ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《オウ禍武斗・ライジング》考察―よくも悪くもプロモーションその2【デュエルマスターズ】

2ブロック用のデッキ。完成しました……が、いろいろ不安。ポフルです。

ジョーカーズを使わない以上多少の運ゲーは覚悟すべきですか。

 

今回は、私が《ワ・タンポーポ・タンク》2枚とケシカスくんの漫画のために買った「コロコロコミック5月号」の付録。ハーフデッキの自然文明切り札。《オウ禍武斗・ライジング》を考察しましょう。

 

 

 

カード情報

 


オウ禍武斗・ライジング

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー6000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを1つブレイクする。


 

考察

マッハファイター持ちのクリーチャーで、バトルに勝てばシールドを1枚ブレイクできるクリーチャーですね。

同じくハーフデッキ収録の《ジョラゴン・ライジング》と同じく、《キングダム・オウ禍武斗》の小型版と言った所です。

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

あちらと比べると、パワーとバトル勝利時のブレイク数が大幅にダウンしていますが、その分コストが3低くなっている事は好印象。マナブーストが得意な自然文明とはいえ、ここまでコストが違えばそれ自体が差別化につながってくれますね。下位互換ではなく下位種と言うのが正確でしょう。

 

コスト6のマッハファイターには《トテントンタン》、《ナ・ハナキ・リー》が存在しています。

 


トテントンタン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー7000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■W・ブレイカー

■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目を見る。それを自分の手札かマナゾーンに加えてもよい。



ナ・ハナキ・リー

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンにでたターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃した時、攻撃の後、このクリーチャーをマナゾーンに置く。


 

 

www.dmasters-pohu.com

 

www.dmasters-pohu.com

 

前者は自軍がバトルに勝った時に手札かマナを増やすシステム的な効果を持ち、後者は自身をマナに置く事で後続の《リ・ハナッキ・パンツァー》に繋げたり、パワー12000という高さを生かした構築ができたりと言ったメリットが存在しています。

《トテントンタン》は恒久的なコントロールに向いた性能、《ナ・ハナキ・リー》はコンボ向きの性能と言えるでしょうか。

 

対して《オウ禍武斗・ライジング》は全体的に攻撃特化という性能です。クリーチャーを攻撃しながら相手のシールドをブレイクする点、そしてマッハファイターが無くなった後も相手の小型ブロッカーにブロックされてもシールドに貫通する点から、マッハファイター持ちにしては珍しいビートダウンに向いたクリーチャーと言えます。オウ禍武斗の名を持つにはふさわしいと言えますね。

 

ただし、パワーは6000と過信はできません。殴り返しや大型ブロッカーで容易に対策されてしまうので、他の高パワーブロッカーを火文明のブロッカー破壊効果に任せたり、他のマッハファイター持ちで露払いを行ったり、はたまた自然文明得意のパンプアップで補ったりする必要はありますね。《リ・ハナッキ・パンツァー》はパワー12000で相手の大型クリーチャーを薙ぎ払いながら《オウ禍武斗・ライジング》を踏み倒すので、なかなか高相性と言えるでしょう。相手の場にパワー5999以下がいない場合は《ナ・ハナキ・リー》を出す事も考えられるので、なかなか器用。パンツァーの考察そういえばしてなかったね。

詰めの段階で「あと1打点欲しい」という場面に出せると、かなり嬉しいところですね。

 

それほど目立って強いと言える性能ではありませんが、そのコスト帯に類似カードが存在しない事からなかなか悪くない性能と言えますね。

 

ハーフデッキの内容について。自然文明の場合。

自然文明のハーフデッキの内容として特筆すべきは、懐かしいカードが多いという点でしょうか。

単体での汎用性の低さから再録の機会には恵まれないであろう《蓮根の槌》や《霊騎パーシオン》、種族デッキではお呼ばれする機会もあるだろうかという程度の《大集結!ドングリ軍団》に《シャーマン・ブロッコリー》と、とにかく驚くラインナップです。

2コスト枠に《一撃奪取 ケラサス》が収録されているのも印象的。自然文明ならマナブーストでは無いのかと突っ込みたくなるレベルです。

(これについては、おそらく20枚デッキでの使用を想定されているためにデッキを減らす速度を早くしてしまうのが問題という判断をされたのでしょう。ならば《シビレアシダケ》とかのあたりを採用してもよかったのではとかなんで《青銅の鎧》が入っているのかとか思うのですが)

 

というかそもそもグランセクトじゃないんかい。

 

 

入っていて嬉しいカードとしては

  • 私イチオシの《ワ・タンポーポ・タンク》
  • 緑入り速攻デッキのお供《冒険妖精ポレゴン》

の2種類でしょう。

《オウ禍武斗・ライジング》がまだ使う見込みがあるカードであるという点が幸いですね。

 

ハーフデッキ同士の戦いでは、ジョーカーズ側が《オウ禍武斗・ライジング》のパワーを超えられないという点や、ポレゴンの存在からジョーカーズよりも素早く攻める事ができる点で優位ですが、調子にのってブレイクしているとトリガーの薄さもあって《ジョラゴン・ライジング》によって大打撃を受けてしまうという、なかなか面白い関係性を持っていますね。

 

ハーフデッキ同士の戦いも中々面白そうですね。仲間内で試してみるのも面白いかもしれません。

 

まとめ

6コスト帯のマッハファイターの中では攻撃的な能力です。元となった《キングダム・オウ禍武斗》とコストが大幅に違う点もあって、《ジョラゴン・ライジング》よりは使いやすい印象です。

ただ、めちゃくちゃ強いかと言われればそうでもないという、やはりプロモーションらしい性能と言えますね。

 

ハーフデッキについては、……このカードが欲しい場合、もしくは《ワ・タンポーポ・タンク》が2枚欲しい場合にはうれしいでしょうか。

 

なんにしても、

ケシカスくんのデュエマの漫画はめちゃくちゃ面白いし前回よりも詳しくルール説明しているので、娯楽及びデュエマ布教に便利ですのでコロコロコミック5月号買うのは安定行動です。

 勝ってない人は今すぐ本屋さんにダッシュ。

 

以上。変に口頭でルール伝えるよりもケシカスくんの漫画読んでもらった方がルール覚えやすいのではないかとか思ってしまうポフルでした。