ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《超宮城 コーラリアン》考察―ムートピアは本格的に呪文主体になりました。【デュエルマスターズ】

誕生日なので豊崎愛生成分をしっかり補給したい。ポフルです。

 

……と、そんな自分語りは置いておいて、今回はアニメにて公開された新規ムートピア《超宮殿 コーラリアン》を考察しましょう。

 

 

 

 

カード情報

 


超宮殿 コーラリアン

水文明 ムートピア

コスト8 パワー8000

■G・ゼロ:このターン、自分が呪文を4枚以上唱えていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

■ブロッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。

■相手のターン中、このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。


 

考察

ムートピアの大型クリーチャーで、G・ゼロを持っています。

さらに出た時にバウンス効果を発揮し、相手ターン中限定のモヤシを内蔵しています。

 

普通に出すだけでは、基本的に単なるバウンス能力持ちブロッカーです。ブロッカーとモヤシ効果、そしてバウンス効果のおかげでビートダウンに対してはなかなかの粘り強さを見せますが、最近のビートダウンの速さを考えるとやはりG・ゼロでの召喚を狙いたいところですね。

 

G・ゼロの条件は「呪文を4枚以上唱える事」と、中々ハードです。普通にプレイするのに4枚もの呪文を唱える事は、マナコストの問題や手札の問題から不可能に近いので、何かしらの工夫はしておきたいところですね。

とはいえ手札の問題に関しては豊富なドロースペルを抱える水文明。心配はいらないでしょう。最近少し注目を浴びた《蓄積された魔力》は、上手く扱う事ができれば低コストで大量ドローができる点で相性が良さそうですね。

 


蓄積された魔力

水文明 コスト2 呪文

■S・トリガー

■カードを1枚引き、その後、自分の墓地にある《蓄積された魔力》1枚につき、カードを1枚引く。


 

 

アニメにてラビット大佐が実演した通り《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》との相性は抜群で、手札の問題とマナの問題を同時に解決してくれる優れたサポートとなってくれます。さらに、ゴクガ・ロイザーには足りなかった打点をコーラリアンが補ってくれる点も高相性と言えそうです。

 


龍装艦 ゴクガ・ロイザー

水文明 ムートピア

コスト6 パワー4000

■ブロッカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。

■呪文の効果によって相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選ばれない。

■呪文を自分の手札から唱えた時、その呪文を、墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。


 

 

その他相性の良いカードを挙げるなら《目的不明の作戦》や《失われし魔術の復元》のような他の呪文を踏み倒す呪文でしょうか。これらカードで踏み倒す呪文が2枚揃っている時に上記ゴクガ・ロイザーと合わせれば1枚分のコストと手札消費で4枚の呪文を唱えた事になるので、容易にG・ゼロの条件を満たす事ができますね。

 

当然、自身を踏み倒す能力を持つシンクロサイクルも唱える呪文のかさ増しになってくれるでしょう。

 


シンクロ・スパイラル

水文明 コスト3 呪文

■コストを支払うかわりに、自分の水のクリーチャーを2体タップして、この呪文を唱えてもよい。

■相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。


 

 

ムートピアらしくここに《龍装艦 スペルエビート》を絡める事で、呪文を唱えた分とコーラリアン召喚のための消費を回復する事も可能です。

 


龍装艦 スペルエビート

水文明 ドラゴンギルド/ムートピア

コスト5 パワー5000

■ブロッカー

■このクリーチャーまたは自分の他のムートピアがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から一枚目を墓地に置く。その後、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。


 

 

スペルエビートで上記のようなコーラリアンを出す為の呪文を回収しておくことで、相手のターンにコーラリアンが破壊されても即座に召喚し直す事が可能ですね。

親友のエビートコントロールの今後が気になるところです。この間魔改造されたヤツにボロ負けしました。

 

因みに同アニメで、正確なテキストの判断ができなかったものの同じような条件のG・ゼロで召喚できるムートピアの存在も確認出来ているので、上手く手札を整える事ができれば、呪文で相手の行動をコントロールしつつ《I am》で一気にシールドをブレイクするという今までとは違うタイプの《I am》デッキができるかもしれません。

その《I am》との相性も良好で、G・ゼロ能力が《I am》の踏み倒し条件を満たす為に使える上にバウンス効果で《I am》のワールドブレイクを邪魔する軽量ブロッカーを退かし、《I am》でバウンスされたコーラリアン達は再びG・ゼロで召喚して相手のクリーチャーをついでに除去しながらブロッカーを立てるなり《貝獣ホタッテ》の進化元を確保するなり……と、上手く決まればかなり面白いシナジーを発揮してくれます。

 

ムートピアに拘らずとも、水のコスト7ドラグナーで《超龍素要塞 エビデシュタイン》を出して自分の呪文を唱えるコストを少なくする事も考えられるでしょう。ドラグナーを維持できれば《龍素力学の特異点》をタダで唱える事ができる点も相性がいいですね。

さらに、《超宮殿 コーラリアン》を出す事ができるという事は、《超龍素要塞 エビデシュタイン》の龍解が可能という事でもあります。

エビデシュタインの龍解後である《ν・龍素王 Q_END》はゲームエンド級の強力な能力を持つものの、龍解するタイミングと自身が相手の妨害能力を持たない事からごり押しされる危険性を持っている事から、ブロッカーを持ちつつ相手のクリーチャーを処理できる《超宮殿 コーラリアン》との相性は良いと考えられるでしょう。

コーラリアンが手札に戻ってきても、Q_ENDの呪文連打能力でまた戻す事も可能です。

 

 その他にも、実用性やら課題等を考慮せずにとりあえずコンボだけを挙げていくならば、

  • 《偉大なる魔術師 コギリーザ》または《記憶の紡ぎ 重音》存在下でキズナコンプ及びキズナプラスを使わずに《狂気と凶器の墓場》か《法と契約の秤》を唱えて《凶鬼03号ガシャゴズラ》を蘇生し、ガシャゴズラで3体のシャイン夜ジャッジを出し、3体のキズナでコギリーザか重音の能力を使う。
  • 《母なる聖域》を使って《甲型龍帝式 キリコ³》を出し、効果で3枚の呪文を唱える(そのうち一枚以上の呪文でコーラリアンを手札に加える必要はある)

等、おそらくまだまだ挙げていく事ができるでしょう。

ドラゴンサーガ以降の呪文の扱いに長けるようになった水文明のカードをうまく組み合わせれば、呪文を4回唱えるという条件も比較的容易に満たす事ができそうです。

 

欠点

欠点としては、「呪文を4回唱える」という難しい条件を達成してまでこの子を召喚する旨みがあるのか否かですね。

呪文を4回唱えるコンボを使う時というのは大抵がフィニッシュが近い時で、わざわざコーラリアンを出さなくても良い状況になっているのではないか……という不安があります。キリコ³がいい例でしょうか。

 

とはいえ、単純に「軽量呪文を連打して相手をコントロールしていくデッキ」においては、自身のデッキの方向性を潰す事なくデッキ内のカードパワーを上げる事にも繋がりそうです。もしくは《I am》のように、クリーチャーを増やす事に意味があるようなコンボを考えてみるのもいいでしょう。

……ジョーカーズではないですが、フィニッシュに《ジョジョジョ・マキシマム》とか考えちゃいますか?てのはさすがに冗談ですが。

 

まとめ

最近呪文を強力にサポートするようになったムートピアにとっては中々嬉しい能力になっています。

ただし、G・ゼロの条件は適当に使って達成できるものでは無く、デッキビルダーの腕が試されるものになっています。

一応、ただ出すだけなら様々な方法がありますが、そこからどう活かす事ができるかがポイントになりそうです。

 

以上。豊崎愛生さんの写真集欲しいポフルでした。