ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ソエルボ・クロウラー》考察―コスト8サポートの水文明担当は手堅い【デュエルマスターズ】

 まだムートピアの夢は捨てない。ポフルです。

 まだ遠いですけれどね!!!

 

 さて、ムートピアとはそこまで関係性が薄いカードですが、《ソエルボ・クロウラー》を考察しましょう。

コスト8以上サポートサイクル最後の刺客です。

 

 

 

カード情報

 


ソエルボ・クロウラー

水文明 アースイーター

コスト3 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーは攻撃できない。

■自分のターン中にコスト8以上のクリーチャーを召喚した時またはコスト8以上の呪文を唱えた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。その後、カードを1枚引く。


 

 

考察

無色以外に存在するコスト8以上カードサポートの水文明担当ですね。

 

通常時でも水文明の攻撃できないコスト3ブロッカーとしては及第点のパワーを持っているので、単体でも最低限の仕事はできます。とはいえやはりコスト8以上のクリーチャーを召喚したり、呪文を唱えたりすることができるデッキで活用したい所ですね。

 

バウンス能力は《スパイラル・ゲート》等のコストを見ると、コスト8以上のカードを使用する手間を考えるとかなり地味です。1ドローが付いている事はそこそこ嬉しく、コスト8のカードを使うために消費したカードを即座に回復できます。

決して悪くはないのですが、他のサイクルの能力を見るとやや地味にも見えますね。……リーリィよりは良い

 

《剛撃戦攻ドルゲーザ》のシンパシーに対応するアースイーターである点はうれしい所で、《仁王の超人》と共にシンパシー元兼相手の場を荒らす為のカードとして扱えます。軽量ブロッカーとして扱える点はうれしい点で、「シノビドルゲーザ」的にはニンジャストライクがまだ使えない序盤の守りをある程度任せる事ができる事ができます。

マナさえ溜まれば大量のシノビで守る事ができる「シノビドルゲーザ」にとって、1ターンの猶予ができる(かもしれない)点はかなり嬉しい所ですね。

 

新章~双極編のカードの中なら、コスト軽減ができる《蓄積する者 アルコウス》、G・ゼロのように扱える《I am》が挙げられます。

後者はムートピアを大量に要求する事を考えると相性がすこし悪いので、基本は前者との併用を考えたいところ……なのですが、アルコウス自身が淡泊かつ、ソエルボの効果も淡泊……と、なかなか悩みどころですね。

 

www.dmasters-pohu.com

 


蓄積する者 アルコウス

水文明 ムートピア

コスト8 パワー6000

■このクリーチャーの召喚コストを、自分の墓地にある《蓄積された魔力》と名前にあるカード1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

■ブロッカー

■W・ブレイカー


 

魔力を蓄積し、クロウラーを召喚。そのままアルコウスを出してドローとバウンスで相手を手札消費0で足止め。そのまま物量で勝つ。

地味……。

とはいえ組んでみたら案外面白いのかもしれませんね。

 

 

サイクル中では、ドロー効果の存在からコンボデッキでの活躍が一番期待できるでしょうか。

何かしらの方法でコスト8以上のクリーチャーの召喚、及びコスト8以上の呪文の使用を永遠に行うような機構を完成させれば、《水上第九院 シャコガイル》でのエクストラウィンを考える事ができそうです。……なんか他に勝ち筋ありそうな気はしますが。

 

と、あんまりいい事は書けませんでしたが、相手のクリーチャーをどけながら1枚のドローができ、序盤でも軽量ブロッカーとして最低限の仕事ができる……と、スペックそのものは全体的に腐りにくく、使いやすいカードだと言えます。丁寧に構築してあげればなかなか心強いクリーチャーとして活躍できそうですね。

 

まとめ

全体的に、地味&地味です。

決して悪くはないと思うので、何か相性の良いカードを見つけてあげたい所ですね。

シノビドルゲーザ的には、《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》のG・ゼロの条件にカウントされない点を除けばなかなか良い活躍をしてくれそうです。

 

以上。ムートピアを組みたいと言って何日経ったか。ポフルでした。