ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《リ・ハナッキ・パンツァー》考察 ―コストに相応しい便利クリーチャー【デュエルマスターズ】

 昨日の記事を書いている途中、そういえば中途半端で終わらせているサイクルの考察とか色々あったなぁと思ったポフルです。

 

今回は、すでに販売されているスタートデッキ「オウ禍武斗・マッハ炸裂」より《リ・ハナッキ・パンツァー》を考察します。

 

 

 

カード情報

 


リ・ハナッキ・パンツァー

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルに勝った時、自然のコスト6以下の、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに置いてもよい。


 

考察

コスト8でパワー12000のマッハファイターで、自身がバトルに勝った時にコスト6以下の自然のクリーチャーを1体マナゾーンから踏み倒す能力を持ちますね。

 

踏み倒し能力は説明不要の強力な能力です。マッハファイターで場を荒らしながら踏み倒しができるというのはうれしい所ですね。

 

スタートデッキにて一緒に収録されている《ナ・ハナキ・リー》とはデザイナーズコンボを形成しています。

 

www.dmasters-pohu.com

 


ナ・ハナキ・リー

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー12000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンにでたターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーが攻撃した時、攻撃の後、このクリーチャーをマナゾーンに置く。


 

 

6コストで《ナ・ハナキ・リー》を出して相手のクリーチャーに攻撃すれば、次のターンにリ・ハナッキを出すための8コストに繋がり、リ・ハナッキでマナに送られた《ナ・ハナキ・リー》を再利用する事で2体のクリーチャーを葬りつつ、リ・ハナッキの効果によって減ったマナを即座に回復……。とにかく盤面を荒らす事に特化したコンボが可能になります。

 

他のマッハファイターとの相性もなかなかです。場に《トテントンタン》が存在している場面で《ナ・ハナキ・リー》とのコンボを決めれば大幅なアドバンテージを獲得できますし、パワー2000のクリーチャーに対して《ワ・タンポーポ・タンク》を出して突撃させればマナが減りません。

 


トテントンタン

自然文明 グランセクト

コスト6 パワー7000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■W・ブレイカー

■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から1枚目を見る。それを自分の手札かマナゾーンに加えてもよい。



ワ・タンポーポ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト3 パワー2000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。


 

 

単純に、この子自身がパワー12000のT・ブレイカーかつ相手クリーチャー1体を即座に除去できて更に後続を出せるとなれば、そのカードパワーの高さがうかがえますね。

 

敢えて欠点……というより気になる点を挙げるのであれば、《グレート・グラスパー》の存在でしょうか。

 


グレート・グラスパー

自然文明 グランセクト

コスト8 パワー14000

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の自然のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■T・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置いてもよい。

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、それよりパワーが小さいクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。


 

グラスパーも、マナ送りによる除去、出たターンに即座に攻撃できる能力、そして攻撃時の踏み倒しと、リ・ハナッキと似た役割を持っている事がわかりますね。

グラスパーとの相違点は以下の通りです。

 

利点

  • 攻撃するのに進化元が必要ない。
  • 除去としてはマナ送りよりもデメリットが少ない。
  • 出たターンのみアンタップしているクリーチャーに攻撃できるので、トリガーの心配無しで展開が可能。

欠点

  • パワーが2000低い。
  • 踏み倒し対象が自然文明に限定されている。
  • グラスパーのマナ送り能力の利便性。
  • 相手プレイヤーに即座に攻撃できる。

 

マッハファイターの「アンタップしているクリーチャーに攻撃できる」という能力と踏み倒し能力の条件がシナジーしている点、そして進化元が必要ない事から自軍のクリーチャーを減らすことなく即座に展開できる点がグラスパーに勝る点でしょう。

相手のマナを増やす事なくアンタップしているクリーチャーを処理できる点は評価できる点ですね。マナからクリーチャーを出したいけれど、相手の場にタップされているクリーチャーがいないという場合にはこちらの方が使いやすそうです。

 

反面、グラスパー側はマナ送り効果が様々なコンボのために扱う事ができる点や、自然文明以外も展開できる点、進化元さえあれば相手プレイヤーに即座に攻撃できるので、相手クリーチャーがいない時でも踏み倒しができる点や、踏み倒しタイミングが攻撃時なので、出した次のターンからも安定してクリーチャーを踏み倒す事ができる点が強みです。

 

どちらもメリットデメリットがあるので、一概にどちらの方が……とは言えなさそうです。どちらかと言えばデッキ構築にそこまで依存せずに様々な運用方法が考えられる《グレート・グラスパー》の方が汎用性が高いくらいでしょうか。

《リ・ハナッキ・パンツァー》はどちらかと言えば《トテントンタン》等のマッハファイター全般をサポートできるカードとの併用で輝く点、相手のシールドに触る事なく展開ができる点からグラスパーよりもさらにコントロールのような動きが期待できます。シナジーするカードとうまく組み合わせる事ができれば、グラスパー以上のポテンシャルを発揮できるかもしれませんね。

 

 

もしくは、《緑神龍ドラピ》《界王類七動目ジュランネル》のようなグラスパーでは出せないもののリ・ハナッキなら出せるというクリーチャーを探すのもいいかもしれませんね。

上二枚との相性はそこまで良くないですが。

 

まとめ

カードパワーの高さだけであればさすがは8コストと言った所です。

強い事は間違いないのですが、ライバルの存在が気になる所です。

 

上手く使いこなせるデッキを見つけてあげれば、かなり心強い味方になってくれる事は間違いなさそうです。

 

以上。せっかく新商品の情報がしばらくなさそうな事もありますし、これからしばらくは過去のカードの考察を主に。ポフルでした。