ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》考察―初期リメイクにS・トリガー付きツインパクトに盛沢山【デュエルマスターズ】

いつの時代も、スパーク呪文は不動の強さだと思っているポフルです。

 

そんなスパーク呪文に新たなバリエーションが生まれました。

双極編第2弾収録予定の《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》です。

 

 おそらく、公式サイトで密かに開催していた人気投票にて選ばれたカードですね。

 アニメにて公開されました。

 

 

カード情報

 


龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク

光文明 ドラゴンギルド/メタリカ

コスト6 パワー7500

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時あるいは自分が名前に《スパーク》とある呪文を唱えた時、相手のクリーチャーは次の相手のターンのはじめにアンタップしない。


ホーリー・スパーク

光文明 コスト6 呪文

■S・トリガー

■相手のクリーチャーをすべてタップする。


 

 

考察

新規ツインパクトカードですが、片面がS・トリガーである初のカードであると共に、デュエマ創世記における光の代表的S・トリガー《ホーリー・スパーク》と同じ名前の呪文になっていますね。

 

クリーチャーとして

定期的に登場する「スパーク」のサポートですね。

 

「スパーク」を持つ呪文のほとんどが相手のクリーチャーをタップするカードなので、相手のターンのはじめにアンタップできなくする能力とは最高のシナジーを誇りますね。

相手の攻撃によってトリガーしたスパーク呪文でも能力を発揮してくれるので、この子が場に立っている間は相手もむやみに攻撃する事はできなくなる事でしょう。

 

また、さりげなく自身が場に出た時も発動できるので、《ドラゴンズ・サイン》や《ヘブンズ・ゲート》で相手のターンに出す事ができれば攻撃済みのクリーチャーを次のターン無力化する事ができますね。相手が複数ブレイクしてきた時にスパーク系の呪文とドラゴンズ・サインが同時にトリガーすれば儲けものです。

 

今までスパーク系のサポートで実用的なのは《龍聖霊ウィズダムフェウス》くらいのものでしたが、この子のサポートも十分実用的と言えるでしょう。ドラゴンギルドなのでドラゴンズサインに対応、後述するツインパクトである事による利点と、現状《龍聖霊ウィズダムフェウス》を無理なく採用できていた「白青ロージアミラダンテⅫ」にもしっかり採用できそうです。

というかロージア殿堂なんだしそろそろウィズダムミラダンテⅫとかに改名しても良いんじゃない?

 

相手のクリーチャーをタップする能力が多い光文明のデッキであれば、例えスパーク呪文をデッキに入れてないとしてもビートダウンに対して強く出る事の出来るブロッカーとして採用する余地があるかもしれません。

というかこの子自身がスパーク呪文持ちなので、複数投入すればそれだけでコンボが形成されますね。

 

呪文として

初期からデュエル・マスターズを楽しんでいた人たちにはうれしいような悲しいようなな《ホーリー・スパーク》と全く同じ名前と能力です。

 

《キングダム・オウ禍武斗》の例と同じく《ホーリー・スパーク》を8枚入れれるようになったため、今まで《ホーリー・スパーク》唯一の居場所だった《神聖の精霊アルカキッド》を主軸としたデッキが強化された……と、前向きにとらえる事にしましょう。……その辺りは後日。

 

アルカキッドを使わないトリガー目的であれば《スーパー・スパーク》や《DNA・スパーク》、《マスター・スパーク》、《閃光の守護者 ホーリー》の方が優秀な事は相変わらずです。

ツインパクトであるという一番の差別点を武器にしたいところです。

 

ツインパクトとして

おそらくこの先増えていくであろう「片面がトリガー能力持ちのツインパクトカード」全体に言える事ですが、「デッキの中身のトリガー比率を増やしながら、トリガー以外の役割を持つカードを減らさない」というカードはそれだけでデッキ構築の負担を減らしてくれる優秀なカードです。

 

しかもこのカードは「相手のクリーチャーをすべてタップする」という、全S・トリガーの中でも1位2位を争う防御力を持つ呪文を持った超優秀カードです。

さらにさらに、クリーチャー面は呪文面とシナジーする能力持ち。

 

単純にトリガー目的で速攻や中速デッキに採用する場合は《閃光の守護者 ホーリー》あたりが優先されそうではありますが、光文明中心の中速デッキやコントロールデッキにおいては他の光文明トリガーより優先するのも悪くはないと思います。

 

《龍聖霊ウィズダムフェウス》を投入したミラダンテデッキでは、《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》と共に「ウィズダムフェウスでサーチできるドラゴン」として採用できるので、中々強力です。

単純な扱いやすさでは《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》に劣りますが、スパーク呪文を連打するウィズダムフェウスとの相性による爆発力ではこの子が優っていますね。

 

因みに、単純なメタリカとの相性はそこそこと言ったところ。

スパーク呪文を連打するデッキでは無いものの、メタリカクリーチャーかつS・トリガーというカードで3体以上のクリーチャーを止める事ができるカードは《奇石 ルドルゴ》《奇石 ミタラシオ》と、汎用性の面で一歩劣るものや癖のあるものが多かったので、S・トリガー獣では無いとはいえデッキ内のメタリカを減らす事なくトリガーの数も維持できるという点はうれしい所です。ただし、クリーチャー側の効果は「ブロッカー以外の効果が役に立ったならラッキー」くらいのものと捉えておきましょう。

 

 

……色んなデッキで投入されそうな可能性を感じる上に、投入するなら複数投入が前提な気がするこのカード。

スーパーレアですってよ!!!!!!!

 

最近のレアリティ設定鬼畜だと思うんですよ。どうです?

 

 

まとめ

色々と衝撃の強いカードです。その衝撃にも負けない汎用性は持ち合わせており、優秀なカードの多い光文明のトリガーカードともしっかり渡り合う事ができますね。

 

……そんなカードがRとかでなくSR……ですか。なんだか複雑な気分です。

 

以上。汎用性の高いS・トリガー付きカードを高レアリティにしてほしくないポフルでした。