ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《ゴッド・サーガ》考察―現代で扱う意味を考えてみる【デュエルマスターズ】

CS前日、2ブロック用のデッキとゴッド・ノヴァOMGしか持っていない状態でちびっこ達とデュエマする事になり、 2ブロック用のデッキを使った後でゴッド・ノヴァOMGを使った所「ゴッドの方が強いやん!!」と言われてしまいました。ポフルです。

まぁ、2ブロックの方はメタビート気味のデッキだったのでそりゃぁそうかと思えますが。

 

CSの参加賞としてレアカードくじを貰ったのですが、そこで出てきたのが今回考察しようと思った《ゴッド・サーガ》です。

 「ゴッドデッキが現環境で通用するのか」に関しては置いておくものとして、このインフレした現環境でも《ゴッド・サーガ》自体の強さがどうなのか、少し考えてみようかなと思ったのです。

 

 

 

 

カード情報

 


ゴッド・サーガ

自然文明 コスト13 呪文

■ゴッドを2体まで、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。


 

 

考察

説明不要のような気がするパワーカードです。

リンクにさえ成功すれば大幅なパワーアップが期待できるゴッドをこのカード1枚で即座にリンクさせる事ができるので、発動にさえ成功すれば勝利がグッと近づく事は容易に想像できるでしょう。

ネックは13マナというコストになりますが、自然を含むゴッドならマナブースト手段を確実に採用する筈なので使用するゴッドによってはそこまで気にならない事も多いでしょう。「これを打たないと負けるデッキ」よりも「マナさえ伸ばしておけば、制圧された時もこれ1枚で解決するデッキ」くらいの考えで採用すべきでしょう。

 

13マナという重さを考えると、このカード1枚で完全体のゴッドを作る事ができないようなゴッドや比較的リンクの成功率が高いゴッドに関しては、このカードを使う旨みがほぼありません。前者は「神帝」や「起源神」等、後者は「ゴッド・ノヴァ OMG」や「ペガサス&レオパルド」あたりでしょうか。

どちらもこのカード1枚でゲームエンド級のクリーチャーを作る事ができないので、他のパワーカードを入れた方が有効に働く事は間違いありません。コスト7以下のゴッドをマナか墓地から呼び出す《大地と永遠の神門》の存在も気になる所です。

 

「ゼン&アク」や「ゲキ&メツ」あたりの、2体のリンクですさまじい制圧力を見せるゴッドが狙い目です。1枚で完全体にすることは不可能ですがコスト10のクリーチャーを要求する「ヘヴィ・デス・メタル」もいいですね。

出すクリーチャーに種族以外の指定が無いので、進化クリーチャーのゴッドである「創世神」も候補ですね。進化の手間とか「創世神」の強さとかを考えると色々思うところはありますが。

 

複数のゴッドを踏み倒す呪文としては他に、エラッタによって強化された《プロジェクト・ゴッド》が存在します。

が、そもそもあちらとは文明が違う点で差別化はできていますし、旧型のゴッドでは何かしらのお膳立てをしない限り複数の踏み倒しは困難です。あらかじめゴッドをフィールドに維持できていなければならない点もあるので、特別なお膳立てを必要とせず1枚でゴッドを作る事ができるこのカードとの差別化の必要は無いと言えそうです。

 

 

九十九語との差別化

……さて、このカードを使う際の最大の問題点として「ゴッドの強さが、インフレの進んだ現環境では微妙」という意見も出てきそうですが、それよりも最大の問題が《轟破天九十九語》の存在でしょう。

 


キングダム・オウ禍武斗

自然文明 グランセクト

コスト9 パワー14000

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)

■T・ブレイカー

■破天九語(このクリーチャーがバトルに勝った時、相手のシールドを9つブレイクする)


轟破天九十九語

自然文明 コスト10 呪文

■各プレイヤーは、すべてのクリーチャーを自身のマナゾーンからマナゾーンに出す。それらのクリーチャーがバトルゾーンに出る事によっておこる効果はすべて無視する(マッハファイターなどの、そのターンの間働く能力は無視されない) 


 

www.dmasters-pohu.com

 

ゴッド・リンクは「出る時に発動する効果」ではなく「出す時に発動する効果」です。すんごいこじ付けっぽい話ではありますが、九十九語1枚のみでゴッドリンクを成立させる事は可能です。

 

10マナという《ゴッド・サーガ》よりも低いコスト、ツインパクトである点での汎用性を考えれば、《ゴッド・サーガ》よりも扱いやすくかつ強力と言わざるを得ないでしょう。

 

であれば、《ゴッド・サーガ》を使う利点を考える必要が出てきますね。

 

九十九語との差別化としては以下の点が挙げられます。

  • 相手のクリーチャーが出てこない。
  • 《創造神サガ》で踏み倒す事が可能。

 

かなり利点が少ないですが、現実的な所となればこの辺りでしょうか。

 

上にちらっと書いた「このクリーチャーで踏み倒す価値のあるゴッド」を考えると以下の通りです。

  • メリット能力てんこ盛りのゼン&アク
  • 破壊神の名にふさわしい能力を持つヘヴィ・デス・メタル
  • ランデスに火力、被ブロック時に全ハンデスと攻撃的なゲキ&メツ

 

この内、ヘヴィ・デス・メタルは、相手のクリーチャーを自身に突撃させる効果や、リンク時にゴッド以外をすべて破壊する能力を持つので、《轟破天九十九語》で相手のクリーチャーが出てこようが関係なありません。《ゴッド・サーガ》で出すよりも九十九語の方が向いています。

ゲキ&メツはランデス能力が九十九語と少し被りますが、呪文主体のデッキ相手ならばむしろ嬉しい能力です。とはいえ、相手の場を荒らす能力は3000火力のみとやや地味でしょうか。ブロックされれば《ロスト・ソウル》を放つので対ブロッカー性能はそこそこ高いですが、こちらは《ゴッド・サーガ》で出した方が相手にごり押しの隙を与えずに済みそうです。

 

そしてゼン&アク。こちらは攻撃時の確定除去と警戒持ちのブロッカーと、相手がクリーチャーを並べたとしてもある程度対応できる能力は持っています。とはいえ、相手のデッキタイプによってはごり押しの危険性が残っているので、九十九語で出すのはやや不安でしょう。何より《創造神サガ》を使えば8コストで唱える事ができる事を考えると、こちらを使う利点もありそうです。

 

 

総じて、まだまだ使う意味はありそうなこのカード。ゴッドに憧れる方の中で大型ゴッドを扱いたい場合には是非考慮に入れてくださればと思います。

 

まとめ

ゴッド・ノヴァOMGで扱うのは難しそうなので私が使うかはわかりませんが、一部のゴッドであれば轟破天九十九語に負けない強さは持ってそうですね。

ぴったりはまるゴッドがあれば、考えてみたいものです。

 

 

以上。ゴッドを扱った日は体力一気に持っていかれるポフルでした。