ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《お邪魔菌トリオ》考察―なかなか懐かしい匂い【デュエルマスターズ】

最近、口内炎とかがひどくなってきているポフルです。身体の異常には皆さま気を付けて……。

 

さて、身体の異常関連のカードとして双極編第一弾に登場した《お邪魔菌トリオ》の考察をしていきましょう。

 

 

 

 

 


お邪魔菌トリオ

火文明 ジョーカーズ

コスト4 パワー5000

■スピードアタッカー

■自分の他のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーを手札に戻す。


 

考察

自分の他のクリーチャーが攻撃する時に手札に戻るデメリットを持ったスピードアタッカークリーチャーです。その分、コスト4でパワー5000と中々の強さになっています。

 

手札に戻す効果はデメリットに見えて中々凶悪です。

インフレが進んだ現在で通用するかは微妙ですが、この子の攻撃後に他のクリーチャーが攻撃するだけで自身を手札に戻して殴り返しを防ぐので、ハンデス手段がない場合はこのクリーチャーをトリガーやブロッカーで処理できない限り毎ターンシールドをブレイクされてしまいます。

その昔、《襲撃者エグゼドライブ》が登場した時に見られた戦法ですね。

 

とはいえ、デメリットの中途半端感は否めません。

同じコスト4パワー5000には《アッシュグレンオー》が存在しており、そちらは《襲撃者エグゼドライブ》と同じくターンの終わりに無条件で手札に戻ってくれます。

 


アッシュグレンオー

火文明 フレイム・モンスター

コスト4 パワー5000

■スピードアタッカー

■自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。


 

《お邪魔菌トリオ》は他のクリーチャーを必要とするので、他のクリーチャーが殴り返される事に弱いという欠点が付いてしまっています。

フィールドにとどまってくれるのでクリーチャーが減らないという利点とも考えられますが、そうなると今度は自分の他のクリーチャーが攻撃するだけで手札に戻っていくというデメリットが大きくなってきます。

 

ジョーカーズである事を活かしたい所ですが……何かありますかね。一応ビートダウンの手を緩める事なく《メラメラ・ジョーカーズ》のコストを確保できるという利点はありますが、《ガヨウ神》や《ヘルコプ太》と言った優良ドローカードが増えた現在のジョーカーズにその利点は通用するのかどうか……。

 

総じて、なかなか扱うのは難しいクリーチャーと言えますね。

 

余談ですが、トッキュー8においてはなかなか強力なカードとして扱えます。

ビートダウン勝利が基本のトッキュー8において、序盤に殴り返しを防ぎながらどんどんシールドを割っていくその姿はなかなか心強いものがあります。トッキュー8を行う際には頭に置いておいてください。

 

まとめ

襲撃者エグゼドライブを彷彿とさせる、なかなか懐かしい匂いのするクリーチャーです。

現環境にて通用するかどうかと言われれば微妙な所ですが、それでも効果そのものはなかなか強力。デメリットの中途半端さがあって敢えてこの子を使う理由を探す事は難しそうですが、古参プレイヤーとしてはちょっと懐かしい気分になる強さですね。

 

 

以上。辛いの食べたい……ポフルでした。