ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《貝獣 リガイト》考察―無難なムートピアでリハビリ【デュエルマスターズ】

お酒を思いっきり飲んでわりとポケーっとしているポフルです。

だいぶんお酒ぬけてはいるのですが。

 

ちょっとポケっとしている現状でガッチガチの考察はできそうに無いので、今回は《貝獣 リガイト》の考察で色々リハビリしていきたいと思います。

 

 

カード情報

 


貝獣 リガイト

水文明 ムートピア

コスト2 パワー1000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引き、その後自分の手札を1枚捨てる。

■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のNEOクリーチャー1体の下に置いてもよい。


 

考察

出た時にキャントリップとディスカードを行うクリーチャーです。これだけであれば淡泊となった代わりに攻撃できるようになった《シンカイタイフーン》と言ったスペックですが、この子は破壊された時に自身をNEOクリーチャーの下に置く能力を持っています。

 

ムートピアにとっては、2コストという最軽量で手札を減らす事なくディスカードできる点が利点で、《貝獣 ジミーシ》を捨てるか《策謀の支持者 スキッド》が存在する時に使えば事実上のキャントリップとして、さらに《龍装者 キリバイ》が存在する時には捨てたクリーチャーのコストよりも低いコストのクリーチャーをバウンスする能力を扱う事ができます。

これらのカードが全て揃っていれば2コストで手札を増やしながら相手のクリーチャーを退かす事を同時に行う事ができますね。

 

ムートピアで2コストでディスカードができるクリーチャーとしては《貝獣 ヒラーガ》が存在していますが、こちらは相手のクリーチャーのバウンスという強力な効果を使用できる代わりに手札消費が激しいという欠点が存在しています。

他の水文明種族と比べて特別手札補充に優れているとは言えないムートピアにとってはリガイトの方が扱いやすいでしょう。

対ビートダウン性能を求めるなら、1コスト上の《貝獣 アホヤ》が存在しているので、どちらを選択するのかは自身のデッキタイプや環境の動きを見て相談になるでしょうか。《I am》をフィニッシャーに添える場合はどちらとも入れておくのも悪くなさそうです。

 

NEOクリーチャーの下に自身を置く効果は、発動するのが破壊時と扱いにくいですが、《甲殻鬼動隊 セビーチェン》のようなキズナプラス持ちNEOクリーチャーを使う場合にはなかなか面白い事ができそうです。

 


甲殻鬼動隊 セビーチェン

水文明 ムートピア

コスト4 パワー4000+

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーの上にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■自分の手札が6枚以上あれば、このクリーチャーのパワーを+2000し、「W・ブレイカー」を与える。

■キズナプラス(このクリーチャーが攻撃する時、その下にあるカードを1枚、自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、このクリーチャーと自分の他のクリーチャー1体のKP能力を使う)

KP……カードを2枚引くか、相手のクリーチャーを1体選んで持ち主の手札に戻す。


 

相手の場にブロッカーが存在し、非進化状態のセビーチェンを隣に立てておいてリガイトで相手を攻撃する場合、相手からしてみればブロックすればセビーチェンの攻撃でカードアドバンテージを稼がれ、ブロックしなければ単純に1枚のシールドが減ってしまうという状態になってしまいます。自身を破壊する手段がほとんど無い水文明なので能動的に発動するには他の文明の力が必要になりますが、上記のように使用するカードとの組み合わせによってはビートダウンの手助けになってくれるかもしれませんね。(おそらく破壊されるとNEOの下に行くクリーチャー達すべてに言える事だと思います)

 

 かなり淡泊な性能とはいえ、ムートピアとはなかなかのシナジーを誇っているので、上手く使ってあげたい所ですね。

 

まとめ

ムートピアとの相性はなかなか悪くなく、ディスカードを主体としたムートピアを扱いたいのであればぜひとも考慮に入れたいクリーチャーですね。

 

以上。明日はもう少し頑張るポフルでした。