ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《さくらいおん》考察―可 愛 い 【デュエルマスターズ】

かわいいカード大好き。ポフルです。

カッコよさよりもかわいさを求める傾向のある私です。

 

今回はそんなかわいいカード《さくらいおん》を考察しましょう。

 

 

 

 


さくらいおん

自然文明 グランセクト

コスト5 パワー3000

■S・トリガー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

考察

とにかく淡泊なクリーチャーで、S・トリガーでマナブーストするのみです。

 

S・トリガークリーチャーとして、序盤に思考停止で殴ってきた相手を利用して相手よりも素早く大型カードにアクセスしつつ、殴ってきた相手を殴り返す……という使い方しかできない点が悲しい所です。

一応、現環境で序盤に殴ってくる可能性が高いクリーチャーとして《チョコっとハウス》が存在し、それと相打ちになるパワーを持っている所は評価点でしょうか。

 

相手を妨害する能力を一切持っていないので、終盤の防御札としては扱えません、さらに、1コスト下に《シェル・エイトレス》が存在しているのも向かい風でしょう。パワーの高さから下位互換では無いのですが、軽い方が扱いやすい事や《フェアリー・ライフ》から繋がる点を考えればあちらの方が優先されるでしょう。

 

中盤のマナブーストに関しては他に適任のカードが多数存在しており、さらに小型クリーチャーでの速攻が下火になっている現状、この子を採用するメリットはかなり少ないです。《シェル・エイトレス》の世間一般の評価を見ればそのことは明らかでしょう。

 

どうしても使うのであれば、コスト5以上のクリーチャーを侵略元に指定する《革命類侵略目 パラスキング》や《超獣軍隊 ダディパイン》との併用が基本となるでしょうか。これならエイトレスとの差別化も出来ますね。

特に後者はマナブーストを行うこのクリーチャーとの相性がなかなか良く、さらに《蒼き団長ドギラゴン剣》すら踏みつぶすパワーを持つ事が最大の魅力です。「ビートダウン相手にもう1ターン耐える事ができれば」という前提条件は付きますし、この子でやる必要性についても少々疑問がのこりますが。

 

必要性。

可愛いからって理由で良いか!!!

 

もしくは、トリガービート的な構成において、高コストトリガーカードの手打ちを視野に入れるのであれば、5枚目以降のエイトレスとして考える事も出来るでしょうか。

相手の攻撃を耐える事を前提とするトリガービート的に、速さの《フェアリー・ライフ》よりは少々遅くてもクリーチャーが残る《シェル・エイトレス》を優先する事も十分考えられます。

それでもエイトレス5枚以上欲しいかって言われると微妙な所ですが。

墳墓避けのためにエイトレス3:さくらいおん1とかやってみます?

 

一応、グランセクトという事で《一番隊 ルグンドド》のサポートが受けられますが、コスト5という中途半端さはいただけない所です。

パワー12000以上のクリーチャーを指定するサポートではなく、グランセクト指定のサポートがでる事に期待したい所ですね。

 

 

とにかくその可愛さに惚れるカード。興味があれば、何かのデッキに刺してアイドルカード扱いしてあげるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

とにかくかわいい。

実用性は現状難しい所はありますので、純粋なグランセクトサポートを待ちたいですね。

 

以上。ふと、可愛さに関する話題で彼女と共感できる部分って少ないんだよなぁと思ったポフルでした。