ポフルのデュエルマスターズ研究所

デュエマが強くなりたい人、デュエマをもっと色々な角度から楽しみたい人に贈る、アツかりし研究ノート的存在。

スポンサーリンク

《堕魔 ドゥンブレ》考察―卍ついにシールド回収も獲得した卍【デュエルマスターズ】

ちょっと新規情報がもりもりで色々焦っているポフルです。

CSに出ている間に色々出てきてるなぁ……。

 

さて、今回はスタートデッキ収録の《堕魔 ドゥンブレ》の考察です。

 

 

 

 

カード情報

 


堕魔 ドゥンブレ

闇文明 マフィ・ギャング/魔道具

コスト2 パワー2000

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚、自分のシールドゾーンから手札に加える。(ただし、その「S・トリガー」は使えない)


 

考察

《福腹人形コダマンマ》の同型再販……と思わせておいて、実は「カード指定のシールド回収」という少し特殊なクリーチャーになっていますね。 

 

《福腹人形コダマンマ》と同じく、速攻デッキにおける自身のシールドを犠牲に手札回復ができるクリーチャーとして扱う事も可能です。

その他、防御力が高い《卍 デ・スザーク 卍》のデッキであれば、手札補充として扱う事も出来るでしょう。魔導具である事が嬉しい所です。

 

カード指定のシールド回収なので、1つのシールドに何枚ものカードが重なっている場合、その中の1枚だけを手札に加える事になります。つまり、《断罪スル雷面ノ裁キ》等によって卍がシールドに加えられた場合、この子1枚でシールド総数を減らす事なく卍を回収する事ができるようになったわけですね。おそらくサッヴァークのデッキに対する対策としてデザインされたのでしょう。

今までの卍は……というより色々なデッキがシールド送りによる除去をされると回収が困難になるのですが、その回収を2コストで行いつつ門を開くための魔道具を揃える事ができる……と、メタとしては中々の物です。ただし、2枚以上重ねられたシールドカードのすべてを手札に戻す事はできないので、サッヴァークの耐性を一気に剥がす事はできません。

あくまでシールドに埋め込まれたキーカードをピンポイントで回収するのみと考えるべきでしょう。

 

魔道具の能力によってデッキが圧倒的速度で減っていく「卍 デ・スザーク 卍」デッキにおいて、デッキを掘り進める事なく手札補充ができるカードというのは中々貴重な存在なので、上記のようなサッヴァーク対策として採用しつつ緊急時の手札補充としても扱う……というような使い方ができるでしょう。ただし、防御力の高い卍とはいえシールドの減らし過ぎは自身の首を絞める事になるので、そこは注意が必要になるでしょう。環境によっては4枚積みでもいいのかもしれませんが、基本的には1~2枚くらいで十分でしょう。

 

まとめ

 魔道具初のシールド回収能力で、カード指定な点も含めて厄介なシールド送りへの対策が期待できます。

ただし、シールド回収は基本的に「自分のシールドを減らす」というデメリットです。過信し過ぎは注意しましょう。

 

以上。考察が忙しい、ポフルでした。