ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕魔 ドゥスン》考察―珍しい魔道具の妨害系。それも重要だけど私の今後について【デュエルマスターズ】

明確な目標ができた。ポフルです。

 

色々伝えたい事とかがあるのですが、現状の私にそこまでの力があるのかどうかは微妙な所。

そこで、目標として「CSである程度の結果を残す」というのを設定します。多分、私が伝えたい事を正確に伝えるには、色々な人に認められる事が第一だと思いますので。

 

本題として。今回は昨日の記事に引き続き、スタートデッキ「ドルスザク・無月炸裂」の新規カード《堕魔 ドゥスン》を考察します。

 

 

 

カード情報

 


堕魔 ドゥスン

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具

コスト2 パワー1000

■各ターン、相手が唱える1枚目の呪文のコストを1多くする。


 

 

考察

わかりやすい呪文メタのカードですね。

 

拘束力という点では他の呪文メタカードに劣りますが、このクリーチャーは闇文明という点が利点です。基本的にこのタイプのメタカードは光文明に多いので、それらとは違う闇文明という点が嬉しい所です。

 

同じく闇文明の呪文メタである《虚構の影バトウ・ショルダー》とは一長一短。

 


虚構の影バトウ・ショルダー

闇文明 ゴースト

コスト3 パワー2000

■相手の呪文を唱えるコストは、相手の墓地にある呪文1枚につき1多くなる。


 

 

基本的にはバトウ・ショルダーの方が拘束力が高いです。

コストは1大きいですが、2枚目以降の呪文をさらに縛る事ができる点や、パワーの違いから最近よく話題に挙がる《壊滅の悪魔龍 カナシミドミノ》1枚で大量破壊される事が無い事も大きな利点だと言えますね。

一応、2ターン目に《フェアリー・ライフ》を狙うデッキに対してはバトウ・ショルダー以上の活躍ができそうですが、それ以外の活躍は難しいかもしれません。

であれば、ドゥスンはマフィ・ギャングである事を活かすか魔導具である事を活かす必要が出てくるでしょう。

 

魔導具デッキでの相性

魔導具である事の利点はわかりやすいでしょう。《堕魔 ヴォガイガ》の効果でコストが1になるので、横に並べたい無月の門との性質とは噛み合っています。無月の門が使えずとも、呪文主体のデッキ相手に対してコスト軽減によって複数体並べやすい点も評価できるでしょう。

呪文メタが一切効かない相手に対しても無月の門要員として無駄なく扱える点は評価点ですね。

他にも、魔道具専用の蘇生カードや回収カードを使えば、仮に破壊されたとしても再利用は容易です。

 

無月の門の素材して扱う場合、当然の事ながら呪文メタとしての機能は失われます。

この子を維持すべき場面なのか、それとも無月の門の素材にすべき場面なのかはしっかりと考える必要がありますね。

 

マフィ・ギャングデッキでの相性

マフィ・ギャングのコスト2枠は激戦区と言えますが、呪文が猛威を振るう環境では優先して採用しても良いでしょう。

《一番隊 バギン16号》の存在から魔道具デッキ以上に並べやすいです。

 

並べる以外のメリットとしては、墓地回収や蘇生カードでの再利用が容易なのは魔導具と同様。並べやすさを活かして《ジョルジュ・バタイユ》の召喚コストに使ってみたり、《七王の円卓》によってタップさせてみたりと言った活躍も期待できますね。スーサイド戦術が得意なマフィ・ギャングにとって、ただ並べるだけで終わらないという点はうれしい所ですね。

 

 

魔導具もマフィ・ギャングも他のカードに頼らなければ呪文メタができない種族だったので、同種族でのメタカードが出てきた事はうれしいでしょう。

 

欠点

特筆すべき欠点として、G・ゼロ持ちの呪文やシンクロサイクル等、1枚目に唱える呪文を踏み倒しで唱えられるとその後の呪文のコストを上げる事ができない点でしょう。

幸い、G・ゼロ持ちの呪文は種族指定の物が多いので読みやすく、シンクロ系もまだそこまで採用率が高くない事とそれなりに読みやすい方、そして基本的にシンクロ系を使う場合は呪文主体のデッキではない事が多いので、それらが来るとわかった時にはマナに置いてしまってもいいです。

この辺りはバトウ・ショルダーと比較した時の明確な欠点と言えますね。

 

まとめ

種族の違いを活かさなければバトウ・ショルダーに劣る面が多いですが、それでも種族がかみ合うデッキにとってはうれしい効果である事に間違いありません。

この先呪文メタが必要になってくる環境においてマフィ・ギャング系統のデッキを扱う際には重要なカードになるかもしれませんね。

 

以上。目標達成のためにも、これからの考察をしっかりと。ポフルでした。