ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《セツナノ裁徒》考察―アミダナスカ推しとしては無視できないクリーチャー【デュエルマスターズ】

アミダナスカを使ったメタリカデッキ。アミダナスカを「対コントロール時の展開要員」としか見てない故にそこまで目立つ活躍ができていなくて、「これでアミダナスカ推しって言われても納得されないだろうなぁ」と考えたりするポフルです。

……いいんじゃない?普通にビートダウンするならそんな感じでも。

 

さて、そんな私のメタリカを構築する際、最近必ずと言っても良い程候補として頭をよぎる《セツナノ裁徒》を考察しようと思います。

 

 

 

 

 

カード情報

 


セツナノ裁徒

光文明 メタリカ/サバキスト

コスト3 パワー3500

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分のシールドを1つ、墓地に置く。


 

 

考察

3コストという軽量クリーチャーでありながら、出ただけでシールドを山札の上から追加できるなかなか強力なクリーチャーです。パワーも3500と高めですが、その分自身が離れた時に自分のシールドを墓地に送らなければならないデメリットを持っています。

 

せっかく増やしたシールドが何らかの除去を受けるだけで墓地に送られてしまう事から、対ビートダウンにおけるシールド追加カードとしての採用ならば1コスト上とはいえ《奇石クローツ》や《命翼ノ裁キ》が優先される事になるでしょう。除去された時にシールドが減る都合上、ビートダウンにおいて採用率の高い《"乱振"舞神 G・W・D》に処理されてしまう現状が厳しい所です。

 


"乱振"舞神 G・W・D

火文明 ビートジョッキー

コスト6 パワー5000

■B・A・D2

■スピードアタッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

■このクリーチャーは可能なら毎ターン相手プレイヤーを攻撃する。

■自分のクリーチャーがバトルに勝った時、カードを1枚引く。


 

……余談ですけれど、割と近所の子ども達が「昔G・W・Dの事はずれと思ってたのになぁ」って言ってるのをよく聞くので、私のブログではどんな事書いていたのか振り返ってみた所、そんな悪い事書いてない……というか、発売日前にしてはなかなか良い所突いてるんじゃないの?って自画自賛してみたり。

 

www.dmasters-pohu.com

 

 ……話を戻しましょう。

《セツナノ裁徒》を使うなら、シールドをやりくりするデッキにおいての採用が主になるでしょう。特に《超運命アミダナスカ》の効果で踏み倒す事ができるシールド追加メタリカの中では最軽量です。シールドを守る事が難しい現環境にて、要求されるシールド数が少なく済んでいる事はうれしい所です。

 


超運命 アミダナスカ

光文明 メタリカ/スペシャルズ

コスト6 パワー7500

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。

■自分のシールドゾーンにカードが置かれた時、自分の山札から1枚目を見る。それが自分のシールドの数以下のコストを持つ光の呪文またはメタリカなら、コストを支払わずに使ってもよい。


 

www.dmasters-pohu.com

 

 

アミダナスカ採用型のメタリカで扱う場合、ビートダウンでの決着をつけるメタリカなら《気高き魂 不動》はほぼ確実に採用されている筈なので、上手い事シールド追加をつなげて不動に進化させる事ができればデメリットも回避できる事でしょう。

 その不動との相性も中々良く、破壊以外の除去から《セツナノ裁徒》を守る事によってシールドが減るデメリット効果の発動を防ぐ事に繋がりますね。

 


気高き魂 不動

光文明 メタリカ

コスト6 パワー6500

NEOクリーチャー

■NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)

■W・ブレイカー

■自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。

■自分のクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地以外のゾーンに置かれるとき、かわりにバトルゾーンにとどまる。


 

また、《ヴァリアブル・ポーカー》採用型でコンボを狙うデッキの場合、そのポーカーと同じコスト3という所はうれしいですね。《プロテクション・サークル》等の手札から仕込むタイプのコスト3呪文とは、手札が無くてもシールド追加ができる点で差別化できています。

 

 

単純にNEO進化元としての採用も良いでしょう。

シールドを増やす事と直接相性の良いNEOクリーチャーは少ないですが、《記憶の紡ぎ 重音》で《ジャスティ・ルミナリエ》を唱える際にはルミナリエのラビリンス能力の手助けになる事や、《星の導き 翔天》の踏み倒し能力で《大迷宮亀 ワンダー・タートル》等のラビリンス能力持ち大型クリーチャーを使いやすくなる事など、間接的なシナジーを形成するものはそこそこ多いです。

特に重音はコスト3→4と綺麗につながる点が嬉しい所です。

 

 

まとめ

コスト3という軽さでシールド追加ができるクリーチャーというのはなかなか貴重で、メタリカという種族もシールド追加との相性が良い事もあって色々なコンボやギミックに組み込んでみると面白そうな所はあります。

デメリットの存在から敬遠はしてしまいがちですが、使いこなせるとなかなかカッコいい気はしますね。

 

 

以上。ひとまず私のメタリカはトライ&エラー。ポフルでした。

そろそろまた非公認とかにメタリカで出ていこうかしら。