りのこの子をもう一度【デュエルマスターズ】

色々あって、過去の記事を見直したりしているポフルです。

本当にほんの少し、軽くなんですけれど。

 

www.dmasters-pohu.com

今回は、上の記事のリライトといった形の記事になります。

まだこのブログの書き方みたいなものを知らない事の記事なので、やや読みにくい所がありまして。

最近注目されているだけあり、丁度いい機会なのでここらで書き直しするのも良いかなと。

 

 

カード情報

 

ドープ"DBL"ボーダー

火文明 ビートジョッキー

コスト4 パワー4000+

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、アンタップし、そのターン、このクリーチャーのパワーを2倍する。その後、相手のシールドを1枚ブレイクしてもよい。

■このクリーチャーが破壊されるとき、かわりに自分の他のクリーチャーを1体破壊してもよい。

 

考察

前回の記事振り返りとして

基本的に当たり前の事しか書いてないのですが、要約すると以下の通り。

  • 対速攻に有効。スピードアタッカーの能力も含めて相手の盤面を壊滅させる事ができる。
  • アンタップキラーと組み合わせるとさらに強力。
  • さり気にシールドブレイクが任意。決めに行くときとそうでない時の選択が可能。

 

最近での活躍

丁度私が出たCSで優勝したデッキに投入されて以降、じわじわと知名度が上がっている気がしますね。

それ以降、ちょくちょく入賞しているボーダー入りドギ剣のデッキレシピを見ている限りでのボーダーの採用理由として、以下の理由が考えられます。

 

1.S・トリガーとの相性が良い

採用されているトリガーは《閃光の守護者 ホーリー》、そして《Dの牢閣 メメント守神宮》。

この2枚は相手クリーチャー全てをタップする能力があるために、ボーダーの「相手のクリーチャーを全滅させる事ができる」という利点を最大限に活かす事ができます。アンタップキラーを与えるまでもありませんでしたね。

 

それどころか、相手が横にクリーチャーを並べるデッキであれば、《Dの牢閣 メメント守神宮》展開→スイッチ発動後にボーダー1枚からのワンショットキルも考えられます。ただし、壊滅途中に自身のブレイク能力に反応して行動を封じられた場合、シールドブレイクも盤面処理も中途半端に終わってしまうので、相手のデッキタイプを見て決めに行くのかどうかを考える必要はあるでしょう。

その辺りの選択肢がある点は評価できますね。

 

因みに、

バトルに勝つ→アンタップしてパワーを2倍→シールドブレイク

という順番なので、相手のホーリーには攻撃を止められてしまいます。

 

 

2.メメントとの相性が特にいい。

ボーダーのアンタップする能力は、「バトルに勝った時」。

自分から攻撃する必要は皆無で、この子にブロッカーを付与してあげれば疑似的な無限ブロッカーとしての運用も可能という点も考慮されているのではないかと思われます。

後述する破壊耐性のおかげで、大型クリーチャー相手にも一回限りの安全なブロックができる事も評価点かもしれませんね。

 

3.相手のメメント対策に。

ボーダーはバトルに勝った時にアンタップするので、間接的に相手のチャンプブロックを防ぐ事にも繋がります。

すなわち、メメントによってブロッカーを得た小型クリーチャー群を突破して相手を狙いに行く事が可能という事です。

 

このカードの存在があるだけで軽量ブロッカーによる防御でしのがれる展開を防ぐ事に繋がる点は、ビートダウンデッキにとってうれしい所でしょう。

 

4.破壊耐性が地味に強力。

クリーチャー1体を犠牲にして破壊を免れる事ができる能力も、おまけのように見えてなかなか強力です。

特にドギ剣にとっては《勝利のアパッチ・ウララー》を破壊する事によってサイキッククリーチャーの展開を行う事も可能です。

 

破壊による除去を行うタイプのS・トリガーに対して、攻撃済みのクリーチャーを犠牲にすることによって打点をある程度維持する事も可能です。

 

 

改めて個人的な考察を簡単にしてまとめとします。

火文明らしい派手な効果にはなっていますが、上に書いた事を踏まえて考えると、本当に器用な動きができる子だと言えますね。

その辺りは、前記事のタイトル通りと言った所でしょうか。

 

単体では殴り返し要員及びチャンプブロック対策ができるスピードアタッカーと言ったスペックで、悪くはないものの地味。

ホーリー等相手のクリーチャーをタップする能力を持つカードとの相性をうまく利用してみたり、メメントに弱いデッキに入れてみたり、はたまた破壊耐性をうまく利用してみたりと、もう+αができるような構築で採用したい所ですね。

 

以上、実は4枚持っているこのカード。いかにして使うべきか……ポフルでした。