ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《マ・スクメーロ・タンク》考察―連続攻撃(ビートダウンするだけまし)【デュエルマスターズ】

今まで見逃していて録画したままのアニメを見直してきました。

トテントンかわいいよね!!!!どうもポフルです。

 

そんなトテントンの考察は過去にしているのでスルー。

今回はアニメにて情報が公開された《マ・スクメーロ・タンク》の考察をしていきましょう。双極編2弾のカードになるそうで。

 

 

 

カード考察

 


マ・スクメーロ・タンク

自然文明 グランセクト

コスト4 パワー8000

 ■W・ブレイカー

■このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに置かれ、自分のターンのはじめにアンタップしない。

 ■自分のマナゾーンにカードを置く時、それがそのターンに自分のマナゾーンに置く最初のカードでなければ、このクリーチャーをアンタップする


 

考察

 

自分のターンのはじめに起き上がれないデメリットを持つものの、コストの割に高いパワーと打点、そして2回目以降のマナチャージに反応して起き上がる能力を持つクリーチャーですね。

 

デメリットによって少し特殊な構築をしなければアンタップできないものの、2回目以降のマナチャージならば何度でもアンタップするクリーチャーなので、おそらくひと昔前なら「《ベイB ジャック》の新しい玩具」なんて評価をされていた事でしょう。

事実、《フィーバー・ナッツ》とジャックとこの子がいれば、《霞み妖精ジャスミン》や《桜風妖精ステップル》で大量のマナ加速ができていたわけですし、他にもコスト軽減が存在していれば更なるマナ加速しながらの展開も可能でした。

改めて、《ベイBジャック》の怖さを思い知りました私。

 

そういった動きは、現在のカードプールでは簡単にできそうにありません。さらに言えば、デメリット持ちの高打点クリーチャーというのは自然文明にはあふれかえっています。《マファリッヒ・タンク》等、パワー12000以上に拘るというデザインのグランセクトが登場した新章以降、その数はどんどん増えていってます。この子を扱うのであれば、その辺りのカードとの差別化は考えるべきでしょう。

 

一番簡単な差別化方法としてはやはり「何度でも起きあがること」でしょう。

2枚目以降のブーストであればどのようにカードが置かれようとかまわないので、ドラグナーを出して《イチオシ!ハラグロフェスティバル!》を展開して「《マ・スクメーロ・タンク》が攻撃する時にマナ加速ができる状態」を作り出す事により、相手が何かしらのトリガーで妨害しない限りの無限攻撃が可能になります。恐らく一番無難で使いやすいコンボではないでしょうか。

 


イチオシ!ハラグロフェスティバル!

自然文明 コスト3 ドラグハート・フォートレス

■自分の自然のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。


 

 

また、私が以前組んでいたキズナデッキ「超越マイト」に組み込む事により、「《夜のコッツナ》で自分のクリーチャーをマナに送り、《マイト・アンティリティ》でマナに送ったクリーチャーを出し直す」という動きを使う度に《マ・スクメーロ・タンク》が起き上がってくれますね。使うかどうかは置いておくとして参考程度に。

自然にコスト4のキズナコンプがいれば、もう一工夫で面白い事もできそうなのですが、その辺りは色々な面で机上の空論というやつなので割愛。

 

もう少しマニアックなカードとの組み合わせを考えると、《超空要塞バビロン》が挙げられるでしょうか。

 


超空要塞バビロン

自然文明 コロニー・ビートル

コスト5 パワー5000

進化クリーチャー

■進化―自分のコロニー・ビートル1体の上に置く。

■このクリーチャーがバトルゾーンにある間、バトルゾーンにある自分の自然のクリーチャーをタップし、攻撃する代わりに次のTTを使ってもよい。

 TT-自分の山札の上から1枚目を、自分のマナゾーンに置く。


 

《マ・スクメーロ・タンク》にタップトリガーによるマナブースト効果を与える事により、攻撃する代わりにタップするだけで無限ブーストが行えるというなんともロマンなコンボを完成させてくれます。そこから先トドメを刺す方法と、アタックステップ時のマナブーストという使いにくさ、進化元となる種族「コロニー・ビートル」がなかなか力不足な点と課題は多いですが、その辺りをクリアすれば良い相棒になってくれそうです。最近登場した《シェル・エイトレス》は、マ・スクメーロともシナジーしますしコロニー・ビートルの中でも使いやすそうです。

 

 

因みに、ミルクボーイと同じくアンタップの制限は「ターンのはじめに行うルール上のアンタップ」のみの制限なので、《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》や《攻守の天秤》のような効果によるアンタップならば問題なく起き上がる事ができます。

この辺りも覚えておくと、コンボデッキを作る際には役に立つかもしれませんね。

 

《ベイBジャック》がいなくなって緑のクリーチャーの採用に困っているという私の彼女のような悩みを抱えた方にもおすすめしたい所ですが、速攻デッキのミルクボーイにコスト4は重すぎますね。ソーターの同型再販でも良いからなんか出てこないかしら。

 

 

その他の細かいメリットとしては、マナ送りによる除去を行うトリガーに強いという点でしょうか。

この子の他にもう何体か攻撃可能なクリーチャーがいる時、最初にマ・スクメーロで殴った後に《ナチュラル・トラップ》を踏んでしまっても、相手からしてみれば「他のクリーチャーをマナに送っても、そのマナ送りを起点にマ・スクメーロが起き上がるので打点が減らせない」という状況に陥ります。S・トリガーでマナ送りによる除去しかできない相手にとっては、マ・スクメーロ以外のクリーチャーがアンタッチャブルを持っているかのような状況になってしまうわけです。

去年の前期限定構築環境のような「マナ送りによる除去が最高級と除去」と言われる環境では、その対策カードとしてビートダウンに入れても面白いのかもしれませんね。当然マナブーストカードも何枚か積んでおくべきでしょうが。

 

少し工夫してやれば、自然文明らしいごり押しが可能となるなかなか面白いクリーチャーですね。

 

まとめ

 

他にないユニークな能力を持っているので、何か相性のいいカードを見つけてあげれば面白いデッキが組めそうな可能性を感じるカードだと言えるでしょう。

ただ、デメリット持ちということでどんなデッキにも入る汎用性は持ち合わせていないことには注意したいところです。

 

以上。それでもやっぱり豊崎愛生さんが好き。ポフルでした。